コモンドールってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

コモンドールってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

モップが動いているようにしか見えない!と話題のコモンドール。 頭のてっぺんから足の先、尻尾の先までモップのような被毛で覆われています。 これは、もともとオオカミなどから家畜を守るお仕事をしていた彼らの身体を守るためのものなんだそう。 ハンガリーの国犬でもあり、国宝にもなっています。 そんな一度みたら忘れられない、大きなぬいぐるみのようなコモンドールの魅力をたっぷりご紹介します♪

コモンドールって?

Komondor (Hungarian sheepdog) posing in the park

コモンドールは、ハンガリー原産の大型犬です。

その見た目がとてもインパクトがあり、なんといっても全身にひも状の被毛があるので、まるでモップのように見えるんです。

ハンガリーではこの犬種は国犬として愛されており、そして2004年に国宝にも指定されています。

もともと、羊を害獣から護るために飼育されていました。

日本では、暑さがとにかく苦手なこの犬種に日本特有の気候が合わないことや、大型犬特有の運動量の多さと飼育環境の整備の難しさ、そして被毛のお手入れの難しさゆえに希少な犬種となっています。

今でも、ハンガリーやアメリカで実用犬として飼育されています。

ドッグショーでも活躍することも増えてきました。

とってもユニークなこの犬種は現在も安定した人気を持ちますが、お手入れが大変なのでペットとして飼育されることは少ないようです。

コモンドールの歴史

Komondor dog in the  mountains

コモンドールは、古くから存在している犬種です。

その古い歴史の中の生い立ちはよくわかっていませんが、16世紀にはコモンドールという名前で呼ばれていて、それ以前から存在していたことがわかっています。

ルーツとしては、中央アジアにいたロシアン・オッタルカという犬だと考えられています。

コモンドールという名前の由来ですが、当時中央アジアにあった「クモン(Cumon)」という土地や、そこにいた遊牧民の名前から来ているという説があります。

また、「コマンダー」という牧羊犬の命令者という意味から来ているという説もあります。

名前の由来に関しては確かなことはわかりませんが、ハンガリーで牧羊犬として活躍してきたことは事実です。

中央アジアにいたコモンドールの祖先犬は、その飼育者であったクモン人たちととともに、モンドル人から追われて西に移動し、その途中で他の土地にいた犬との交雑を重ねてその姿を変えてきたようです。

そして11世紀頃にはハンガリーにたどり着き、その後13世紀にはカルパチア山脈に住むようになったようです。

とはいえ、このときはまだ現在のようなモップのような被毛を持っていたわけではありません。

カルパチア山脈で、羊の群れを護る仕事をしていた中で、そこの土地で生きるため、そして仕事をするのに適した犬種として選択繁殖が繰り返されました。

そのなかで、15世紀頃に、オオカミなどを含む鋭い牙を持つ害獣から身体を保護するための厚く、固い被毛を持つように改良されていったようです。

また、羊の中にいてもわからないような体格と見た目を持つように選択繁殖がなされてきたとも言われています。

ハンガリーの牧畜民たちと長い年月のなか、貴重な家畜を護るための優秀なパートナーとして過ごし、仕事をしてきた犬種だということがわかります。

それで、安定した頭数を保っていました。

しかし、やはり20世紀の2回の世界大戦野中で彼らも数が減少してしまいました。

ハンガリーなどにいたコモンドールの愛好家や牧畜民たちは、戦後似その数を増やすために努力を重ねます。

そして現在、牧畜犬としてだけでなく、番犬として郊外でも飼育されたり、近年ではドッグショーで活躍したり、少数ながらもペットして愛されています。

コモンドールの特徴

Full length portrait of Hungarian shepherd dog on red background

コモンドールは、優しくて勇敢で、その見た目もユニークで魅力的な犬種です。

しかし、見ての通り被毛のお手入れは難しいですし、大型犬として飼育するためにはその特徴をよく知り、適切な飼育環境と訓練をする必要があります。

では、コモンドールの身体的、また性格的な特徴を調べてみましょう。

身体を守る被毛

コモンドール最大の特徴とも言える、ひも状の被毛は「コード」と呼ばれることもあります。

この被毛は、なんと3重にもなっているんです。

まず、アンダーコートは羊毛のように細かくてやわらかく、ミドルコートは水をはじくことができるほど油分が多くなっています。

そのうえのオーバーコートが巻き付くことによって、あの特徴的な被毛ができあがります。

この被毛は、もともとオオカミなどから家畜を守る役目を果たしていたコモンドールの命を守るものとなってきました。

オオカミなどが持つ鋭い牙に噛みつかれても、牙が奥まで到達しないようになっているのです。

つまり、彼らにとってその被毛はまるで鎧のようなものなのです。

さらに、過酷な自然環境の中でも耐えられるようになっています。

外で寒さや雨風、そして危険などに立ち向かいながら仕事をするために適した被毛なんですね。

それで、寒さにはかなり強い犬種となります。

しかし、暑さはかなり苦手です!

それで、高温多湿にもなる日本の気候は合っていませんので、飼育頭数はかなり少ないです。 通年を通して涼しいような、むしろ寒い気候の地域に適していますので、海外での飼育が多くなっています。

ちなみに原産国であるハンガリーの夏の平均気温は22度前後のようです。

それで、夏場でそれくらいの環境であれば大丈夫、ということになります。

この被毛、じつは子犬のときはまだコードになっていません。

子犬のときは、ウェーブのかかった被毛をもつ、まるで被毛を短くカットされたプードルのような見た目をしています。

しかし成長していくについれてだんだんとひも状になっていき、2~5歳ごろに完成するようです。

被毛の長さが揃い、完成するまでの期間は個体によって差があります。

日本で飼育するならば、常に涼しい環境を整えてあげることと、被毛のお手入れに関する知識も必要です。

コモンドールの被毛は、鎧のように全身を守っているわけですが、お手入れが大変です。

ひも状の毛に、ゴミや抜け毛などが絡まりやすいので、汚れやすいという特徴があります。

そして通気性が悪いので、皮膚が蒸れやすくなっていますので、定期的なケアが必要です。

ブラッシングはコームが入らないのでできません。

それで、毎日手でゴミや抜け毛などを取り除いたり、もつれた被毛をほぐしてあげるなどのケアが必要になります。

汚れている部分を切ったり抜いたりします。

汚れがひどくなってきたらシャンプーをしてあげます。

シャンプーをするときも、数人がかりで行います。

一本一本のコートをほぐれないようにしながらも丁寧似洗、タオルで一本一本丁寧に拭いていきます。

そして、乾燥もしっかりと行わないと、皮膚が蒸れて皮膚病に繋がります。

しかし、その被毛は簡単には乾きませんので、乾くまでには丸一日かかることもあります。

なので、コモンドールのシャンプーなどのお手入れは専門家にお願いするのが一番ですので、それが可能な環境にあるかも飼育をする前にチェックしておきましょう。

シャンプーは、実用犬として飼育されているものは年に1回程度、ペットとして飼育されている場合は1ヶ月に1回程度行うことが多いようです。

とはいえ、1ヶ月に1回このおおがかりなシャンプーを数人がかりで行うことも大変なので、間z年いコートを刈り取って飼育されている場合もあるみたいですね。

被毛の色はアイボリーのみとなっています。

体高と体重

コモンドールは、全身が被毛で覆われているために、その体型や顔つきがあまりよくわかりません。

しかし、一旦被毛を取り除くと、その筋肉質な体つきにびっくりするかもしれません。

まるでマスティフのような筋骨隆々な体格をしています。

もともと護畜犬として活躍していた犬種ですので、勇気がありそして、高い運動能力をもっています。

危険を感じたときには、すばやく行動できるのです。

しっかりとした骨格と筋肉質な肉体を持つ、勇敢な戦士といった感じですね。

歩く姿も、大きな歩幅で堂々としています。

とても大きな体をもちながら、軽やかな足取りで歩きとても活発です。

顔は、アーモンド型の目をもち、マズルは太く短めです。

耳は三角形のたれ耳です。

体高はオスで70~80cmほど、メスで60~70cmほどになります。

体重もオスで50~60kg、メスで40~50kgほどです。

体高よりも体長が長い体型をしています。

首は長く、頭部も大きめです。

尻尾は垂れていて長いです。

これほど大きく、がっしりとした体格をしているので、力もかなり強いのは当然です。

攻撃的な犬種ではありませんが、警戒心は強いので、しっかりと訓練して、行動をコントロールできるようにしておかないと、大人の力でも手に負えなくなってしまうこともあるでしょう。

大型犬であり、ご畜犬としてお仕事をしてきた犬種です。

それで、非常に活発であり運動量もたくさん必要とする犬種であるということを覚えておかなくてはいけません。

お散歩は毎日1時間以上を、2回行う必要があるでしょう。

さらに、自由に動き回れるスペースが必要でしょう。

それで、広い庭などがあり、コモンドールが常に活発に過ごせるような環境を整えるとともに、毎日のお散歩が必要というわけです。

もし、家に自由にうごきまわれるお庭などがないという場合であれば、近くにドッグラン等があるとよいでしょう。

運動不足になるとストレスがたまり、その結果心身の健康を害したり、問題行動が増えるといったことに繋がります。

それで、運動不足にならないように、飼育には十分なスペースを用意してあげましょう。

しつけに関しても、やはり体を動かしながらの訓練が向いているようです。

ドッグスポーツなども訓練の一環として取り入れてみてはどうでしょうか?

コモンドールの寿命

コモンドールは10~12年ほどの寿命です。

大型犬なので、平均的といえるでしょう。

大型犬特有の病気になりやすいので飼育の際に気をつけたり、年齢に合わせて適切な量の良質なフードを与える事によって健康を管理してあげることができるでしょう。

コモンドールの性格

Komondor (Hungarian sheepdog) laying down in a green grass

大きく、力が強いコモンドールですが、基本的にとても優しくて知的な性格をしています。

活発ですが、穏やかで落ち着きがあります。

家族への愛情が深く、忠実です。

子どもや弱いものを守ろうとする、優しい性格です。

家族を護るために勇敢に行動しますが、見知らぬ人に対してなつくことはあまりありません。

しかし、プライドが高く自立心も強いので、飼い主さんとの主従関係はしっかりと築いておく必要があります。

とくに、成長していくと我が強くなっていきます。

頑固で支配的になる傾向がありますので、小さいときから、しっかりと訓練して飼い主さんを自分のリーダーだとはっきりと認識させるようにしてください。

リーダーシップが取れない飼い主の指示には従わないことがあります。

とても賢い犬種なので、そのようにしっかりと訓練すれば忠実で、とても優秀なパートナーになってくれますし、番犬にもなれます。

家畜を襲おうとするオオカミに勇敢に立ち向かっていくほどの勇気と強さをもっている犬種ですので、力はかなり強いです。

それで、問題行動をおこなさないように、しっかりとしたトレーニングとストレスを与えないことを意識するながら、攻撃的になることはあまりないでしょう。

大型の自立心やプライドのある犬種なので、飼い主さんとしては甘やかしすぎる人や初心者のかたにはあまり向いておらず、けじめのあるしつけができる方が向いているでしょう。

賢いので、リーダーシップが取れて信頼される人であれば、特別しつけが難しいわけではありません。

子どもの他の犬など、家族とも仲良くやってくれます。

そして見知らぬ人に対する警戒心は強めです。

見知らぬ人や子どもなどがしつこくすると怒ることがあるようなので、あまりしつこくしないように注意しましょう。

コモンドールのかかりやすい病気

Komondor (Hungarian sheepdog) laying down in a green grass

コモンドールは基本的に頑丈な犬種と言われています。

しかし、被毛が分厚く蒸れやすいので皮膚病にかかりやすいので、被毛のケアはとても大切です。

抜け毛を取り除いたり、被毛のお手入れをしてあげないと通気性が悪くなってしまいますので、ぜひとも毎日コミュニケーションの一貫としてもお手入れをしましょう。

さらに、大型犬がかかりやすい病気にも気をつける必要があります。

特にコモンドールも発症しやすい病気について知識をもち、できる予防をしましょう。

胃捻転

胃捻転は、よく胸の深い犬種で見られる病気です。

大型犬に多いとされていますが、小型犬でもダックスフンドなどにも多いとされています。

この病気は、何かの原因によって胃が捻れ、胃の中にガスが溜まって胃拡張をおこし、胃が捻転してしまう病気です。

こうなると、臓器が圧迫されてしまったり、血管なども捻転して血液循環がうまくいかなくなったりします。

早めに見つけ処置をすることが大事だと言われていますが、最悪の場合には死に至ることもあります。

症状としては、初期の場合お腹が膨れていたり、呼吸が苦しそうになったり、吐きたいのに吐けないような状態が見られたり、元気がなくなったり、よだれが大量にでたりします。

とはいえ、このような症状がはっきりと現れていなくても検査をしたところ、胃捻転だったというケースもありますので、日頃から様子の異変に気づいたら医師に見てもらうようにしたほうが良いでしょう。

原因はまだはっきり解明されているわけではありません。

しかし、早食いをしたり、水をがぶ飲みしたり、あるいは運動のあとに食事や水をとったりすることによってリスクが上がると言われています。

ほかにも、以前は高い台を使って食事をすることによってリスクを下げると思われていたのですが、じつはその逆だったということが研究によって明らかになっているようです。

それで、高い台での食事を避けることや、一度に大量の食事を与えないこと、早食いをさせない、運動後に水を大量に与えない、食事中や食後はゆっくりと過ごせるようにするなどの予防をすることができます。

股関節形成不全

股関節形成不全も大型犬によく見られます。

太ももと骨盤をつなぐ股関節が異常な状態のことを股関節形成不全といいます。

見られる症状として、うさぎ跳びのような動きをする、歩いていると腰を左右にふる、運動を嫌がる、座ったときに後ろ足が上手にたためないなどがあります。

生後6ヶ月ごろから異常が見られ始めることが多いですが、2,3歳になってからわかることもあります。

遺伝性の原因と発育期の環境が原因として上げられています。

とはいえ、発症する7割は遺伝性でありますので親犬などがこの病気をもっているとリスクがかなり高いことになります。

また、発育期の環境としては、骨の成長期に当たる生後60日間に、股関節に大きな負担を与える事によって引き起こされることがあります。

肥満ももちろん負担がかかりますので、よくありません。

とくに大型犬は、成長のスピードがとても早いですので、その分急激な負担が関節にかかってしまい発症しやすいといわれています。

だからといって、栄養を与えすぎるのはよくありません。

栄養の与えすぎによって発育に対して骨や関節の成長が追いつかなくなるからです。

それで、良質のフードを適切な量与え、過度の運動や肥満に気をつけることが大事になります。

眼疾患

コモンドールは、顔にも被毛がかかってしまいます。

それで、眼疾患にもなりやすいといわれています。

充血していたり、めやにが多くなったり、目をしょぼしょぼさせているなどの様子の変化があったら、医師に適切な治療をしてもらいましょう。

目の中に被毛が入ってしまうことで眼疾患になりやすいですので、普段はクリップなどで被毛を留めてあげるなどの工夫をすることができるでしょう。

コモンドールのおすすめドッグフード3選!

Dog of the breed Komondor

筋肉質で骨格もしっかりとしているコモンドールには、その運動量に見合ったフードを与えたいと思いますよね。

さらに、股関節形成不全になりやすいということなので、関節をサポートしてくれる成分が入っていると嬉しいですね。

また皮膚を健康に保つことをサポートしてくれるフードもよいでしょう。

ということで、コモンドールにおすすめのフードを3つご紹介します。

アランズ

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフードは、ナチュラルフィーディングを理念にしていて、これは、犬の遺伝子や生理機能似合わせて自然な形での食事を与えるという考え方です。

それで、本来犬にとって必要な栄養バランスを考え、良質なタンパク質を肉から摂取し、多様な穀類と、消化の良い野菜とハーブから炭水化物とビタミン、ミネラルを摂取できるように考えられています。

人工添加物などは一切使用せず、無添加で作られているから安心です。

関節を丈夫にしてくれるビタミンDも豊富に含まれているので関節疾患を患いやすいコモンドールにもおすすめできますし、カルシウムが骨を丈夫にしてくれるでしょう。

アランズナチュラルドッグフードの評判って?気になる成分や口コミを教えます!

大切な愛犬だから、与える毎日の食事はこだわりたい。そう思っている飼い主さんも多いですよね。そんな愛犬思いの飼い主さんにおすすめしたいのが、アランズナチュラルドッグフード。自然給餌(ナチュラルフーディング)の考え方を取り入れたアランズナチュラルフードについてまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%88%90%E5%88%86%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンにはミネラル、ビタミン、アミノ酸を含む海藻が使用されていて、オメガ3脂肪酸が含まれているので、皮膚や被毛のケアができます。

皮膚病を患いやすいコモンドールにもうれしいですよね。

そして、穀物を一切使用せず、チキンやサーモンなどの動物性タンパク質が50%以上となっているので、筋肉質な身体を持つコモンドールにもよいでしょう。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

ビオナチュール

アマナグレイスの『ビオナチュール』

皮膚病を患いやすい犬にとって、新鮮な原材料を使用していること、また酸化した油を使用していないことをクリアしたフードを与えることがだいじになります。

この点で、無添加にこだわっていて、さらに自然の天然原料を使用して作っているオーガニックフード、ビオナチュールもおすすめです。

さらに、関節サポート成分を配合しているので、これもまたコモンドールには嬉しいレシピとなっていますね。

アマナグレイス「ビオナチュール」のドッグフードってどう?評判と口コミ!

アマナグレイスが販売するドッグフード、ビオナチュールは素材の栄養素がドライフードから摂れるように低温調理を使用して作られているのが特徴の一つです。実際のところはどうなのでしょうか?今回はその原材料やみんなの評判についてまとめてみました!

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%80%8C%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%EF%BC%81

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

Portrait of komondor

まるでモップのような大型犬、コモンドール。

被毛のお手入れが大変なことや、日本の気候が合わないということで飼育は簡単ではありませんが、とても優秀で魅力的な犬種であることは間違いありません。

飼育する際には、この犬種の特徴や性格を考慮し、適切な環境を整えましょう。

家族に迎えればその愛情深く勇敢な姿に、きっともっと惹きつけられてしまいますよ。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ