セミモイストのドッグフードって?市販されてるおすすめ商品とその特徴を解説!

セミモイストのドッグフードって?市販されてるおすすめ商品とその特徴を解説!

ドッグフードには4種類あります。今回はドライフードとウェットタイプの中間にあたるセミモイストタイプのドッグフードについて解説します。メリットやデメリット、おすすめ商品なども紹介します!

ドッグフードの種類

セミモイストのドッグフードってどうなの?

ドッグフードには4種類あります。多くの人がドッグフードと聞いて思い浮かべるカリカリとも呼ばれる「ドライタイプ」があります。そして缶詰やパウチに入っている「ウェットタイプ」、そして「セミモイストタイプ」「ソフトドライタイプ」です。それぞれ特徴があり、犬の年齢や体調に合わせてフードを変えることができます。 ではここでは特に「セミモイストタイプ」のドッグフードについて見ていきたいと思います。セミモイストタイプのドッグフードとはどういったものなのか?またおすすめのセミモイストタイプのドッグフードについても見てみましょう。

セミモイストタイプのドッグフードとは?

セミモイストのドッグフードは水分含有量が25〜35%の物を言います。ドライタイプのものよりは柔らかいですが、ウェットタイプほど水分を含んでいないので、半生タイプと考えてもいいでしょう。製造方法は乾燥加工はせず、原材料を混ぜ合わせたものを押し出し機などに入れて形を作っていきます。加熱発砲処理をしないので、水分を含んでいます。そのため柔らかく、よりお肉に近い食感となります。匂いもしっかりついているためセミモイストタイプのフードを好む犬は多いことでしょう。セミモイストタイプで多いのはジャーキーなどです。

ソフトドライタイプとの違いは?

ドッグフードを分けた時、セミモイストタイプとソフトドライタイプは同じ半生タイプということができます。水分含有量も同じく約25〜35%です。では両者の違いは何でしょうか? 大きな違いは製造方法です。セミモイストタイプは加熱発砲処理を行わないのに対して、ソフトドライタイプは加熱発砲処理を行います。ですから見た目や特徴は似ているのですが、製造方法が違うため、別のものとして分けています。

セミモイストタイプのメリット・デメリット

ではここまででセミモイストタイプのドッグフードがどういうものなのか見てきましたが、ここからはメリットやデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

セミモイストタイプのメリット

セミモイストタイプのメリットにはどのようなものがあるでしょうか?大きなメリットは「嗜好性の高さ」です。 元々犬は肉食動物ですから、お肉が大好きです。セミモイストのドッグフードについて紹介した中でも、セミモイストは水分を含んでいるため柔らかく、より肉に近い食感と匂いがあると述べました。ですから嗜好性が高く、食欲を刺激します。特にシニア犬や夏バテで食欲が落ちているときなどは、嗜好性の高いセミモイストタイプのドッグフードを与えると、食欲を刺激してくれるので、食いつきがよくなります。 またフード自体に水分が含まれていますので、水分を取りたがらない犬でもフードからある程度の水分をとることができます。

セミモイストタイプのデメリット

ここまでメリットについて見てきましたが、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか?セミモイストタイプのデメリットは「傷みやすいこと」「添加物が多いこと」があげられます。具体的に見てみましょう。 セミモイスト対応のドッグフードの特徴として、水分含有量が25〜35%ほどあると紹介しましたね。ということは、水分があるということは傷みやすく、細菌やカビ、ダニが繁殖しやすいということもできます。これは大きなデメリットといえるでしょう。そこでこの問題を解決するために、セミモイストフードにはたくさんの添加物が含まれています。例えば防腐剤、酸化防止剤、しっとり感を保つための湿潤調整剤など等です。普通に考えてこれら添加物は体に良いものとは言えませんね。こういった添加物を摂取し続けることで、のちにアレルギーを起こしたり、発がん性のものもあります。ですから積極的に与えたいものではありません。中には安全に配慮して天然由来の保存料を使用しているものもあります。購入の際はそういった原材料を確認する事も大切ですね。 さらなるデメリットは、柔らかいという特徴ゆえにあごの成長の助けにはならないということです。カリカリと言われるドライフードは硬さがあるので、フードを食べることであごの筋肉が鍛えられます。しかしセミモイストフードは柔らかいためあごを使う必要がありません。いつもセミモイストフードばかり食べていると、あごの筋肉が弱くなって、シニアいになった時、噛む力がなくなりフードが食べられず弱ってしまうかもしれません。さらにドライフードは硬いため歯石予防にもなっています。その点セミモイストフードは柔らかいのでやはり歯石が付きやすく、そのままにしていると歯肉炎、歯周病へと発展しかねません。食後の歯磨きが欠かせなくなります。 さらにセミモイストフードはドライフードに比べると、栄養素やカロリーが低くなっています。ですからセミモイストフードだけで必要な栄養素を補おうとすると、量が必要になります。結果金額もかさみ経済的とは言えなくなります。

セミモイストフードはおすすめできないの?

ここまでセミモイストタイプのメリットとデメリットを見てきましたが、ではセミモイストフードはあまりおすすめできないのでしょうか? たしかに添加物や栄養面、コスト、保存の悪さで考えたらドライフードの方がメリットはたくさんあります。しかし、愛犬の状態によってはセミモイストフードの方が良い場合もあります。セミモイストフードのメリットのところでも紹介しましたが、嗜好性の高さを利用することができます。食欲がない犬や好き嫌いが激しい犬には、セミモイストタイプのドッグフードを与えれば食いつくことでしょう。なかなかドライフードを食べないときはセミモイストフードで食欲をそそるのも一つの方法です。また歯の炎症などで硬いものが食べれない場合も、セミモイストフードは柔らかいので食べやすいことでしょう。 セミモイストフードの特徴を理解したうえで、上手にあたえることをおすすめします。セミモイストフードをメインにするのではなく、おやつ、予備のフードという位置づけで考えてみてはいかがでしょうか?

セミモイストフードの保存方法

セミモイストフードは水分を含んでいるので、開封後は水分がとんで硬くなりやすい傾向にあります。また開封後はカビやダニが発生しやすいので、早めに使い切るようにしましょう。多くのセミモイストタイプのドッグフードは個包装になっているため、開封しなければある程度の保存は聞きますが、直射日光は避けて涼しいところで保存するようにしましょう。

おすすめのセミモイストタイプのドッグフードは?

セミモイストタイプのドッグフードって??

最近はスーパーやホームセンターでもたくさんのドッグフードが販売されています。セミモイストタイプのドッグフードも多く並んでいますね。しかしここまで見てきたようにセミモイストタイプのドッグフードは添加物や保存料がたくさん含まれていることがわかりました。では実際のところどれが安心してあたえられるのでしょうか?セミモイストタイプのドッグフードの中で、おすすめ商品を紹介したいと思います。

ペッツルート 7歳からのやさしいフード チキン&ビーフ

ペッツルートは犬や猫のフードやおやつを製造している会社です。保存料や着色料を使っていないので、デリケートな犬にも安心してあたえることができるセミモイストタイプのドッグフードです。有害な添加物は一切使用していません。100gずつの個包装になっています。保存料を使用していないため、開封後は早めに消費するようにしましょう。 原材料は鶏肉、大豆たん白、牛肉、小麦グルテン、牛ゼラチン、パン粉、糖類、米白絞油、紅麹、グルコサミン、鮫軟骨抽出物、グリセリン、タピオカ加工でん粉、食物繊維、ソルビトール、トレハロース、リン酸カルシウム、麦芽糖、水あめ、炭酸カルシウム、調味料、食塩、リン酸塩(Na、K)、塩化コリン、ビタミンE、チアミンラウリル硫酸塩(ビタミンB1)、硫酸亜鉛、ビタミンA、ヨウ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、パントテン酸カルシウム、ビタミンD、ビタミンB2、ビタミンB12です。 原材料で何の肉を使っているかをはっきりしていることも、この商品のおすすめです。

ピュアロイヤル ピュアロイヤルチキン

株式会社ジャンプの一押しペットフードブランドが「ピュアロイヤル」です。食いつきの悪い犬のためにと研究開発されたのがこちらのピュアロイヤルです。良質の生肉をふんだんに使っているので、栄養ばっちり風味もばっちりあります。そして合成保存料、着色料、発色料は使用していません。ですから賞味期限は6ヶ月となっています。こちらも100gずつの個包装になっています。開封後は早めに消費してください。 原材料はササミ、鶏肉、おから、鮭白子、小麦蛋白、マッシュポテト、小麦粉、水飴、米糠、卵、植物油、チーズ、ミネラル類、酵母、ササ抽出物、乳酸菌、ソルビトール、グリセリン、pH調整剤、リン酸Ca、酸化防止剤、オリゴ糖、乳酸Ca、ビタミンAです。 良質な肉と、必要な栄養素がふんだんに配合されているので、愛犬のことを考えた総合栄養食となっています。

北の極 無添加セミモイストフード EZO

北の極はエゾシカの生肉を使用したドッグフードを販売している会社です。国産、北海道産の無添加の物を選んで手づくりしているこだわりがあります。添加物は一切使用していないこだわりがあります。エゾシカ肉と穀物と野菜をバランスよく配合しています。エゾシカ肉は良質なたんぱく質で、脂肪分も少なく、必須脂肪酸、アミン酸、ビタミン、ミネラルが豊富です。保存料や添加物を一切使用していないため、開封後は冷蔵庫で保存し、7日ほどで消費するようにしてください。100gずつのレトルトパックになっています。 原材料はエゾシカ生肉、玄米、大麦、エゾシカレバー、かつお削り粉、ビール酵母、さつまいも、大根葉、パセリ、高菜、なたね油、卵殻カルシウム、焼き塩です。 このように原材料を見ると、添加物が一切ないのがよくわかりますね。人間でも食べることができる食材ばかりです。原材料にこだわって、少しでも添加物の入っているものは使用していません。アレルギーのある犬やとにかく添加物はとらせたくないと考えている方にはおススメです。

JPスタイル セミモイストタイプ

JPスタイルは主原料は国産の物、そして国内で製造販売しています。栄養素と機能性成分がバランスよく配合されています。主なたんぱく源は国産九州の鶏ささみです。消化に良いので食が細い犬にも安心してあたえることができます。 原材料は小麦粉、鶏ささみ、脱脂大豆、液糖、ショ糖、粉末グルテン、脱脂米糠、菜種油、食塩、β-グルカン、フィッシュオイル、クロレラ、有胞子性乳酸菌、加工でんぷん、酸味料、ミネラル類、ビタミン類です。 無添加ではありませんが、原材料となっている鶏ささみとわかっているのは安心要素の一つですね。

生活クラブスピリッツ ドッグフード成犬用

生協の食材宅配「生活クラブ」と株式会社ノースワンがタッグを組んで製造販売しています。国産冷凍肉を使用して、着色料や保存料は使用していません。国産の原材料を使用するようにしています。添加物や保存料は使用していないので、開封後は冷蔵庫で保管し、早めに消費するようにしましょう。ドッグフード独特の臭いがないため食いつきが良いと評判のセミモイストタイプドッグフードです。 原材料は砂肝、鶏ガラ、おから、豚レバー、豚腎臓、鮭白子、豚小腸、米ぬか、マッシュポテト、国産小麦粉、粉末水あめ、小麦たん白、コーンスターチ、脱脂大豆、卵、植物油、チーズ、食塩、オリゴ糖、ドコサヘキサエン酸ソルビトール、pH調整剤、酸化防止剤です。 酸化防止剤として使用されているものもビタミンEなどの天然由来のものですので安心です。

ナチュラルバランス ベリーバイツ

ナチュラルバランスは犬の健康に配慮したドッグフードを提供しています。このナチュラルバランスのベリーバイツh亜穀物を一切使用せず、原材料にこだわったセミモイスト対応のドッグフードです。もともと肉食動物である犬は穀物を消化することが苦手です。ですからトウモロコシ、小麦粉などの穀物を一切使用しないことでアレルギーの心配もありません。 原材料は鶏肉、エンドウ豆、ベジタブルグリセリン、ヒヨコマメ、糖蜜、ゼラチン、鶏脂肪、自然風味、乾燥スキムミルクです。 穀物一切不使用、保存料や着色料も使用していないので、アレルギーのある犬にも安心してあたえることができます。取り脂肪の酸化防止剤もクエン酸等の天然素材を使っています。

キュティア老犬クリニック シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロ

こちらの「ペロ」半生タイプはキュティア老犬クリニックの医療経験をもとにドッグフード専門獣医師と共同開発したセミモイストタイプのドッグフードです。 原材料は鶏肉、鶏卵、ラード、鶏軟骨、豚骨コラーゲン、鰹節、ヨーグルト、小麦粉、米、トマトジュース、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス 、りんごジュース、ビール酵母、酵母エキス、干し椎茸、海草、ビタミン・ミネラル類:骨粉、塩化カリウム、ニガリ、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、グルコン酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12です。 原材料は国産無添加食材を使用しています。生肉をふんだんに使用し、シニア犬に不足しがちな栄養素をバランスよく配合しています。注文後に手づくりされます。 保存料が一切入っていないため、賞味期限は冷蔵保存で10日、冷凍で2か月程度となっています。開封後は1週間をめどに消費してください。

まとめ

セミモイストタイプのドッグフードについて見てきました。セミモイストのドッグフードは水分含有量が25〜35%で、柔らかくて食べやすく、食いつきが良いというメリットはあります。しかし基本的に水分量があるためカビやダニが発生しやすいく傷みやすいものです。そこで保存料などの添加物が含まれていることがほとんどです。 今回紹介した商品は添加物や保存料がないもの、少ないものを紹介しましたが、実際に市販で無添加のものを探すのはなかなか大変なことでしょう。ですから愛犬の健康を考えたらセミモイストのドッグフードを与えるのは、たまにご褒美として与える程度、または食欲がない時に食いつきをよくするカンフル剤のようなものとして与えるていどにしておいた方がいいかもしれませんね。あくまでセミモイストのドッグフードはサブで、メインになってしまわないようにしましょう。 そしてセミモイストタイプのドッグフードを購入する際は原材料をしっかりチェックするようにしましょう。なるべく添加物の少ないもの、天然成分の添加物のものを選ぶようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ