シーリハムテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

シーリハムテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

白い長い被毛を持つシーリハムテリアは、小型ながら強靭な体格と気の強さ、そして高い持久力を持つ狩猟犬です。 もともと、アナグマやカワウソ、さらにキツネ狩りで活躍していました。 現在ではショードッグでも活躍しています。 そんなテリア気質たっぷりのシーリハムテリアの特徴や魅力、そしておすすめのドッグフードなどをご紹介します。

シーリハムテリアって?

Sealyham Terrier isolated on white

日本ではあまり知名度は高くないシーリハムテリアですが、20世紀初頭に北アメリカで流行した犬種です。

原産国はイギリスで、もともと小さい害獣を駆除するために改良されたテリア種なんです。

それで、ハンターとしての素質がかなり高く、獲物に向かっていく闘争心の強さ、さらに持久力の高さや俊敏な動きと見た目以上のパワーを持つ犬種として知られています。

白いワイヤー状の被毛に覆われていて、水の中でも活躍できます。

現在、実猟に使用されることはほとんどないそうですが、社交的な性格なのでペットとして愛されています。

とはいえ、小型ながら外敵に対する闘争心はかなり強く、テリア種気質が強いのでしっかりとトレーニングをする必要があります。

番犬に向いている犬種ですよ。

ではどんな経緯で生まれた犬種なのでしょうか?

調べてみましょう!

シーリハムテリアの歴史

シーリハムテリアを作出したのは、ジョン・エドワードというイギリスのウェールズ州シーリハムに住んでいた人です。

ジョン・エドワード氏は軍人で、そして優れたハンターでした。

1850年、ジョン・エドワード氏はハンターとしてより優秀な猟犬を作り出そうと、いろいろな犬種を交配させてシーリハムテリアを作出したようです。

つまり、この犬種の名前は、作出者の住んでいた場所に由来しているんですね。

ジョン・エドワード氏は恐れ知らずで、勇敢で、そして状況判断にも優れtテリア犬種を作り出すために、複数の犬種をかけ合わせたそうです。

残念ながら、どの犬種を交配させたのか詳細が残っていないのではっきりとはわかっていません。

しかし、ブルテリアの原種であるブルアンドテリアにや、ダンディ・ディンモントテリア、ワイヤーヘアードフォックステリアなどが掛け合わされたと言われています。

そして、背中を短くするためにウエストハイランドホワイトテリア、闘争心をより強くするためにブルテリア、また脚を短くするためにウェルシュ・コーギーが使われたのではないかと言われています。

シーリハムテリアの作出にあたって、生まれてきた仔犬たちは生死をかけたテストがあったと言われています。

とても恐ろしい話なのですが、生後2,3ヶ月になった仔犬は狩猟場に連れて行かれて、口を縛られて杭につながれたキツネと引き会わされるのです。

そのときに少しでも躊躇するようならば、その場で猟銃で殺されてしまいます。

キツネに向かって攻撃的な姿勢を見せた仔犬だけが、テストに合格したとみなされて生かされるわけです。

これは、オスだけでなくメスに対しても同じで、ただただ闘争心の強い個体だけが残されて、その他の弱い個体は処分されてしまったのです。

このような選択繁殖は30年以上繰り返されたようです。

中には、作出者のこのような冷酷とも思えるやり方に反対するハンターたちも多くいたようで、犬種廃止の動きも出たそうです。

しかし、そのような徹底したやり方によって生まれた犬たちは高い狩猟能力を発揮し、重宝されるようになりました。

つまり、シーリハムテリアという犬種は、多くの犠牲のうえに誕生した犬種なんですね。

とても気が強くて、自分よりも大きなキツネ、カワウソ、そしてアナグマに対しても立ち向かっていき、中にはクマ狩りにも使われたこともあったようです。

シーリハムテリアは作出者の目的意識と、徹底した選択繁殖によって作り出されていたんですね。

そんなシーリハムテリアですが、作出者の死後に育種の転機が訪れることとなります。

シーリハムテリアの愛好家であったフレッド・ルイスという人がこの犬種の育種をずっと続けていて、1903年にとうとうイギリスのドッグショーに登場するようになりました。

すると、テリア種らしいプライドのある気質とその容姿が注目されることとなり、1908年には犬種クラブも設立し、1911年にイギリスケネルクラブに犬種として登録されることとなります。

それからショードッグとして、より気質が穏やかで扱いやすい犬種へと育種されるようになったのです。

ショードッグとしてまたペットとしてのシーリハムテリアの育種は、攻撃的な性格が穏やかにされ、さらにサイズは少し大きく、頭部も大きくなりました。

そして毛色も白系統のものに限定されました。

しかし、育種家の中には選択繁殖によって生まれたこの犬種の気質の強さも大切な特徴の一つだという考えを持ち、特性として残すような繁殖を行なう人たちもいました。

これまで多くの犠牲を払って育種されてきたことを考えると、それによって作られてきたこの犬種が持つ気の強さや攻撃性などを失わせるのは、犠牲となった仔犬たちが報われないのでは・・・という考えなのです。

いろいろな考えがあり、賛否両論あったシーリハムテリアの育種ですが、結局ペットやショードッグとしてだけの育種ではなく、実猟犬としての特性を一部残すことになりました。

それで、現在ではペットやショードッグとして、また実猟犬として愛される犬種となっています。

日本での飼育頭数は少ないですが、ペットして愛されていて毎年登録されていますよ。

シーリハムテリアの特徴

White Sealyham Terrier in the garden

徹底した選択繁殖が繰り返され、多くの犠牲のもとに作り出された優秀なハンターがもともとのシーリハムテリアなんですね。

その後、ペットとしてやショードッグとしての育種が行われたことにより、現在日本でもペットとして愛されている犬種です。

では、現在のシーリハムテリアはどんな身体的特徴、性格的魅力を持っているのでしょうか?

威厳を感じさせる小型犬!

シーリハムテリアの体高はオスで約27cm、メスで25cmの小型犬です。

スタンダードは体高31cmまでと決められています。

体重はオスで9kg前後、メスで8kg前後になります。

胴が長めで、脚が短く、コンパクトな体型をしています。

とはいえ、頭部は大きく首も長いです。

耳はたれ耳で、尻尾は垂れ尾で長いです。

ただ、断尾することによって立たせてあることもあります。

でも動物愛護の観点から、現在は断尾されることは少なくなっています。

前足でまっすぐに立つ姿は、小型犬ながら威厳を感じさせます。

顔が大きくて、短足なところがなんだかとっても可愛いです。

全体的には、バランスの良い四角い体型といった感じです。

コンパクトな体型ながら筋肉質で、動きは俊敏で素早いです。

特別運動量が多いというわけではありませんが、活発で好奇心も旺盛なので、運動不足はストレスの原因になります。

それで、1日に2回、1回30分以上のお散歩をしてあげるとよいようです。

また、ボール遊びなども喜びます。

理想的なのは、室内とお庭を自由に行き来できるような環境のようです。

お庭に自由に遊べるようなスペースがあるといいですね。

都会のマンションやアパートでも飼育できますが、毎日のお散歩ができる環境や、時々ドッグランなどで遊ばせてあげられる場所があると良いようです。

白いワイヤードヘアー

シーリハムテリアは、白く長い被毛をもっています。

ダブルコートで、下毛は密集していてやわらかく、上毛は針金状になっています。

温度変化に対応できるような被毛になっているんですね。

カラーは、ホワイト、またはホワイトにレモンやブラウンなどの班がはいっています。

一般に、あごひげや口ひげを残してカットされることが多く、目の周りなどは短くすることが多いようです。

コートが眼に入ることによって目の病気になることもあるので、定期的なトリミングをしてあげましょう。

週に2,3回コーミングをし、3ヶ月に一回ペースくらいのトリミングをすると良いでしょう。

白いコートなので汚れが目立ちやすくなっています。

それで、ごはんの後に口周りを拭いてあげたり、涙やけも起こりやすいので涙を拭いてあげるなどをしてあげるとよいでしょう。

足が短めの犬種なので、お散歩に行くとどうしてもお腹部分も汚れやすくなってしまいます。

清潔を保つため被毛のお手入れは大切ですが、シャンプーをあまり頻繁にしてしまうとボサボサの毛になり、ツヤもなくなりますのでシャンプーはひどく汚れたときだけにしましょう。

もし、ドッグショーなどに参加するのであれば、もっと細かいお手入れが必要になりますが、一般にペットや実猟犬として飼育するのであれば、この程度のお手入れで大丈夫のようです。

シーリハムテリアの寿命

寿命は、約12~14年です。

小さいながらもしっかりとした体格をしていて、たくましく勇ましい犬種ですが、胴長ゆえに腰に負担がかかることもあったり、被毛が眼に入ることによって眼疾患を患うこともあるようです。

しかし、基本的には健康的で活発な犬種です。

シーリハムテリアの性格

Portrait of  Sealyham Terrier Dog in outdoors.

現在のシーリハムテリアは、ペットやショードッグとして気質が穏やかになるように育種されましたが、テリアらしい気の強さがあります。

頑固で独立心があります。

そしてとても勇敢です。

もともと自分よりも大きな動物を相手にしてきたハンターですので、外敵に対して立ち向かっていく気質をもっているようです。

それで、家族を守ろうと来客に対しては警戒心を示しますので、番犬に向いています。

ただし、吠え声がとても大きいですので、集合住宅で飼育する際には、しっかりとトレーニングをして無駄吠えをさせないようにしないとご近所トラブルの原因になってしまうかもしれません。

しつけは、根気が求められます。

子どもとも仲良くできますが、必要ならクレートなどでも過ごせるようにトレーニングしておっくとよいでしょう。

家族に対する愛情は深く、信頼した相手を一生懸命に喜ばせようとします。

陽気で活発です。

怖いもの知らずなところと、注意深い性質は、まさにハンターとして優秀な犬種であることがよくわかります。

しかし、友好的で愛情深いところもあり、ペットとしても深く愛される気質をもった犬種ですね。

シーリハムテリアのかかりやすい病気

female sealyham terrier puppy isolated on white background

シーリハムテリアを飼育するさいに、気をつけてあげたい病気もあります。

また、シーリハムテリアだけにとどまる話ではありませんが、理想的な外見を得るために純犬種といわれるほとんどは、親近交配がなされていて、それゆえに遺伝子的疾患が見られることがあります。

愛犬にはずっと元気でいてほしいものですから、かかりやすい病気について、また予防などについては知っておきたいですよね。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアになると歩行が難しくなったり、排泄のコントロールもできなくなったりします。

椎間板というのは、背骨の間のクッションのような働きをしている組織で、それが逸脱することで脊髄を圧迫してしまうのが、椎間板ヘルニアと言われています。

加齢によっておこることもありますし、遺伝的な要素によって発症することがあります。

特に胴長の犬種はその遺伝的な素因を持っていることが多く、シーリハムテリアも注意する必要があります。

遺伝的素因がある場合には、なかなか予防が難しいとはいえ、毎日の生活の中で気をつけてあげられるポイントもあります。

例えば、バランスの良い食事と運動によって筋肉をつけること、さらに2本足で立たせて腰に負担をかけないこと、だっこするときには必ず床と背中が水平になるようにすることなどです。

小型犬だと、だっこするときに片手で持ち上げることもできるゆえに、縦だっこをしてしまうことがありますが、背中に大きな負担がかかっているのでやめましょう。

また、肥満は関節に負担をかけますので体重管理をしっかりとしてあげましょう。

他にも、室内飼育だとどうしても床がフローリングだったりして滑ることが多く、それも関節への負担になりますので、床には滑り止め加工をするなどの生活環境を整えることも大切です。

網膜異形成

網膜の発達の異常によって網膜にしわがよっている状態になるのが網膜異形成です。

この病気は生まれつきのものです。

遺伝やお母さんの子宮内にいたときになんらかの原因によって異常がでることもあるようです。

軽度であれば生涯とくに大きな問題がでない場合もありますが、視力が低下するなどの影響が出る場合もあります。

まずは獣医師の診断を受けましょう。

生まれつきの病気ということですし、遺伝的な素因をもつ場合には予防は難しいので、飼育するときにこの素因を持っている可能性があるか確認することもできるでしょう。

水晶体脱臼

水晶体脱臼は、眼の中の水晶体が正常な位置からずれてしまっている状態です。

犬の場合、水晶体が後ろにある硝子体腔に外れてしまうことが多く、これを後方脱臼といいます。

テリア種は、遺伝性の水晶体脱臼がよくみられるようです。

それで、やはり予防は難しいのですが、早期発見により水晶体脱臼が原因で起こる緑内障などを防ぐ事ができます。

緑内障になってしまうと、眼が激しく痛かったり濁ったり、炎症をおこしたり、失明に至ることもあります。

それで、定期的に病院で眼のチェックをしてもらい、早めに発見することが大切です。

そして日頃から、目の色や目を気にしている仕草がないか、見えにくそうにしていないかかど、様子を観察して早期発見に努めましょう。

シーリハムテリアのおすすめドッグフード3選!

Sealyham Terrier on white background

優秀なハンターとして作出されたシーリハムテリア。

白い美しい被毛も魅力的ですね。

シーリハムテリアの健康と、美しさを保つためにやはり大事なことの一つにフード選びがあります。

では、どんなフードがおすすめなのでしょうか?

特におすすめの3つのドッグフードをご紹介します。

ネルソンズ

ネルソンズ

愛犬の健康を気遣いグレインフリーの商品として安心できるドッグフードです!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、生後7ヶ月~7歳

イギリスのトップブリーダーが自分の愛犬のために開発したのがネルソンズです。

穀物は不使用、人工添加物も不使用で安心のドッグフードです。

ドッグショーなどで活躍する犬の見栄えの維持のために効果のある、サーモンオイルや海藻が配合されています。

タンパク質が低いと感じられる方もいるかもしれませんが、運動量が特に多い実猟犬としての飼育でなければ、特に問題なくペットとして飼育するなら十分な栄養素だと思います。

便秘や下痢などに悩んでいる子も便の調子がよくなった、という口コミもあります。

同時に毛並みも良くなった、という声もたくさんあるので、シーリハムテリアの被毛をつややかにしたい方も試してみる価値ありそうです!

また、活発な犬種にうれしいグルコサミンやコンドロイチンといった成分が入っていますので、シーリハムテリアの関節ケアもできますね。

ドッグフード「ネルソンズ」って?原材料や評判、口コミまとめ!

「ネルソンズ」は、ヒューマングレードにこだわった、「イギリス最高級ドックフード」です。全犬種、7か月から7歳まで対応していて、幅広い犬種や年齢の愛犬に食べさせる事ができ、イギリス国内累計100万袋以上販売されている人気のドックフードです。今回は原材料、みんなの評判をまとめました!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8C%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%80%81%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

穀物不使用、人工添加物不使用のフード、カナガン。

すべて人間が食べられる高品質の材料を使用し、高タンパクで吸収力の高いフードです。

新鮮なチキンの生肉に加え、海藻や、ビタミンcをたくさん含んだクランベリー、また消化の良いさつまいもなどを使用しています。

そしてうれしいのが食いつきがいいという点です。

小型犬に食べやすい大きさですが、丸呑みしないような粒になっています。

そしてサクサクの食感も残っていて、チキンがたくさん含まれているので食いつきがいいんですね。

食いつきのために、体に悪影響のある添加物をたっぷり使用しているのではなく、良質な原材料を使用しているゆえに、食いつきが良いということですので安心ですね。

小型犬のシーリハムテリアにもぴったりの、高タンパクで安心のフードなので、チキン好きな子は試してみると良いですね。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

ファインペッツ

ファインペッツ

安全性の高さに定評があるドッグフードです!

容量/価格 1.5kg / ¥3,142(税込)
原産国 オランダ
メイン食材 鹿肉、鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

アレルギー性の低い鹿肉や鶏肉、そして鮭を主原料として使用しています。

原材料の肉類の原材料の割り合いは80%と高く、オートミールや大麦などを使用していますが、アレルギーの原因になりやすい小麦やとうもろこしなどは使用していません。

また、グルコサミンやコンドロイチンも入っています。

活発なシーリハムテリアにもうれしいですね。

もちろん、使用しているのはヒューマングレードの原材料です。

サーモンオイルなども入っていますので、毛並みを良くしたい場合にも効果的でしょう。

特におすすめは「極」という、よりレベルの高い商品なのですが、ちょっと値段が高いので、継続的に与えられるフードを選ぶという点でも、通常のタイプも良いと思います。

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードってどうなの?評判と口コミを見る!

低価格のドッグフードは家計的にはうれしいですが、粗悪な原材料が使われていたりして、愛犬の健康を考えると与えたくないですよね。やはり大切なペットには安心安全で質も高いフードを与えたいものです。今回は、FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードについて調べてみました。

https://dogfood.fun/FINEPET%E2%80%99S%EF%BC%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84%EF%BC%89%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%EF%BC%81

まとめ

sealyham terrier portrait,  white wool

日本では、それほど多く飼育されているわけではないシーリハムテリアですが、テリア種らしい気の強さや勇敢さを持ち合わせた魅力的な犬種でしたね。

作出にあたって、たくさんの犠牲があったことについては少し衝撃的だったかもしれません。

優秀なハンターとしての高い素質を持つ個体が選ばれて繁殖され、活躍してきました。

今では、ペットとしてまたショードッグとしての繁殖が進められていますが、家族を守るために外敵に立ち向かっていく姿はシーリハムテリアの特徴を引き継いでいるのですね。

子どもたちとも仲良くなれる友好的なところも魅力的です。

被毛のお手入れが必要ですが、トリミングは慣れれば自分でもできるようになるみたいです。

頑固なのでしつけには多少根気が必要かもしれませんが、一貫して辛抱強く訓練すればきっと優秀なパートナー、愛すべき家族のいち員としてかけがえのない存在になってくれることでしょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ