ジャーマンピンシャーってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

ジャーマンピンシャーってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

ツヤツヤの被毛と、引き締まったボディがスタイリッシュでかっこいいジャーマンピンシャー。とても賢く、運動神経も良い犬種です。ジャーマンピンシャーには、どんな歴史、特徴があるのでしょうか?性格や飼育のポイント、さらに注意するべき病気やおすすめのフードをご紹介します。

ジャーマンピンシャーって?

German pinscher dog in a summer meadow

筋肉質だけどスッキリとしたボディに、黒や茶のツヤのある被毛のあるジャーマンピンシャーは、見るからに運動が得意そうですよね。

その凛々しい姿に、ちょっと「怖い・・・」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、とても賢く、そして家族への愛情が深い犬種で、明るい性格をしています。

ただし、見知らぬ人には用心深いので、番犬としても活躍してきました。

その分、飼い主への忠誠心があるので、しつけや訓練をするととても優秀なパートナーとなってくれます。

そして子どもとも仲良く遊んでくれる優しい性格をしています。

中型犬で体重は14?20キログラムほどになります。

力も強いので、小さいときから信頼関係と主従関係をしっかりと築き、トレーニングをするとよいでしょう。

でも、物覚えがとっても良いので、しつけに苦労することはあまりないようです。

「ジャーマンピンシャー」という名前の通り、ドイツが原産国です。

ジャーマンピンシャーはよく、「ドーベルマンの小さい版」なんて言われることがあります。

確かに見た目がとってもよく似ていますよね。

しかしじつは、ジャーマンピンシャーがドーベルマンに似ているのではなくて、ドーベルマンの育種の土台になったのがジャーマンピンシャーなので、ドーベルマンがジャーマンピンシャーに似ているんです。

そして、どちらかというとスタンダードシュナウザーのほうが近縁なんですよ!

ジャーマンピンシャーの歴史

ジャーマンピンシャーの歴史はとても古く、原産国のドイツでは1879年には犬種として認められていました。

その起源は、はっきりとわかっているわけではないのですが、じつはスタンダードシュナウザーと同じお母さんから生まれてきた犬だった、と言われています。

つまり、スタンダードシュナウザーとは兄弟犬なんですね。

同じお母さんから生まれたのですが、一方は中長の剛毛を持ち、一方は短毛を持っていました。

この中長毛のほうはワイヤーヘアピンシャーと呼ばれ、短毛のほうはスムースヘアピンシャーと呼ばれたそうです。

そしてその後、それぞれが育種されることとなり、別の犬種となりました。

結果、ワイヤーヘアピンシャーはスタンダードシュナウザーとなり、スムースヘアピンシャーがジャーマンピンシャーとして認められるようになりました。

ジャーマンピンシャーは、ネズミ狩りが大得意で、使役犬としてとても重宝されてきました。

「ピンシャー」というのは、ドイツ語で「噛み付く」という意味があるそうです。

そんなジャーマンピンシャーにも、絶滅の危機がありました。

それは、第一次、第二次世界大戦のときです。

様々な犬種と同様に、彼らも数が激減し、原産国である西ドイツでは1949年からの10年間の間に1匹たりとも出産されなかった、といわれています。

それくらい、ジャーマンピンシャーにとっても世界大戦は大きな影響を与えるものとなりました。

しかし、ドイツ人の愛好家であるワーナー・ユングという方が繁殖家たちとともにジャーマンピンシャー種を守ろうと立ち上がりました。

そのころ、西ドイツにはミニチュアピンシャーが残っていたようです。

それで、その中から特に大きな4頭を探します。

そして東ドイツからメスのジャーマンピンシャーを1頭密輸入することに成功します。

西ドイツと東ドイツが反目しあっていたことを考えると、それはとても危険なことだったことでしょう。

この輸入は命がけだったと言われています。

しかし、そのような危険の中、種を守るための育種が始まりました。

それで、今現存しているジャーマンピンシャーというのは、すべてがこの西ドイツにいた個体の大きなミニチュアピンシャー4頭と、東ドイツから密輸入された純血のメスのジャーマンピンシャー1頭の子孫ということになります。

それで、現在いるジャーマンピンシャーのすべては、それぞれ血統をさかのぼっていくとみなこの5頭に行き着くということなんです。

それゆえに、遺伝性疾患が発症しやすいという特徴もありますので、その点はさらにあとで確認しておきましょう。

ジャーマンピンシャーの特徴

Black and tan German Pinscher dog with natural droopy ears staying outdoors at sunny weather

ジャーマンピンシャーは、とてもスタイリッシュでかっこいい姿が人気です。

しかし、日本での飼育頭数は多くはなく珍しい犬種になります。

見るからに運動能力がとても高そうですが、古くから使役犬として特にネズミ刈りを得意とするハンターでしたので、俊敏な動きをします。

それで、飼い主さんは運動を一緒に楽しめる人がよいでしょう。

でも、寒さに強くありませんので、室内飼育がよいでしょう。

以前は、害獣狩りの仕事のために断耳や断尾をされていました。

しかし現在はその必要もありませんし、動物愛護の観点からもされることはほとんどありません。

耳は垂れていてV字型をしています。

頭が小さいのでとてもスタイリッシュな印象ですね。

引き締まった筋肉質な体!

ジャーマンピンシャーの魅力の一つはやはり、その美しいプロポーションにあるでしょう。

体長と体高が同じ位で、スクエア型の体型をしています。

中型犬に分類されて、体高は約45?50cmほどになります。

体重は14?20kgほどです。

短毛なので、体のラインがよく映えるのですが、筋肉質で無駄のない体つきは美しさと凛々しさを感じさせます。

その引き締まった筋肉質な体を維持し、さらに体と心の健康を保ってあげるためにも、運動がとても必要な犬種となります。

できれば一日1時間以上を2回、運動させてあげるとよいでしょう。

ドッグランなどで走らせてあげると喜び、ストレス発散させてあげることができます。

ちなみに、頭が小さいので運動中に首輪が抜けてしまうというアクシデントも起きることがあります。

好奇心も旺盛ですし、お散歩のときには首輪が抜けて、犬にも人にも危険が及ぶことがないように気をつけましょう。

ツヤツヤの被毛が美しい

Miniature pinscher outdoor.

短毛でツヤのある毛も特徴の一つです。

毛色はブラックアンドタンやブラウン、レッドです。

中には、その他の淡色などの毛色を導入しようとしていることがありますが、そのために無理な繁殖をしていたり、先天性疾患などと関係している場合がありますので、注意が必要です。

被毛は短毛なのでお手入れが簡単です。

ブラッシングは週に1回程度、そしてシャンプーは月に1回程度で充分といったところです。

臭いもほとんどありません。

ただし、毛が短いぶん、寒さに弱いので特に冬場はあたたかい室内で過ごせるようにしてあげてください。

そして、お散歩のときなどは防寒服をきせてあげるとよいかもしれません。

ジャーマンピンシャーの寿命

寿命は12~14年といわれています。

もちろん個体差がありますが、戦後に5頭から繁殖されてきたゆえに、遺伝性の疾患にもなりやすい犬種なんです。

そして運動のしすぎによる関節疾患などにもかかりやすかったり、逆に運動不足による肥満によって寿命が短くなることもあります。

ジャーマンピンシャーの性格

Doberman Pinscher, black German Durbin

ジャーマンピンシャーというと、よく吠えるという印象を持っている方もいるかもしれません。

ジャーマンピンシャーは警戒心が強く、縄張り意識も強いという特徴を持っています。

それで、他人や来客に対して吠える傾向があります。

これは番犬として優秀ということでもありますね。

ただし、無駄吠えをしないようにしっかりとトレーニングをすることは必要です。

とはいえ、とても賢くしつけにはあまり苦労しない犬種です。

とはいえ、ちょっと頑固なところがありますので、辛抱強く一貫したトレーニングを続けましょう。

しっかりとトレーニングできれいれば、来客者に対してもお行儀よくすることができますし、好意的な人物であるとわかると、心を開いてくれます。

それで、お友だちの家などで飼育されているジャーマンピンシャーと仲良くなりたいならば、その飼い主さんとの友好関係をしっかりと見せてあげる必要があります。

とても凛々しいクールなイメージが強いですが、じつは家族の前では甘えて、遊び好きの顔になります。

活発な性格で、明るくおもいっきり遊ぶのが大好きです。

そして、家族への愛情がとても深く、他人に見せる警戒心の強いクールな一面とは逆に、ストレートに愛情表現してくれます。

飼い主さんの気持ちをよく理解しようとしてくれますので、アイコンタクトも取りやすく、話しかけると一生懸命に聞こうとします。

警察犬として活躍することもある犬種ですので、忠誠心もあり物覚えが早く、辛抱強さも持ち合わせています。

トレーニングの際には、しっかりと一貫性をもつことが大事です。

賢さゆえに、覚えは早いですが、飼い主さんが一貫性がなく、そのときの気分でしつえをしていると信頼関係が築けません。

そして、自分で判断し勝手に行動するようになってしまうこともあります。

よく吠える傾向や動くものを追いかける習性もありますので、危険を避けるためにも小さいころから一貫したしつけが必要ですね。

そして甘噛みの癖もつきやすいです。

飼い主さんとの信頼関係や主従関係がしっかりと構築されいれば、とても優秀なパートナー、友、家族となってくれることでしょう。

ジャーマンピンシャーのかかりやすい病気

Miniature pinscher sick, sleep dog look tried, boring, alone. need treat.

先程も少し触れましたが、やはりたったの5頭から短い期間に繁殖が繰り返されてきた犬種なので、遺伝性疾患が見られやすい犬種なんです。

そして、運動が得意ですし、とても活発な性格をしている犬種ですけど、運動をしすぎて疾患を抱えることもあります。

比較的かかりやすい病気がいくつかありますので、飼い主さんはその病気について理解し、できる予防策があるなら講じてあげるようにしましょう。

股関節形成不全

股関節形成不全とは、股関節が発達の歳に異常を起こしてしまう病気です。

大型犬に多いとされていますが、ジャーマンピンシャーにも多いとされています。

その原因は遺伝的要素も含まれます。

それで、親犬等がこの病気を持っているさいには気をつける必要があります。

さらに、成長期に栄養の与えすぎや運動のし過ぎ等によって起こることもあります。

関節がうまく噛み合わずに、歩行が困難になったり異常が現れます。

生後4?1歳ごろまでに症状が現れることが多いですが、その後に現れることもあります。

もし、腰を振って歩いていたり、横座りをしていたり、高いところからの運動を嫌がるなどの様子が見られたら、股関節形成不全の可能性があります。

治療は内科的治療と外科的治療がありますが、年齢とか症状などによってもことなってくるようです。

飼い主として気をつけてあげるべきポイントとしては、成長期に過剰に栄養を与えないということです。

成長のためにはしっかりとたっぷりの栄養を与えなくちゃ!って思うかもしれませんが、じつは高栄養、高カロリーのフードを与えていると通常よりも早いスピードで体が成長してしまう傾向があり、その結果、骨や関節の成長が追いつかないで過剰な負担がかかりトラブルが発生することがあるのです。

そして、その後も肥満等に気をつける必要がありますので、体重管理をしっかりとしましょう。

他にも、股関節形成不全のワンちゃんにとって、滑りやすい床はとても危険ですし、ジャンプや過度な運動をあまりさせないようにする必要があります。

遺伝性白内障

遺伝性白内障は、遺伝的要素によって発症する白内障です。

人間も白内障になることがありますが、目の中の水晶体が白く濁ってしまう事によって視力が低下する病気です。

それで、白内障になると視界がボヤけて見えづらくなり、失明に至ることもあります。

老化によって症状が発症することもありますが、ジャーマンピンシャーは遺伝的要素によって発生することも多いといわれています。

進行すると、視界が曇ってしまい、完全に失明することもありえます。

もし柱や壁によくぶつかっているとか、物音に敏感になってちょっとした音でもびっくりするようになったなどの異変が見られるならば、病院で見てもらう必要があるかもしれません。

薬での治療はできないのですが、初期であれば進行を遅らせるために点眼や内服薬などを用いることがあります。

または外科的な手術が必要ですが、人間の場合よりも難しく高額で、さらに術後の慎重なケアも必要となります。

フォン・ヴィレブランド病

フォン・ヴィレブランド病は、フォン・ヴィレブランド因子の異常によって引き起こされる遺伝性疾患です。

フォン・ヴィレブランド因子は血小板の止血機能に関わる因子であり、量的な低下、質的な異常、または因子の完全な欠損によって止血異常が引き起こるとされています。

止血機能に関わる因子ということで、傷からの出血が過度であったり、鼻血や歯肉からの出血があったりすることがあります。

手術中などに異常出血が起こり、死に至ることもありますので、抜歯や出産は危険といえます。

残念ながら治療法がありませんので、過剰出血の際には輸血の投与を行なうことが少なくありません。

予防法としては、遺伝子検査を行って選択的な繁殖を行なうということになります。

それで、ジャーマンピンシャーを飼育する歳には、予め遺伝子検査によってこの疾患をもっていないかどうかを確認するとよいでしょう。

ジャーマンピンシャーのおすすめドッグフード3選!

Puppy with food bowl

大切なパートナーである、ジャーマンピンシャーを飼育する際には、できるだけ長く健康で元気に過ごしてもらいたい、と願うものですね。

人間もそうですが、体は毎日食べる食事で作られていきます。

それで、フード選びは重要な傾向管理のポイントともなります。

そしてその美しい被毛や体型を維持するためにも、どのフードを選ぶかが関係してくるでしょう。

また、ジャーマンピンシャーに発症しやすい病気の症状を軽減するために効果的な栄養素が入っているかも知りたいですよね。

では、その点を考えて特におすすめのフードをご紹介します。

モグワンドッグフード

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

股関節形成不全を予防したいときにオススメのフードです。

グルコサミンやコンドロイチンなどが配合されていて、関節炎の痛み等にも効果的なアルファルがが配合されています。

動物性タンパク質は50%以上で、穀物不使用なところも安心ポイントです。

着色料、香料不使用ということで、お値段は1.8gで通常購入だと約4千円と高くなってしまいますけど、定期購入だと少し安くなります。

原産国はイギリスです。

香料を使用していないので、素材そのものの自然な香りでできていますが、試食会では97.8%の子が食べてくれたと食いつきもよいフードです。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

ナチュロル

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

健康的でツヤツヤの被毛になると話題の、ナチュロルは新鮮精肉が55%使用している、健康寿命ケアフードです。

牛、鳥、馬、魚の生の肉を使用し、食いつきのよいフードとなっています。

人が食べても大丈夫なヒューマングレードでできていて、アレルギーにも配慮されています。

健康トラブルと体内で戦うための免疫力を維持するのに効果的とされる、安定・持続型のビタミンCを高濃度配合しています。

グルテン、グレインフリーで100%無添加です。

また国内産なので、品質にも安心感があります。

ジャーマンピンシャーのツヤツヤの被毛を維持するためにも効果的なフードでしょう。

さらに、カロリーも抑えつつ必要な栄養素を取りたいという人にもオススメです。

ファインペッツ

ファインペッツ

安全性の高さに定評があるドッグフードです!

容量/価格 1.5kg / ¥3,142(税込)
原産国 オランダ
メイン食材 鹿肉、鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

原材料の80%が肉と魚でできていて、高タンパク質量のフードです。

それも、ファインペッツで使用されている肉というのは、鹿、鶏、鮭です。

牛や豚肉は使っていません。

なぜなら、アレルギー性が強く内臓疾患を誘発する可能性があるからです。

また、鶏肉もささみ部分はカルシウムを体内で破壊するなどの影響があるとされているため、使用していません。

こちらのフードは、活動的な運動量の多い中型犬にもおすすめされています。

国内産で無添加、そしてヒューマングレードの安心できる原材料が使われています。

また、こちらもグレインフリーとなっていますのでアレルギー対策もできます。

カロリーが非常に高いという特徴を持っています。

それで、自由に動き回って遊べるような環境で飼育されている犬にはおすすめです。

高タンパクなので、筋肉をしっかりと付けて、脂肪をつきにくい体にすることができます。

でも、高カロリーでもあるのでダイエットをしているときにはあまりおすすめできないでしょう。

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードってどうなの?評判と口コミを見る!

低価格のドッグフードは家計的にはうれしいですが、粗悪な原材料が使われていたりして、愛犬の健康を考えると与えたくないですよね。やはり大切なペットには安心安全で質も高いフードを与えたいものです。今回は、FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードについて調べてみました。

https://dogfood.fun/FINEPET%E2%80%99S%EF%BC%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84%EF%BC%89%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%EF%BC%81

まとめ

Sable brown and black and tan miniature pinscher portrait on summer time.  German miniature pinscher sitting outdoors on a wooden pier with green background. Smart and cute pincher with big funny ears

ジャーマンピンシャーについて見てきましたが、愛犬とのアクティブな生活を送りたいという方にとってはとても魅力的な犬種ですよね。

警戒心が強い面もありますが、家族への愛情はたっぷりです。

そして、警察犬にもなれるほどの賢さをもっていますから、適切なトレーニングをするととても優秀なパートナーとして一緒に過ごせるに違いありません。

戦後の繁殖によって、遺伝性疾患も現れやすい犬種でもありました。

愛犬にはずっと元気で過ごしてほしい、というのが願いですが、近親交配によってやはり病気のリスクが高いということを覚えておく必要があります。

それで、飼育のまえに個体の遺伝子検査をするとともに、病気のリスクをできるだけ下げるためにも、フードや運動量の調節をしましょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ