スタンダードシュナウザーってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

スタンダードシュナウザーってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

テレビドラマなどでも登場し、大人気となったシュナウザー。シュナウザーって、じつは3タイプいるってしっていましたか?シュナウザーは、大きさによってジャイアント、スタンダード、そしてミニチュアに分けられています。それぞれに魅力があるのですが、今回は中くらいの大きさであるスタンダードシュナウザーをご紹介したいと思います!

スタンダードシュナウザーって?

Standart schnauzer posing in spring flowers field.

スタンダードシュナウザー(Standard Schnauzer)は、3タイプいるシュナウザーのオリジナルです。

もともとのオリジナルなので、単にシュナウザーと呼ばれることもあります。

シュナウザーとはドイツ語で「ひげ」を意味していて、その名前の通り、口ひげが特徴的な犬種です。

ドイツが原産で、ピンシャー犬種といえます。

番犬として南ドイツで飼育され、またネズミ狩りもしていたようです。

恐れ知らずな性格で、とても賢く、活発でご主人に対する献身的なので、作業犬としても、そして家庭犬としてもとても優れています。

現在もペットとしてだけでなく、牧羊犬、番犬、警察犬としても活躍しています。

スタンダードシュナウザーの歴史

スタンダードシュナウザーは、14世紀に南ドイツで作出されたようです。

祖先犬は、ワイヤーコートのピンシャー犬種です。

じつはジャーマンピンシャーの祖先とスタンダードシュナウザーの祖先は同じお母さんから生まれています。

それで、ジャーマンピンシャーは兄弟犬になります。

それでどちらもかつては、ただ単に「ピンシャー」と呼ばれていました。

しかし、その中で少し長い剛毛を持つ個体を「ワイヤーヘアピンシャー」と呼び、短毛の個体を「スムースヘアピンシャー」と読んでいました。

そして別々の犬種として育種されることとなりました。

ワイヤーヘアピンシャーは、もともとネズミ駆除のお仕事として専門に働いていたようです。

瞬時にネズミを捕獲していたことから、「ねずみ取り」と呼ばれることもあったようです。

その後、牧羊犬として牛を市場に連れて行く仕事をしたり、また荷車を引くと言った仕事もしていたようです。

ネズミ狩りだけでなく、牧羊犬として家畜を誘導するなど優秀な働きをしていたということで、やはり賢い犬種であることがわかりますね。

また、ミルクや牧草を積んだ荷車を引くこともあったようですので、パワーにも優れている彼らは、ということがわかります。

彼らは厩舎を自分の家と思ってそこで番犬としても活躍していたそうです。

警戒心もあり、そして恐れ知らずな性格は番犬にも適していたんですね。

彼らが初めてドッグショーに登場したのは、1879年でした。

その年、インターナショナルドッグショーがドイツで行われ、「ワイヤーヘアードピンシャー」としてショーにでました。

そのときにショーで活躍したのが、「シュナウザー」という名前の、ワイヤーヘアードピンシャーでした。

ちょっと変わった容姿がショーで注目されて、多くの人にその存在が知られるようになり、彼らは”シュナウザー”と呼ばれるようになり、それが犬種名となったわけです。

スタンダードシュナウザーの犬種クラブは1880年に発足し、人気が高まります。

その後、19世紀末ごろにスタンダードシュナウザーを小型化したミニチュアシュナウザーと、大型化したジャイアントシュナウザーが作出されるようになります。

ミニチュアシュナウザーは、スタンダードシュナウザーとアーフェンピンシャー、プードルなどと交配して作出されています。

ミニチュアシュナウザーも小動物の狩猟を行なう、使役犬として活躍してきました。

ジャイアントシュナウザーは、牛を追う牧羊犬としてグレートデーンやロットワイラーなどと交配しました。

小動物ではなく牧羊犬として適した犬として、大きさと力強さの点でさらにパワーアップしたんですね。

もともとジャイアントシュナウザーは、ミュンヘンにいたので最初は「ミュンヒナー」と呼ばれていたようですが、頭数が減ってしまったために愛好家が人気のシュナウザーの名前を借りてジャイアントシュナウザーと呼ぶようになったという経緯があるんですよ。

このように、もともとオリジナルのシュナウザーがスタンダードシュナウザーで、小型化されたのがミニチュアシュナウザー、そして大型化したのがジャイアントシュナウザーとなり、3タイプが存在することとなりました。

大きさでいうと、スタンダードシュナウザーが一番中間となります。

ちなみに、ミニチュアシュナウザーとジャイアントシュナウザーでは、約2倍も大きさが違うんですよ。 スタンダードシュナウザーの優秀さは、第一次世界大戦時にも発揮されました。

そのときに、伝令犬や救護犬として活躍したのです。

情報伝達や救護といった、緊迫した環境や状況のなかでも重要な仕事を任せる事ができるほどの優秀さと、的確な状況判断能力に長けているということですね。

第一次世界大戦中に赤十字の使役犬として用いられていたシュナウザーもいたようで、その職員が飼育していたシュナウザーはアメリカに渡ることになります。

他にも、旅行者がシュナウザーに魅了されてアメリカに連れて帰るなどして、1900年代はじめにはアメリカでもスタンダードシュナウザーが有名となりました。

アメリカでは1925年に、シュナウザークラブが発足しています。

現在でも、その賢さ、飼い主に対する献身的で忠実な性格、多芸多才な彼らは世界中から愛されています。

今では実用犬として飼育されることは少なくなり、ペットとしてまたショードッグとして飼育される事が多いようです。

日本には第二次世界大戦後に渡ってきました。

軍人が連れてきたといわれています。

ただ、日本においてはミニチュアシュナウザーが特に人気であり、スタンダードシュナウザーはあまり多く飼育されていません。

とはいえ、愛好家はいて国内でもブリーディングがおこなわれていますよ。

スタンダードシュナウザーの特徴

Schnauzer

スタンダードシュナウザーは、体高が約45~50cmです。

スクエア型の体型をしていて、筋肉質でがっちりとした体つきをしています。

体重は14~20kgになります。

ちなみに、ミニチュアシュナウザーは体高が約30~35cmの、体重が約4.5~7kgです。

そしてジャイアントシュナウザーは、体高が約60~70cmの、体重が約35~45kgとなっています。

現在、日本で見かけるシュナウザーはほとんどがミニチュアシュナウザーとなっています。

それで、スタンダードシュナウザーを見ると、「大きい!」って思うかもしれませんが、その大きさがオリジナルのサイズなのです。

数年前に阿部サダヲさん、鈴木福くん、芦田愛菜ちゃんが出演していて大人気となったドラマ「マルモのおきて」で登場した「ムック」という犬は、ミニチュアシュナウザーです。

なので、ムックよりも体高が約15cmほど大きく、柴犬よりも少し大きいくらいのサイズのシュナウザーがスタンダードシュナウザーだと想像してもらうことができると思います。

では、スタンダードシュナウザーにはどんな魅力や特徴があるのでしょうか?

威厳のある飾り毛

スタンダードシュナウザーの一番の特徴といえば、やっぱり飾り毛でしょう。

特に、シュナウザーという名前の意味のとおり、”あごひげ”が特徴的です。

独特のあごひげ、くちひげ、また眉毛があるので、どこかおじいさんのような風格を感じさせますよね。

これは、シュナウザー種の独特の特徴であり、チャームポイントといえるでしょう。

プライドもあるので、威厳も感じさせる風貌です。

このくちひげや眉毛は、ネズミ狩りなどの際に、ネズミからの攻撃から身を護るためのものだったようです。

ネズミ捕獲の際には、直接口で噛み付く必要があるので、顔に攻撃を食らうことが多かったのかもしれませんね。

威厳ある姿ですが、飼い主にとっても忠実で、活発でエネルギッシュに動き、また甘えん坊な姿がたまらなく可愛く感じる方は多いのではないでしょうか?

飾り毛はトリミングで短くすることもありますが、カットの仕方でちょっと違った雰囲気になったりもします。

硬い体毛に包まれた中型犬

もともと、ワイヤーヘアピンシャーと呼ばれていたスタンダードシュナウザーですが、その被毛は硬く、針金のようなトップコートと、柔らかいアンダーコートのダブルコートとなっています。

厳しい環境のもとでも耐えられるような被毛を持ちます。

体つきはがっちりと筋肉質であり、頑丈です。

がっしりとした中型犬といった感じです。

抜け毛が少ないので室内飼育をするとしてもお掃除は割とらくですが、放って置くとどんどんと伸びていくのでトリミングをする必要があります。

毛色は、ブラック、ソルトアンドペッパーです。

スタンダードシュナウザーの尻尾は垂れ尾ですが、断尾されていたこともありました。

また耳はボタン耳ですが、段耳することにより立たせてあることもあります。

スタンダードシュナウザーの寿命

寿命ですが、13~16歳となっています。

中型犬としては一般的な寿命となります。

スタンダードシュナウザーは、活発である程度の運動量を必要とする犬種ですので、健康維持やストレスをためないためにも、毎日お散歩につれていくことや、ドッグランなどで自由に遊ばせてあげることも良いでしょう。

また、飼い主さんとも時間もとても必要とする犬種です。

日頃からたくさんコミュニケーションを取り、たくさん一緒に遊んであげましょう。

ストレスが溜まると皮膚炎になったり、また顔周りの飾り毛がありますので眼疾患になりやすいこともありますので、病気についても理解しできる予防策を講じてあげることも大切です。

スタンダードシュナウザーの性格

The inquisitive schnauzer

スタンダードシュナウザーは、飼い主さんにとても忠実で、賢く、飲み込みの早い犬種です。

活発ですが、落ち着きもあり、平静さも兼ね備えたプライドのある性格をしています。

遊ぶのも大好きで、ご主人に対して献身的に接します。

子どもも好きすので、一緒に遊んでくれます。

活発で遊び好きとはいえ、騒がしいほどではないので、ペットとしてもとても飼育しやすいといえるでしょう。

また、素直でお利口です。

ときに頑固なのですが、訓練性の非常が非常に高く、トレーニングによく応じてくれます。

飼い主さんを喜ばせたい、役に立ちたいという気持ちがあるので、その気質を上手に引き出して、いっぱい褒めてあげると、トレーニングしやすいでしょう。

シュナウザーはよく「しつけやすい」と言われるほど、とても知能が高く、忠誠心が高い犬種なのです。

また番犬としても優秀です。

見知らぬ人には警戒心を示し、吠えます。

もともと番犬として飼育されていたこともあるくらいですし、勇敢なので飼い主さんや家族を守ろうとします。

しかし、ご主人が心を許していることがわかると、寄っていこうとすることもあるようです。

つまり、来客をよく観察し、またご主人との関係もよく理解することのできる状況判断にとても優れた犬種ということです。

とはいえ、ご主人に来客があることを知らせようと、どんな人が来ても吠えるので、集合住宅などに住んでいる方は無駄吠えをしないようにしっかりとトレーニングをする必要がありますね。

しかし、スタンダードシュナウザーの吠え声というのは、良いお客さんと悪いお客さんとでは違いがあるそうです。

ちゃんと、人の良し悪しを見抜いているんですね。

スタンダードシュナウザーのかかりやすい病気

Veterinary performing a dental inspection to a schnauzer min in clinical

頑丈な体つきで、筋肉質なスタンダードシュナウザーですが、健康維持のためには適切な量の運動とまたストレスを溜めない生活が必要です。

毎日一緒に時間を過ごし、いっぱい褒めてあげましょう。

そして、飼い主としてはスタンダードシュナウザーがかかりやすい病気についても知っておくことも大切です。

病気について知ると同時に、そのリスクをできるだけ低くするためにできることを行いましょう。

眼疾患

例えば、スタンダードシュナウザーは被毛が目に入りやすいので眼疾患になりやすい犬種です。

被毛が前に入らないようにカットしてあげることもできます。

眼病のサインとして、目やにがでていないか、目の周りを触るといたがらないか、異物がでていあいか、涙で毛の色が変色していないか、目の下が腫れていないかなどを確認することができます。

また、黒目が白く濁っていたり、白目が充血していたり、前足で目をこすっている仕草やものにぶつかっていたり、目を細めているなどの様子の変化にも気づけるようにしましょう。

いつもと目の色が違ったり、様子が変だなと思ったら獣医師に見てもらいましょう。

早期発見が大事ですので、毎日愛犬の目の様子を観察して、チェックしてあげることを習慣にしましょう。

尿結石

シュナウザーは、他の犬種に比べると7倍以上も、尿路結石になりやすいといわれています。

尿路結石になると、排尿時に痛みがあったり血尿が出たりします。

さらに、結石が尿路につまってしまうと排尿ができずに、最悪死に至る場合もあります。

注意すべき症状としては、トイレを失敗するようになったり、尿が出にくい様子だったり、頻繁にトイレに行くようになります。

また、排尿の際に痛みを訴えたり、食欲不振になることもあります。

また血尿がでたりします。

一度発症すると再発する可能性も高くなります。

一度発症した場合には、食事管理を粉ってミネラルなどがたくさん入っている水や食べ物をたくさん与えないようにする必要があります。

獣医さんの指示に従い、食事管理をしましょう。

また毎日、排尿がちゃんとできているか確認することも大事です。

血尿がでていないかチェックしましょう。

血尿といってもはっきりとわからないようなオレンジ色の尿の場合もあります。

それでトイレシーツを使用している場合には、白色のものを使うなどしていつもの色を把握し、少しの異変にも気づいてあげるようにしましょう。

股関節形成不全

大型犬に多い股関節形成不全ですが、スタンダードシュナウザーでもかかりやすい疾患です。

遺伝的な要素から発症することもあります。

また成長期に過剰な栄養を与えたり、過激な運動をしたために発症することもあるようです。

特に4~12ヶ月ごろに確認される事が多いですが、2,3際になった時点でわかることもあります。

症状としては、いつも同じ方向に横座りをしていたり、歩くときに腰を振っている、またうさぎ跳びのように走る、運動をいやがるといったものがあります。

股関節形成不全になってしまったら、関節に負担をかけないようにしてあげる必要があります。

例えば、滑りやすいフローリングの床などは危険ですので、マットを敷いたり滑り止め加工などをしてあげましょう。

さらに段差にはスロープを設置してあげることもできます。

肥満は関節に大きな負担をかけますので、体重管理は重要です。

肥満によって、いろいろな病気を引き起こしますから、適切な運動によって筋肉をつけるとともに、肥満にもならないように注意してあげましょう。

食事は毎日測って、量をしっかりと適切なものにしてあげてくさだいね。

スタンダードシュナウザーのおすすめドッグフード2選!

eating puppy miniature schnauzer in front of white background

愛犬の健康を守るためには、良質なフード選びも大事なポイントです。

体をつくるのは毎日の食事ですので、愛犬には健康な体を維持できるようなフードを与えたいですね。

そして、かかりやすい病気の予防にもつながる成分が配合されているとうれしいです。

ということで、スタンダードシュナウザーに得におすすめのドッグフードはどれなのでしょうか?

おすすめを2つご紹介します。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンは、人口添加物を使用せず、すべてヒューマングレードの高品質な原材料を使用したフードです。

添加物は発がん性があったり、人間の食材としては使用禁止になっているものもありますが、市販の安いドッグフードには入っていることもあります。

でも、カナガンにはそれらが入っていないので安心です。

また、穀物も不使用ということなのでアレルギーが心配な飼い主さんにもおすすめです。

なんと、尿路結石を予防してくれるものも配合しているそうです。

それがクランベリー。

クランベリーは、尿のphを調整してくれるそうです。

これは、尿路結石になりやすいスタンダードシュナウザーにはうれしいですね。

さらに、サーモンオイルや海藻パウダーは必須脂肪酸を含んでいて、皮膚の免疫力も高めてくれるようなので、皮膚炎も予防することができます。

シュナウザーは皮膚病にもかかりやすいようですので、予防になりますね。

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフードは、100%無添加で、小麦やとうもろこし、大豆、牛肉や豚肉などを使用していないアレルギー対応のフードです。

そして、脂肪分が少ないフードとなっているので、肥満になりやすいシュナウザーにもおすすめです。

股関節形成不全などを患っている場合などは特に、肥満には気をつけたいものですので、脂肪分が控えめなフードはいいですよね。

消化に良い野菜やハーブなども配合しています。

まとめ

Schnauzer

優秀な家庭犬として、また使役犬としても愛されるスタンダードシュナウザー。

賢くて、忠実で、愛情深くお利口な性格です。

飼い主さんと一緒に何かを行なうことも好きで、飼い主さんとの時間を大切にする犬種ですので、一緒に毎日お散歩に行くことに加えて、ドッグランにでかけたり、またドッグスポーツでも活躍できます。

ドッグスポーツでは優秀な成績を残すことも多く、賢さと高い運動神経を併せ持つ犬種ですよ。

いっぱい愛犬と遊びたい、というご家族にはピッタリの犬種でしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ