スタンダードプードルってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

スタンダードプードルってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

独特なトリミングがなされることで知られているスタンダードプードルですが、どんな犬なんでしょうか。またかかりやすい病気は?どんなドッグフードがおススメ?この記事で徹底的にご紹介いたします!

スタンダードプードルって?

Apricot Standard Poodle dog portrait at beach with railroad tracks

エレガントで気品あふれるイメージを持たれるスタンダードプードル。

実際はどんな犬種なのでしょうか。

まずは歴史を知るところから始めていきましょう。

スタンダードプードルの歴史

スタンダードプードルはフランスの国犬になっているためフランス出身のように思われがちですが実際はロシア方面からヨーロッパへ入ってきた犬種であることが研究によって明らかになっています。

16世紀頃のプードルは現在の大きさよりもいくらか大きいサイズだったようで、その大きさを生かした荷車を牽く仕事だったり水の中にはいって鴨を仕留める仕事だったりをこなしていました。

17世紀頃になるとフランスの貴族社会の中にプードルが入り込むようになっていてスタンダードからトイに至るまで様々なサイズが楽しまれていたようです。

現在では家庭用のペットとして世界中で愛される存在になっており日本においても人気を博している愛犬ですね。

スタンダードプードルの特徴

Red standard poodle posing on white background

スタンダードプードルの外見はどのようなものでしょうか。

またイメージにされやすいカットされた美しい被毛はどのようなものなのでしょうか。

説明していきますね。

細い手足に小さな頭

スタンダードプードルは体高と体調が同じ長さになっているのが特徴ですが、さらに手足は細く、頭は体に対して小さくなっているので、外見はとてもエレガントで優雅に見えます。

さすがフランス貴族たちに受け入れられて飼育されていただけのことはありますね。

体重が20kgから30kgの間で体高は50cm程度ですのでプードルの中では大きい部類に入ります。

さらに美しくカットされていますので、愛犬として迎えるとしたら散歩するだけで品が上がったような気持にさせてくれますよ。

独特な細かくカールした被毛

被毛はカール状になっているのが特徴でシングルコートですが、細い毛質なので毛が絡まりやすいのも特徴になっています。

それでこまめなブラッシングは欠かせませんので愛情がそのまま外見にも表れてしまう犬種といえるかもしれません。

被毛の色は様々あってホワイトからブラックに至るまでブルーやブラウン、シルバー、カフェオレ、アプリコット、クリームなどお気に入りの色を探してみることができますよ。

この被毛のため、よく知られているのが独特なカットではないでしょうか。

足首や胸から上、尻尾などの部分は残しておきながら他のカ所の被毛はバッサリ切り落としてしまう独特のカット方法は単に見た目を楽しむためだくのものではなく、水場で鴨を取る猟を行っていた時代に効率的なカットとして用いられていたようです。

関節部分は水で体温を奪われないように動きやすくするために毛を残しておき、お尻の部分などは水に入ったときに動きにくくならないよう毛をカットし、お尻の部分には毛を残しておいて猟師がプードルがどこに居るのかの目印にしていたようです。

きちんと理由があってあのようなカットになっていたのですね。

スタンダードプードルの寿命

12歳から15歳が平均的な寿命といえます。

とくにスタンダードプードルはプードルの中でも大きさが変わっていない犬種であるため改良されておらず、丈夫な体をもっているといえますので、比較的健康体で生きることにできる犬種になります。

スタンダードプードルの性格

A beautiful brown standard Poodle close-up

スタンダードプードルは他のプードルに比べて大きい身体をしていますので気性が荒いイメージがあるかもしれませんが、実は一番大人しい性格をしています。

温厚な面を持っているで子供のいる家庭にも安心してペットとして迎えることのできる犬種といえるでしょう。

また温厚なため他の犬種との相性も良く、すぐ仲良くすることができるので複数の犬種がいる家庭でも飼うことのできる犬です。

飼い主にはきちんと従える忠実な性格も持っていますのでしつけを行えば飼育しやすい愛犬になってくれることでしょう。

ただし活発に動きたがる側面もありますので、散歩など体を動かせる機会をしっかり与えてあげる必要があるでしょう。

毎日の散歩のリズムは崩さないようにして外で走り回ったり遊んだりするようにしましょう。

そして賢い犬種としても知られていますが、実際に頭がいいのですぐに多くの事を覚えることに長けていて、しつけされたことは比較的早く身につけることができるでしょう。

しつけはしやすいので家に迎えたその日からしっかり教えてあげて、我が家の家族として仲良く暮らせるようにルールを共有するようにしましょう。

スタンダードプードルのかかりやすい病気

最初に挙げるアジソン病はスタンダードプードルの代表的なかかりやすい病気で、他の犬種と比べても比較的目立ってかかる種類の病気といえます。

また脂腺炎と進行性網膜萎縮症も愛犬に注意したい症状が多々ありますので、日頃から傾向を見定めて愛犬がこの種の病気を患っていないか自己診断してみるようにしましょう。

アジソン病

アジソン病はスタンダードプードルに起きやすい病気になっていて、主に血糖値が下がるために「ふらつく」ようになって転倒するといった症状や急激に体重が落ちていくとった症状も見られます。

急激に血糖値が下がるとショック状態で気絶し命の危険に至るほどの病気ですので、貧血気味なんだろうなどと安易に判断しないようにすべきでしょう。

とはいえ極端に症状に悪化が見られるときは心配するものですが、時間と共に症状が和らいだり進行が緩やかだったりするため飼い主にとってはどのタイミングで病院に走り込むような危機的状況なのか見極めずらいところがあります。

そのため判断が遅くなって取り返しのつかない状態にまで悪化していたということがままあるようです。

そもそもアジソン病は副腎皮脂ホルモンが分泌する分泌量の低下が起きることで血液の分解が正常になされなかったり炎症を防ぐことができなくなったりします。

アドレナリンやドーパミンといったホルモンは聞いたことがあるかもしれませんが、こういったホルモンは心拍数や血圧を調整してくれる重要な働きをするのですが副腎の働きが鈍くなると症状に体をコントロールすることができなくなってしまうのです。

このアジソン病を患うことが多いとされているのがスタンダードプードルで獣医がアジソン病と診断する例のうち半分以上がスタンダードプードルだっということさえあるようです。

しかしその反面獣医でもこの病気は診断が難しいとされており定期的な全身のチェックと血液検査やレントゲン検査、また超音波検査など様々な検査を行って診断されます

さらに必要な時にはホルモン検査によってもアジソン病にかかっていないかを診断することもあるようです。

こうした多くの時間と労力を持って診断がなされますが、主な治療方法は内服薬で不足しているホルモンを補うことによって正常な体に戻すことがなされます。

しかし症状が急激に悪化して薬での治療が間に合わないような場合は、血液を入れ替える輸血やデキサメタゾンという薬を投与して緊急事態をしのぐ処置がとられ、その後は通常行われるホルモン投与によって経過を見ることになります。

このアジソン病は一時良くなったと思えてもまた発症する確率も高いとされており、必要な薬をずっと飲み続けることで症状を抑えていかなければならず、いわば一生を終えるそのときまで薬に頼らなければならなくなる病気といえます。

愛犬のためには仕方のないことですが、この病気はストレスにさらされると急激に発症することが知られているため日々の生活でストレスをかけないようなライフスタイルを持たせてあげるのが予防策として最善です。

ストレスは万病のもとですからどんな病気対策にも健康を保つためにストレスを与えないようにするのはとても大切なことですね。

脂腺炎

脂腺炎もスタンダードプードルによく見られる症状で、簡単に言えば皮膚にある脂腺が炎症して皮膚疾患を患い、脱毛や皮膚表面の角質がぬか状や板状になって皮膚に固着するといった状態になる病気を言います。

とはいえ症状にも見た目ではほとんど変化がなく軽度のものや命の危険に至るほどの重度の症状まで幅が広く、体全体に皮膚疾患が見られる場合や局部的な場合もあるのでそれぞれの個体ごとに症状は変わってくるといえるでしょう。

また年齢に関係なく発症することが認められており、遺伝的な要素も強いとされていますので免疫が弱い個体の場合は脂腺炎を発症しやすく脂腺が完全になくなってしまうケースもあるようです。

そうなると皮膚に膿みが溜まるような状態になってかゆみを伴い独特の臭みも発するようになっていまいますので、飼い主にとっては愛犬の辛そうな状態を見るのはつらいことでしょう。

しかもこの病気は対処療法が明確に打ち出されていないのが現状で、最も勧められるのはシャンプーをこまめに行うことで溜まった皮脂や汚れを落とすことによって表面の状態を改善していくことです。

またお風呂に入れてオイルと一緒にマッサージをしてあげるのも効果性は高いようです。

もちろんこの病気は症状に差があるためすぐに効果を発揮するものもいれば、症状になかなか変化が見られないものもいることを理解している必要があるでしょう。

とはいえこうしたサポートは多くの時間が取られますし費用も掛かりますので、飼い主の献身的な愛情を注いでいくことが欠かせません。

見た目もひどくなってしまう脂腺炎ですので大切に扱って症状を和らげてあげたいものですね。

進行性網膜萎縮症

愛犬が最近まっすぐ歩けなくなったとか壁に良くぶつかっているといった症状がみられるなら、視力の低下を疑う必要があるかもしれません。

これは網膜委縮症といわれるもので遺伝性が高く、進行性のものなので治ることは期待できません。

そのため治療を施す方法がないためこの症状が出てしまうと、いずれ完全に視力を失ってしまうことを覚悟しなければなりません。

しかしこの病気を遺伝的に持っているかどうかを確かめることはできますので、心配なら病院で検査を受けてみるのも良いかもしれません。

遺伝検査によってこの病原を保持していることがわかるのは両親のどちらかがこの症状を持っている場合のようですので、事前に親のどちらかが網膜委縮症になっていないかどうかを確かめておくと良いでしょう。

最近ではサプリメントに注目が集まっており、ビタミン剤や抗酸化剤などの服用によって網膜委縮の進行を少しでも遅らせることができるのではないかと考えられていて研究が進められています。

とはいえ完全に進行を止めることは現代医学では出来ていないのが現状でしょう。

目が見えない生活というのは人間同様、犬でも不便になることは間違いなく、トイレや散歩、食事に至るすべての行動に支障をきたすことになります。

そのため、飼い主の日々のケアは欠かせなくなるでしょう。

とはいえ飼い主に出来ることはたくさんあり、視力を失っても大丈夫なように家の中の段差はなるべくなくしてバリアフリーにしておくことや、普段から声をかけて安心させてから体に触れるようにすること、散歩のときも車や人の往来が多い道は避けるようにして静かな環境で生活できるように配慮するといった生活スタイルの調整を目の見えるときから行っておくと良いでしょう。

そしてこの病気は遺伝的な要素が強いため繁殖の際に、すでに網膜委縮症の個体は繁殖をさけることによって予防策を講じることはできます。

また二次被害として白内障を患う場合もあることから早めに獣医から見てもらうことも必要ですが、基本的に白内障を治したとしても視力を取り戻せるわけではありませんので治療に関しては的確な判断が求められることになります。

スタンダードプードルのおすすめドッグフード3選!

Happy Standard Poodle at beach

スタンダードプードルのかかりやすい病気を考慮に入れるとモグワンはおススメしたフードですが、なぜそう言えるのかを説明していきたいと思います。

さらにオリジンとロイヤルカナンもそれぞれスタンダードプードルにぴったりの要素を含んだドッグフードですので、それら三つのドッグフードの良さを理解していただき、愛犬に合ったフードを選んでいただければと思います。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

スタンダードプードルはプードルの中でもとくに大きな体を持った種類の犬で運動量も豊富になるため食事量も必要になります。

そのため筋肉をしっかり作ってくれるアミノ酸が豊富に含まれているドッグフードはお勧めしたいと思いますが、この点でモグワンはとくにお勧めしたいフードになります。

モグワンにはチキンとサーモンという動物性のたんぱく質がなんと50%以上も含まれており、とくにチキンには筋肉生成に役立つアミノ酸がたっぷり含まれていて、しかもカロリーは他の肉と比べても低くなっているのが特徴です。

そしてもう一つのたんぱく質であるサーモンもDHAが豊富に含まれているので健康的に筋肉を作り上げていってくれるんです。

ですから運動大好きで食事量と筋肉を必要とするスタンダードプードルにとってモグワンは必要なたんぱく質を十分に補ってくれる食事にしてくれることでしょう。

さらに運動するにはエネルギーが必要ですが、モグワンにはココナッツオイルが使用されているためエネルギーに変換してくれる脂肪酸も多く含まれています。

そしてビタミンやミネラル、クエン酸、カリウムといった栄養に欠かせない成分が含まれたリンゴやカボチャ、海藻類などもドッグフードの中に配合されているため栄養バランスもとてもよく、健康的に偏ることなく食事を取ることができる点でもおススメしたいドッグフードです。

個体差のでる穀物アレルギーですが、この点においてもモグワンはアレルギー反応の原因となる小麦等の穀物を一切使用していないのも魅力で、消化を良くするドッグフードともいえます。

ですからアレルギーを気にしておられる、あるいはすでに持っているプードルにも相性の良いドッグフードです。

このように良質なたんぱく質を沢山摂取できることや、栄養バランスも十分に計算されていること、またアレルギー対策としてグレインフリーであることといった好条件のそろったドッグフードですのでスタンダードプードルにはぴったりの食事になってくれること間違いなしですよ。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

オリジン

オリジンドッグフード

自然な形でのタンパク質と脂質を摂取でき、ワンちゃんの健康を促進するのに非常に効果的です。

オリジンはペットフードオブザイヤーに3年連続で受賞した経歴をもつ優れたドッグフードで、口コミの評価もとても高いことでよく知られています。

とくにスタンダードプードルにとってメリットとなるのはオリジンに含まれている魚の良質なオイルで、この脂質は不飽和脂肪酸のため体内で働き、皮膚の炎症を抑えてくれる働きをしてくれます。

そのため脂腺炎を発症しやすいスタンダードプードルの場合は、皮膚だけでなく毛並みにも悪影響を与えてしまうことがあるのですが、毛の艶を良い状態に保たせてくれる重要な働きをしてくれるのです。

それだけでなく、このドッグフードにはローズマリーやカモミールが含まれていて、気持ちをリラックスさせてくれるハーブも取り入れることができるのでストレス対策にも優れたフードになります。

スタンダードプードルにとってストレスは大敵でアジソン病を発症させてしまう危険もありますので、気持ちを和らげてくれる成分も配合されているドッグフードは魅力的ではないでしょうか。

また、穀物を一切使用しないことによってアレルギー対策もしっかり行われていて、それだけでなく炭水化物含有量についても抑えることによって肥満対策にも力を入れているドッグフードです。

炭水化物は犬の体内では脂肪として認識されて蓄積されていくことが知られていますが、この炭水化物を中心としたドッグフードになると太りやすい食事を摂取していることになってしまいます。

ですから肥満を防ぐためにもオリジンを与えることと、運動量のバランスを保たせることによって健康にも気を使える食事療法を行えるようになります。

そしてモグワン同様にトマトやニンジン、ホウレンソウといった野菜類や、リンゴやクランベリーといった果物も配合されていますので免疫力を高める働きもしてくれるので理想的な食事を愛犬に与えることができるフードといえるでしょう。

オリジンドッグフードってどう?原材料とみんなの評判まとめ!

数々の賞を受賞した世界が認めるオリジンドッグフード、ますますの成長を続け愛犬に、より安全で安心な食事を生産しています。今回はそんな『オリジンドッグフード』を公式サイトや販売サイトから情報を得て、解析し成分と原材料を分析、そして口コミをまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン 食事療法食 犬用 消化器サポート 低脂肪 缶 200g

消化吸収不良による下痢や高脂血症の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です

ロイヤルカナンにはプードルに合わせたドッグフードが用意されていて、尚且つ子犬の時から成犬、そしてシニアに至る段階に応じたドッグフードを開発し販売してくれているのでピンポイントに必要な食事を取ることができる点でおススメしたフードです。

子犬の時には皮膚の健康維持が欠かせないため被毛への艶を与えるような成分の配合が成されていたり、消化のよい栄養豊かな素材を用いることによって免疫力を高めて抵抗力のある健康的な体つくりを目指しますためのドッグフードが用意されています。

10か月以上に成長すると成犬とみなされるようになりますが、とにかく運動量が豊富になり筋肉が必要不可欠になる時期ですので、筋肉を作り出すたんぱく質を十分に摂取できるドッグフードが大切になります。

この点で成人用のロイヤルカナンには適度な脂肪が含まれていることやカルニチンの配合のよって代謝を良くするバランスの取れた成分配合が成されていますので、健康的に筋肉を作り上げていくことが可能です。

また毛並みも重要な役割を果たしているスタンダードプードルですが、この被毛を維持するために必要なシスチンやメチオニンといった成分や不飽和脂肪酸も含まれているため艶のある毛並みを実現できるドッグフードともいえるでしょう。

さらに、シニアになると皮脂の分泌量が減り毛並みが悪くなる傾向があるため、これを防ぐためのたんぱく質や脂肪を十分に摂取できるようなドッグフードの配合が成されています。

筋肉の衰えもシニアにはよく見られる傾向ですので、これを防ぐためにもたんぱく質は欠かせないものであり、健康的に体を作り上げるためのシニア用ドッグフードはおススメしたフードです。

ドッグフード「ロイヤルカナン」ってどう?原材料や評判のまとめ!

「すべては犬と猫のために」というキーワードの元に開発されているロイヤルカナンの商品。有名なドッグフードですが、実際のところはどうなのでしょうか?今回はロイヤルカナンの原材料やその特徴、みんなの評判についてまとめてみました!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8C%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

まとめ

Standard poodle walking with a  toy in the snow in winter.

スタンダードプードルには先天性的に受け継いでいる病気があるために家族に迎えるときにはその両親の健康状態をよく知っておくと対処がしやすくなるでしょう。

ドッグフードはスタンダードプードルに合うものが十分用意されていますので安心して選ぶことができますよ。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ