チベタンテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

チベタンテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

チベタンテリアは、チベットが原産の中型犬です。もともと牧畜犬として飼育されていて、寺院で神の使いとして大切にされてきました。現在日本でもブリーディングが行われていて、数は少ないですがペットとして愛されています。チベタンテリアの面白い歴史や犬種としての特徴、またおすすめのドッグフードなどをご紹介します。

チベタンテリアって?

A male purebred tibetan terrier dog lying in the grass

チベタンテリア(Tibetan Terrier)は、光沢のある美しく長い被毛をもつ、チベットが原産の犬種です。

中型犬なので、室内でも飼育しやすく、性格は陽気で温和です。

ちょっと頑固な面があるので、しつけは少し入りづらいとされていますが、身体能力にも優れています。

チベットでは「神聖な犬」として大切にされてきた歴史をもち、この犬種を寄贈するということは、幸せを分け与えるという意味が込められていたそうです。

名前に”テリア”と入っているので、テリア種だと思われる方が多いと思いますが、じつはテリア種ではありません。

大きさがちょうどテリア種と同じくらいだったということで、名前にテリアと入っているそうです。

ジャパンケネルクラブでは、コンパニオンドッグとして登録されています。

チベタンテリアの歴史

チベットでとても大切にされてきたこの犬種は、どのような歴史の中生まれたのでしょうか?

チベタンテリアの起源は、詳細がわかっていないものの、紀元前から存在していたことが知られるとても古い犬種なんです。

生い立ちについては、2つの説があります。

一つは遊牧民が牧羊犬として飼育していた犬を寺院に寄贈舌、というものです。

そしてもう一つが、寺院で飼育していた犬を遊牧民に寄贈したというものです。

どちらがどちらに寄贈したのか・・・、よくわかっていないようですが、わかるのは牧羊犬として飼育されていたことと、寺院でも飼育されていたということです。

牧羊犬として飼育されていたチベタンテリアは、ヒツジやヤクを移動させる役目を果たしたり、家を見守る番犬としても働いていたそうです。

そして、中には猟犬として狩猟を行っていたこともあるそうです。

チベットの遊牧民の生活に欠かせない存在だったんですね。

中型犬で、被毛が長くちょっとエレガントな雰囲気を持つチベタンテリアですが、運動神経もよく見た目以上に身軽に活動するために、優秀な牧畜犬として働いていたそうです。

ときにはヤクの上に乗っかって、遠くを見渡すこともあるそうです。

また夏になると被毛を短く刈り取られます。

刈り取られた毛は、ヤクの毛と混ぜて服が作られることもあるそうです。

犬の被毛が服の原料になるとは、ちょっとめずらしい感じもしますね。

そんなチベタンテリアは、寺院でもとても大切にされてきました。

寺院では、チベタンテリアは「神の使い」とみなされいたそうです。

それで、この犬種が逃げていなくなってしまうと、「幸せが逃げてしまう!」とまで考えられていたそうで、逆にこの犬種をだれかに寄贈するというのは幸せを分け与えることを意味したそうです。

ある意味、幸せの象徴のようにみなされていたんですね。

それで、幸せが逃げてしまっては困るということで、寺院では厳重な管理のもと飼育されていたといわれています。

ある説では、僧侶が遊牧民に幸せを分け与えるためにチベタンテリアを寄贈したのではないか、と考えられています。

ある逸話によりますと、14世紀に大地震で人々が住んでいた谷まで行く道が塞がれてしまったようです。

それで、その谷に行くことは難しく危険を伴うようになったそうです。

しかし、それでも谷へ向かう挑戦者がいて、無事にたどり着いた際には、谷で暮らす人々は帰りの安全を願って、チベタンテリアを寄贈したそうです。

「幸福を招く守護犬」と考えられていたことがわかる逸話ですね。

そのように神聖な犬とみなされていましたので、売買されることはなかったようです。

いつも、感謝や幸福を願う気持ちを込めて、贈り物として手渡されていたそうですよ。

このように、チベット民族の中で寺院の中でも遊牧民の中でも大切に愛されてきた犬種だったのですが、中国政府による命令により、この犬種も多くが殺されてしまい絶滅の危機が訪れることにもなります。

しかし、寺院や遊牧民が隠して飼育していたことや、国外に輸出されていた数頭がいたことにより犬種として生き残ることができました。

国外に輸出されてたのは、1920年頃のようです。

それまで門外不出の犬種だったわけですが、チベットとインドの国境で働いていたイギリス人のグレイグ医師が、治療をした女性から感謝の気持ちを込めてこの犬種を一匹もらったそうです。

この医師はお礼に受け取ったチベタンテリアをとても気に入り、「Bunti」という名前をつけたそうです。

「Bunti」はメス犬だったようで、その後、オスのチベタンテリアをもらい「Rhaja」と名付けて繁殖することにします。

この犬種に魅了されたグレイグ医師は、インドで多数のチベタンテリアを飼育するようになったようです。

その後、イギリスに帰ったこの医師は、チベタンテリアの繁殖を継続し、チベタンテリアの犬舎を設立します。

そして1937年にはイギリスのケネルクラブで認められるようにまでなりました。

1950年代にはグレイグ医師の犬舎で繁殖された個体がアメリカにも渡るようになり、アメリカでは1973年に公認されています。

今では、日本でも毎年登録されていて、多くはありませんが国内でブリーディングもされています。

ペットとして、またショードッグとして愛されています。

チベタンテリアの特徴

Tibetan Terrier puppy on a beach

とても愛され、神聖な犬として大切にされてきた歴史があることがわかりました。

名前にテリアと入っているのに、テリア種ではないというのも面白いですよね。

大きさ的には、体高が36~41cmで、体重が8~13.5kgです。

ちょうど柴犬くらいの大きさということができます。

それで、女性でも扱いやすい大きさなので飼育しやすいです。

では、さらにチベタンテリアにはどんな身体的にどんな特徴があるのでしょうか?

また、どんな性格をしていて、寿命はどのくらいなのか、特徴から見た飼育のポイントなども一緒に 調べてみましょう!

雪道を歩くための足

チベタンテリアの身体的な特徴の一つとして、大きな足に注目することができます。

チベタンテリアの足は、平らであり丸い形をしています。

まるで”かんじき”のようになっているんです。

かんじきというのは、雪の上や泥の上などの、不安定なところを歩く多面の道具で、雪いズボッと深く入り込まないように丸くて、平らな構造になっているんです。

雪国の人が昔、わらじの下に履いていたやつですね。

チベットの厳しい雪道を歩くのにちょうどいい足の形というわけです。

ゴージャスな被毛の中型犬

大きな特徴の一つである、ゴージャスな長い被毛はダブルコートとなっていて、チベットの厳しい寒さにも耐えられるようなむく毛を持ちます。

長毛は少しウェーブがかかっているか、直毛で、とても美しい被毛です。

下毛は柔らかい被毛となっていて、羊毛のようです。

毛色は、チョコレートとレバー以外であれば何色でも認められていて、とてもバラエティに富んでいます。

ホワイトやブラック、ゴールデン、クリーム、グレー、スモークに加えて、パーティカラーの子もいればトライカラーの子もいます。

体臭や抜け毛も思っているよりは少ないと言われているので、室内飼育しやすいです。

ただこのゴージャスな被毛はそのままにしちえると、どんどんと伸びていきます。

それで、定期的にトリミングに行く必要があります。

頭部の被毛は目を覆うまでに長く、垂れています。

それも菊の花のように垂れているので、「菊犬」なんて呼ばれることもあるんです。

目に被毛が入ってしまい、目の病気になりやすいですので、できれば目の周りは短くカットしてあげるとよいでしょう。

普段は、優雅でゴージャスな被毛を維持するために、ブラッシングとコーミングを週に2回程度行なうようにしましょう。

ご存知のとおり、チベットの気候はとても厳しく日本よりもずっと寒いところです。

その中で生きていく事ができるような被毛を持っているので、寒さには強いといえます。

でも逆に、高温多湿は苦手です。

丈夫な犬種ですので一応室外飼育もできますが、日本の夏のことを考えると室内飼育をして、温度管理をしてあげるのがベストです。

チベタンテリアの寿命

チベタンテリアは、13,14年が寿命といわれています。

もちろん個体差がありますが、基本的には丈夫な犬種です。

しかし、遺伝疾患が多いとも言われていて中には若くして亡くなってしまう個体もいるようです。

繁殖のさいに、遺伝子疾患をもつ個体を避けるなどの取り組みをして、リスクを下げる事が必要です。

チベタンテリアの性格

Funny tibetan terrier dog jumping over a hurdle

チベタンテリアは人が大好きで、飼い主さんによくなつき、愛嬌たっぷりの犬種です。

飼い主を喜ばせようとし、子どもにも優しく接してくれますので、家庭犬にとても向いている犬種と言えます。

飼い主さんに懐きやすい犬種です。

ただ、過去に番犬として家を守っていた、ということもあるので、他人への警戒心は持っていて、吠えることもあります。

それで、心を許した飼い主さんや家族に対してはとても懐き、優しくて温和で、陽気で愛嬌のある犬種ですが、他人に対しては警戒心を示します。

いきいきとしていて、忠実です。

気立ての良い犬種だと言われています。

勇気もある犬種ですが、獰猛であったり、喧嘩っ早かったりすることはありません。

外交的で、理解力にも優れています。

外交的な犬種の中には、あまりにもフレンドリーで相手の犬や人に迷惑をかけてしまう子もいますが、チベタンテリアは外交的であるとはいえ、他人や他犬に迷惑をかけるほど興奮することはありませんよ。

ただ、ちょっと頑固なところがありますので、しつけが入りにくいところもあるようです。

しかし理解力は高いので、信頼関係を築き、愛情を込めて辛抱強くトレーニングすれば大丈夫でしょう。

人に懐きやすいですので、おやつを与えて気を引きながら、一貫したしつけを何度か繰り返せば覚えてくれるので、人によってはしつけが簡単と感じるくらいです。

ただ、犬は集中力が短いですので長い時間トレーニングをしようとしたり、焦ったり、失敗したときに厳しく叱ったりすると、ストレスを与えてしまいうまくいかなくなってしまいます。

繊細な面もありますので、飼い主さんも気持ちに余裕を持ち、よく犬のペースを見ながらゆっくりとしつけをしていきましょう。

「神聖な犬」として大切に扱われてきただけあって、気立てがよくて優しいので、あまり気張らずに、たくさん褒めながらトレーニングを楽しむといいですね。

牧畜犬として活躍していましたので、優れた身体能力を持ち、機敏な動きをします。

運動が好きで、小さいながらも運動量も多く活発なので、1回30分程度のお散歩を、1日に2回ほどしてあげましょう。

また、ボール遊びなども喜びますし、ドッグスポーツに挑戦することもできるでしょう。

室内飼育が適していて、室内ではまったりと過ごすこともありますが、活発な面もありますので、お庭などを行き来して自由に遊べるような環境を作ってあげることが理想的といえます。

チベタンテリアのかかりやすい病気

A small young light tan, fawn, beige, gray and white Lhasa Apso dog with a long silky coat running on the grass. The long haired, bearded Lasa dog has heavy straight long coat and is a companion dog.

チベタンテリアの寿命は13~14年くらいなのですが、遺伝性の疾患がみられることもあります。

遺伝性の疾患というのは、繁殖のさいに親犬の遺伝子検査をする事によってリスクを下げることができます。

それで、チベタンテリアを家族に迎えるさいにも、親犬などの遺伝子検査をすることによって確認することで、遺伝子疾患のリスクをしっかりと考えているブリーダーさんから仔犬を譲ってもらうことができるでしょう。

チベタンテリアは国内でのブリーディング数が少ないので、ブリーダーさんも限られてくるわけですが、健康なチベタンテリアを作出しているブリーダーさんを見つけるとともに、飼い主自身が病気についての深い理解と予防などについて知っておくことも必要です。

では、チベタンテリアのかかりやすい病気について3つ見てみましょう。

神経セロイドリポフスチン沈着症(CL病)

神経セロイドリポフスチン沈着症(CL病)とは、遺伝的に脳内にある老廃物を除去してくれる酵素が足りないという病気です。

ボーダーコリーなどにも多いと言われていますが、チベタンテリアでも確認されている遺伝性疾患です。

老廃物を除去してくれる酵素が欠損しているということはつかり、老廃物が溜まってしまうということになります。

それで中枢神経の中に老廃物が蓄積してしまい、中枢神経障害が引き起こります。

それで運動障害や知的障害、また視力障害が見られるようになり、進行すると死に至ってしまいます。

症状としては、視力の異常や足元がふらついているとか、異常に興奮したり極度の恐怖を感じたり、方向感覚がうしなわれたり、トイレのしつけを忘れたりします。 1歳を過ぎてから発症する事が多く、その後は進行していき3歳頃に死に至るケースが多いようです。

とても残念なことですが、治療法はありません。

それで、やはり遺伝子検査をして選択繁殖をする事によってリスクを下げることしか予防はありません。

進行性網膜萎縮

目の中にある網膜が変性することにより、視力が低下し失明する、遺伝性疾患の総称が進行性網膜萎縮症です。

これも遺伝性疾患であることから、予防は難しいとされています。

それで、遺伝子検査によって遺伝子変異を持つ個体の繁殖を避ける事によってリスクを下げることができます。

この疾患の症状としては、資格の低下が徐々に見られ、最初は暗いところでぶつかる程度だったのか、どんどんと周囲が見えなくなり動きが鈍くなるようです。

最終的には失明してしまいます。

瞳の色がビー玉のようにきらきら輝いて見えることも特徴です。

完治するような治療法は見つかっていませんが、発症を遅らせるための点眼薬や内服薬があり、レーザー治療をすることがあります。

股関節形成不全

股関節形成不全は、大型犬にもよく見られる病気です。

股関節の発育に異常が起こり、うまく関節が噛み合わずに歩行困難などが見られます。

例えば、常に横座りをしているとか、歩くときに腰を振っているとか、ウサギ跳びのように走る、立ち上がるのに苦労している、運動をすることを嫌がるなどの様子が見られると、股関節形成不全の可能性があります。

原因としては、遺伝的なものと成長期の偏った栄養、また運動があります。

成長期に栄養を過度に与えることによって、急激な成長に骨や関節の形成が追いつかずに異常がでてしまうこともあるようです。

また過激な運動も危険です。

股間世知形成不全になってしまった場合、進行を遅らせるために日常生活で気をつけるあべきポイントがあります。

まず、関節に大きな負担をかける肥満にならないよう、体重管理をしっかりと行いましょう。

そして、滑りやすい床には加工を施しましょう。

例えばフローリングなどには滑り止め加工をしたり、カーペットを引くなどします。

階段などの段差にはスロープを取りつけたり、ジャンプなどをさせないようにしましょう。

チベタンテリアのおすすめドッグフード2選!

white funny Tibetan Terrier dog puppy is sitting on the table

気立てがよく、子どもにも優しく、陽気で温和なチベタンテリアは、ペットとして最適な犬種の一つです。

家族に迎えるとしなたらば、できるだけずっと元気に過ごしてほしいと願いますよね。

そのために、飼い主として適切な飼育環境を整えること、必要な運動をさせたり、コミュニケーションや遊びを取り入れてストレスをためない生活を遅らせてあげること、そして食生活を管理してあげることが必要です。

市販のフードは値段も質もかなりいろいろなものがあります。

でも中には、粗悪な原材料を使用していて、犬にとって負担になるものがたっぷりと使用されているものもありますので気をつけたいものです。

では、チベタンテリアの健康と美しい被毛を保つためにおすすめのフードを2つ紹介します。

ナチュロル

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

完全日本産!の高品質ドッグフードがこちらのナチュロルです。

使っている原材料も、製造もすべて国内からなので、安心を求める飼い主さんにはおすすめ。

得に、世界初で安定、持続型ビタミンcを高配合しているので、健康と美しい被毛を内側サポートしてくれますので、ツヤツヤのゴージャスな長い被毛を目指したいチベタンテリアにもうれしいですね。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

グレインフリーで、高品質で新鮮な原材料を使用していて、なおかつコスパがいいということで有名なのがカナガン。

チキンをたっぷりと使用し、高タンパクなフードですので運動が好きなチベタンテリアにもピッタリです。

サーモンオイルなどが、美しい被毛と健康をサポートしてくれます。

また、グルコサミンやコンドロイチンといった良好な関節の状態を維持するのに役立つ成分も入っているのも関節がちょっと心配なチベタンテリアにうれしい点です。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

まとめ

Tibetan Terrier Pictured Against Grey Background

気品があって、飼い主さんになつきやすく、サイズも小さすぎず大きすぎないといった家庭犬にうってつけの犬種、それがチベタンテリアでしたね。

チベットで古くから、遊牧民とともにまた寺院で人々と暮らし、愛されてきた犬種でした。

幸せを分け与えたり、感謝の気持ちを伝えるときに譲渡するといった、特別な犬として大切にされてきた歴史を持ちますので、気立てが良いのかもしれません。

日本ではなかなか出会うことはないかもしれませんが、家族として迎えればきっと、最高のパートナーとして毎日をもっと充実させてくれることでしょう!

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ