メリットがたくさん!サーモンを使用したおすすめドッグフード3選!

メリットがたくさん!サーモンを使用したおすすめドッグフード3選!

近年食物アレルギーを持っている犬も増えているため、ますます犬の健康に対する関心も高まっています。そこで注目されている食材が「サーモン」です。そこで今回はサーモンを使っているドッグフードを特集してみたいと思います。新たなドッグフード、ローテーションフードを探している方は是非参考にされてみてください。

サーモンを使ったドッグフードのメリットは何?

ドッグフードフードの安全性に注目されており、ドッグフードの原材料を気にする方も増えています。あなたもそんな飼い主さんのおひとりなのではないでしょうか?

サーモン

なぜ今サーモンを使ったドッグフードが注目されているのでしょうか?

それはサーモンには一般的な肉がメインになったドッグフード以上の効果が期待できるからなのです。

もしかしたら中には、チキンやターキー肉がメインになったフードの方が力が出るのではないか?と思っている方も少なくないかもしれません。しかしサーモンを使ったフードには多くのメリットがあるんです。

・アレルギーが出にくい動物性たんぱく質 ・消化が良い ・栄養価が高い

ではこれらについて詳しく見てみましょう。

アレルギーが出にくい動物性たんぱく質

salmon(サーモン)

一つ目はサーモンはアレルギーが出にくい動物性たんぱく質であるということです。

近年食物アレルギーを持っている犬は増加傾向にあります。

食物アレルギーは主にたんぱく質に反応します。そのためドッグフードの原材料となっている肉に対してアレルギーを持っている犬も少なくないのです。

アメリカのある大学が行った調査によると、犬がアレルギーを起こしやすい食材のトップは「牛肉」となっています。他には「乳製品」「豚肉」「鶏肉」「小麦」「トウモロコシ」「大豆」などが続きます。

このようにドッグフードによく使われる肉がアレルゲンとなることがあるのです。少し前までアレルゲンになりにくいと言われていた「ラム肉」ですが、近年ラム肉に対してアレルギーを起こす犬も増加傾向にあります。ですからラム肉だったら安心ということも言えなくなってきているのです。

そこで今注目されているのが「サーモン」なのです。サーモンによってアレルギーを発症したという報告もほとんどないので、肉アレルギーのある犬はサーモンを使用したフードを検討することができるでしょう。

もちろんサーモンを使ったフードだったら100%安心というわけではありません。

しかしすでに肉アレルギーを発症しているなら、低アレルギー食材として注目されているサーモンを使用したフードを検討することができるでしょう。

消化が良い

サーモンは消化に良い食材として知られています。

たんぱく質は犬にとって大切な栄養素なのですが、消化が難しいものもあります。特に食物たんぱく質源の小麦やトウモロコシ、大豆などは犬が消化を苦手としています。

その点、サーモンは動物性たんぱく質の中でも消化吸収が良いといわれています。消化吸収が良いということは胃腸にかける負担も少ないので、長生きをサポートするということもできるでしょう。

特に子犬やシニア犬やおなかが弱い犬にはおすすめの食材といえます。

栄養価が高い

Food nutrition facts

サーモンは非常に栄養価の高い食材ということでも注目されています。犬が必要としている栄養価が豊富に含まれているのです。

では特に注目できる栄養素を紹介したいと思います。

・高たんぱくで低カロリー

サーモンは肉同様に非常に高たんぱくな食材です。それでいて肉よりも低カロリーですので、体重が気になる肥満気味の犬にもおすすめです。

たんぱく質は犬が最も必要としている栄養素です。たんぱく質は犬の筋肉などの健康なからだ作りに欠かせない栄養素です。またエネルギー源でもあります。特に犬が必要としているのが動物性たんぱく質です。動物性たんぱく質の必要性は、子犬からシニア犬まで一緒です。

しかしシニア犬となると代謝が低下し、運動量も低下するためカロリーを消費しなくなります。そのため一般的なシニア犬用のフードを見てみるとカロリーを抑えたものが多くなっていますが、それに比例してたんぱく質量も抑えめになったものが多くあります。しかしシニア犬になってもたんぱく質は必要なので、高たんぱく低カロリーのサーモンはピッタリの食材ということができるでしょう。

・ビタミンが豊富

サーモンにはたんぱく質だけではなく、ビタミンも豊富に含まれています。特に健康な体つくりに欠かせないとされているビタミンB・D・Eが豊富に含まれています。

ビタミンB12は貧血を予防する効果があるとされていますし、ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあるので、健康な足腰を作るサポートといえるでしょう。さらにビタミンEには抗酸化作用があるので、老化防止効果が期待できます。

・オメガ3脂肪酸

犬が必要としている栄養素のひとつに脂質がありますが、その中でもオメガ3脂肪酸は大切です。

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つで、これらは体内で生成できないため食事から摂取しなければなりません。しかもオメガ3脂肪酸は植物性油脂には含まれておらず、なかなか摂取が難しい脂肪酸です。ですからオメガ3脂肪酸が多く含まれているサーモンは犬に最適な食材といえます。

オメガ3脂肪酸の良いところは皮膚トラブルに役立つと言われています。ですから食物アレルギーやアトピーなどで皮膚疾患に悩んでいる犬にピッタリといえるでしょう。

そして「DHA・EPA」も豊富に含まれています。これらは脳や網膜の健康維持をサポートする効果があるので、特に成長期の仔犬にお勧めです。さらに炎症を抑えたり、抗アレルギー作用、がん予防、中性脂肪の低下など等健康維持をサポートする効果が絶大なのです。

・アスタキサンチン

アスタキサンチンとは自然界にある赤い色素のことですが、非常に強い「抗酸化作用」があることで注目されています。その高い抗酸化作用によって、人間が使用する化粧品やサプリメントなどといった形で使用されています。

アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンCの6,000倍、ビタミンEの500倍ともいわれています。

私たちも犬も同じで、活性酸素によって細胞が酸化することで老化が始まったり、病気になったり肌のトラブルを起こします。ですから抗酸化作用の高いアスタキサンチンを摂取することで、抗酸化力が高まり細胞の老化を抑えたり病気を予防することが期待できるのです。

サーモンを使ったドッグフードの選び方

このようにサーモンを使ったフードには多くのメリットがあることがわかったのではないでしょうか?

ではここからはどのようにフードを選んだらよいのかポイントを紹介したいと思います。

・サーモンの含有量が多いもの ・グルテンフリー(穀物不使用) ・合成添加物不使用 ・アレルギーが気になる場合は肉を使用していないもの

では見てみましょう。

サーモンの含有量が多いもの

せっかくサーモンを使ったフードを選ぶのでしたら、サーモンの含有量が多いものを選びたいですね。

ドッグフードに記載されている原材料欄は、多く使用している原材料順に記載されています。ですから特に第一原材料から第三原材料までを注目してみましょう。

サーモンがメインになったフードを探している場合は原材料欄の一番最初にサーモンがきているものを選びましょう。しかし一番最初にサーモンが来ていればそれで安心というわけではありません。サーモンに続く原材料にも注目してみてください。

特に第二、第三原材料に何があるか見てください。もしも「小麦、トウモロコシ、大豆」といった穀物がずらっと並んでいる場合は要注意です。もしも穀物の量が多いとトータル的に見た時、サーモンの含有量よりも穀物の含有量が多い等こともあるのです。

これでは他の問題が出てきます。この点は次に続きます。

グルテンフリー(穀物不使用)

せっかく消化に良いサーモンを使ったフードを選ぶのでしたら、穀物は使用していないドッグフードを選びましょう。

なぜなら、穀物は犬が消化吸収を苦手としている食材だからです。犬は人間と違って穀物を消化吸収するためのアミラーゼという酵素が唾液に含まれていません。また胃も小さく腸も短いため、穀物の消化に適していないのです。その結果消化不良を起こしたり、アレルギーを発症する結果になるのです。

サーモンは上記でも述べたように消化が良いというメリットがあります。消化器官が未熟な仔犬や胃腸の弱った犬、シニア犬の内臓にも負担を欠けない食材です。

なのに消化の良くない穀物が使用されていたら全く意味がないということができるのではないでしょうか?

わざわざサーモンのドッグフードを選ぶ意味がないかもしれませんね。

消化の悪さによる胃腸への負担や、アレルギー発症といった点からも穀物が含まれていないグルテンフリーのものを選ぶようにしましょう。

合成添加物不使用

犬の健康のためにも合成添加物を使用していないものを選ぶようにしましょう。

私たち人間が食べるものを選ぶ際も、極力添加物不使用のものを選ぶようにするのではないでしょうか?それは点Kぁ物が体に与える影響を知っているからです。

多くのドッグフードに含まれている着色料、保存料、香料などの中には発がん性、内臓疾患、染色体異常、アレルギーといったリスクが高いものもあり、諸外国では使用が禁止、制限されているものもあります。

ドッグフードに使用する添加物の規制は緩いため、人間が食べるものへの使用は禁止されていてもドッグフードへの使用は許可されている添加物も多くあります。

ですから体に害があるとされている合成添加物が使用されていないを選ぶようにしましょう。

サーモンがメイン原材料になっているおすすめドッグフード

ではこれらを踏まえておすすめのサーモンを使用したドッグフードを見てみましょう。

フィッシュ4ドッグ スーペリア

「フィッシュ4ドッグスーペリア」はイギリス原産のサーモンをメイン原材料にしたグレインフリードッグフードです。

・原材料

サーモン、ポテト、サーモンミール、エンドウ、サーモンオイル、サーモンダイジェストビタミン&ミネラル、乾燥海藻ミール、酵母抽出物、モルト抽出物、緑ムール貝抽出物、スピルリナ

・成分

粗たんぱく質26%、粗脂肪12%、粗繊維2.5%、粗灰分7%、水分8%、炭水化物44.5%、オメガ6脂肪酸3.3%、オメガ3脂肪酸1%
出典:https://www.amazon.co.jp/フィッシュ4ドッグ(Fish-Dogs)-スーペリア-アダルト(成犬)-3kg(1-5kg×2P)/dp/B00BERL38Q/

たんぱく源として新鮮なサーモンを使用していますが、このサーモンはホルモン剤や成長促進剤を一切使用せずに養殖したサーモンのみを使用しているので安心です。

また消化に良くないアレルゲンともなる穀物は使用していないので、穀物アレルギーのある犬も安心して食べることができます。穀物を使用していないと腹持ちが良くないというデメリットがありますが、その点はポテトとえんどう豆を使用することで解決しています。

そして合成添加物も一切使用していません。オイルを使用しているドッグフードは酸化しやすいという問題点がありますが、フィッシュ4ドッグでは天然由来の「サンフラワーオイル、ローズマリー、ミックストコフェロール」を酸化防止剤と使用しているので安全性が高いということができるでしょう。

アーテミス オソピュア サーモン&ガルバンゾー

アーテミス オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー ドッグフード

肉食動物である犬の生来の食性に着目したグレインフリー(穀物不使用)のドッグフード

アーテミスはアメリカ原産のドッグフードで、アメリカの雑誌「The Whole Dog Journal」でも賞賛されている人気の高いドッグフードです。

・原材料

フレッシュサーモン、ドライサーモン、ガルバンソー豆(ひよこ豆)、えんどう豆、ヒラマメえんどう豆粉、ヒマワリオイル、トマト絞り粕(リコピン)、フラックスシード、チキンスープ(天然風味料)、塩化コリン、乾燥チコリ根、ユッカシジゲラエキス、パンプキン、ココナッツオイル、ラクトバチルスアシドフィルス、ビフィドバクテリウムアニマリス、ラクトバチルスロイテリ、ビタミンE、キレート鉄、キレート亜鉛、キレート銅、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、チアミン硝酸塩(ビタミンB1)、キレートマンガン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンD、葉酸となっています。
出典:https://www.amazon.co.jp/アーテミス-アーテミス-オソピュア-グレインフリー-サーモン&ガルバンゾー-4-5kg/dp/B01JHKCKCY/

穀物を一切使用せず、人間も食べることができるヒューマングレードの原材料のみを使用しています。

メイン原材料には新鮮なサーモンとドライサーモンをたっぷり使用しており、サーモンからのたんぱく質量が豊富です。

また次に多く配合されているひよこ豆(ガルバンゾー)は、ビタミンB1やカルシウム、カリウムが豊富で、犬の健康サポートをしてくれます。

不要な添加物は一切使用せず、酸化防止剤として天然由来の「アスコルビン酸」を使用しているので安心して愛犬に与えることができます。

アディクション サーモンブルー

アディクションサーモンブルーはニュージーランド産ドッグフードです。

アディクション社はペットのアレルギーや病気を少しでも改善したいという思いでペットフーズの研究開発を行っています。そのため体に良くないとされている不要な添加物は一切使用されていません。またアレルギーに配慮した原材料のみを使用しています。

・原材料

サーモン粉、ポテト、タピオカ、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、エンドウ豆、天然香料、フラックスシード全粒粉、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、ドライほうれん草、ビール酵母、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、塩化ナトリウム、タウリン、塩化コリン、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、ローズマリーエキス、緑茶エキス、スペアミントエキスとなっています。
出典:https://www.amazon.co.jp/アディクション-ドッグフード-グレインフリー-サーモンブルー-1-8Kg/dp/B001PRXIQA/

こちらもメイン原材料は、ニュージーランド産の天然サーモンをたっぷり使用しています。ですから消化に良く低アレルゲンですので、胃腸の弱い犬やアレルギーのある犬も安心して食べることができるでしょう。

またポリフェノールが豊富なクランベリーやブルーベリーを含んでいるので、抗酸化作用や泌尿器系のケア効果が期待できます。

酸化防止剤としては天然由来のローズマリーエキスや緑茶エキス、ミントエキスを使用しているので、安心して愛犬に与えることができます。

まとめ

今回はサーモンがメイン食材になっているドッグフードについて紹介してきました。

最近は食物アレルギーを持つ犬が増えてきており、低アレルゲンの「サーモン」を使用したドッグフードが注目されています。

サーモンはアレルギーを起こしにくいうえに、消化にもよいので胃腸の弱い犬も消化器官に負担を欠けないのでメリットがたくさんある食材です。

アレルギーが気になる犬や、消化機能が弱っている犬はぜひサーモンを使用しているフードをおすすめします。ぜひ新たなフード、またローテーションフードの一つにサーモンがメインになったフードを試してみてはいかがですか?

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ