コストコにあるドッグフード「カークランド」ってどう?原材料や評判口コミ!

コストコドッグフードの「カークランド」という商品をご存知でしょうか?カークランドシグネチャードッグフードとは、アメリカで支持されているコストコのプライベートブランドのことです。実際のところはどうなのでしょうか?今回はその特徴や原材料、みんなの評判をまとめてみました!

コストコドッグフードの「カークランド」とは?

カークランド

コストコドッグフードの「カークランド」という商品をご存知でしょうか?カークランドシグネチャードッグフードとは、アメリカで支持されているコストコのプライベートブランドのことです。

1995年からカークランドシグネチャー製品の販売が始まり、それ以来たくさんの製品がカークランドシグネチャー製品として販売されてきました。

カークランドシグネチャー製品は、高品質なのに格安のためアメリカで最も支持されてきたのです。そのカークランドシグネチャー製品の中の一つがドッグフードなのです。このドッグフードも高品質なのに格安なので、コストコが好きな人には認知度が高い商品で、人気です。

ドッグフードのこの商品は、カークランドシグネチャー製品のドッグフードなので、安く購入するためにはコストコで買う必要があり、基本的にコストコの会員になる必要があります。また、カークランドシグネチャー製品のドッグフードはAmazonや、楽天市場などのネット通信でも買うことができます。しかし、コストコで購入するよりも値段が高くなっていますので安く購入したい人は、コストコで買う方が良いでしょう。

カークランドシグネチャーのドッグフードは、サクサクのキブルに工夫されているので、犬の歯の健康を助けて歯石が付きにくい特徴があります。 カークランドシグネチャー製品のドッグフードには、「プレミアムドッグフード」とすべて記載されています。では商品の品質、原材料はどうなっているのでしょうか?これから見ていきたいと思います。

コストコドッグフード「カークランド」の原材料とは?

では、コストコドッグフードの「カークランド」の原材料を見ていきましょう。「カークランドシグネチャースーパープレミアムドッグフード・ラム」(成犬用18.14�s)を一例にして原材料や成分を見ていきます。

「カークランドシグネチャースーパープレミアムドッグフード・ラム」は、米国AAFCO試験適合品になります。米国では原料の安全性や栄養バランス等にレベル基準を設けており、基準を満たした商品がAAFCO試験適合品の表示をすることができるのです。成犬に必要な栄養バランスが考えらた美味しいドッグフードです。18.14kgの大容量ですから、多頭飼いの人にはおススメです。

原材料

原材料はラム・ラムミール・玄米・米ぬか・米・卵類・精製麦・鶏脂・ビートパルプ・ジャガイモ・フィッシュミール・フラックスシード・調味料・イースト・キビ・えんどう豆・ニンジン・ケルプ・リンゴ・スキムミルク・クランベリーパウダー・塩化カリウム・食塩・塩化コリンです。

他にも、ミネラル類・ビタミン類・ローズマリーエキス・グルコサミン/コンドロイチン・パセリ・チコリールートです。

保証成分

粗蛋白質23.0%以上・粗脂肪14.0%以上・粗繊維4.0%以下・粗灰分7.5%以下・水分10.0%以下・ビタミンA15,000IU/kg以上・ビタミンD800IU/kg以上・ビタミンE150IU/kg以上・オメガ6脂肪酸2.2%以上・オメガ3脂肪酸0.4%以上

基本情報

「カークランドシグネチャースーパープレミアムドッグフード・ラム」18.14kgの大容量で価格は、5,363円(Amazon参考)です。1kg当たりの値段は約296円という価格になります。一般的なドッグフードは、1kg当たりの値段がおよそ1,000円位と言われているので、相場のドッグフードとしては、1kg当たりの値段が非常に安いと言えるでしょう。

この価格は、激安ドッグフードに並ぶほどの低価格になります。コストコのお店で購入するならば、さらに安く購入することができるので、日本で最安値に近いドッグフードになるのかもしれません。生産国はアメリカです。アメリカでも日本と同じように犬を飼う人がたくさんいます。アメリカでも愛犬の健康にとても気にするようになっているので、アメリカで支持されているということは、信頼できるドッグフードと言えます。

着色料というのは、食べ物の見た目を良くすることによって食欲増進に繋がったりしますが、犬のドッグフードにも着色料が使用されているものがあります。ドッグフードに含まれる着色料は、飼い主さんに対しての印象を良くするために配合されています。ですから、愛犬の健康を考えると着色料は使用しない方がよいですが、カークランドシグネチャーのドッグフードには、着色料は未使用ですし、添加物が最小限に抑えられていますので、安心です。

激安ドッグフードの材料には、コストを低くするために植物性素材が第一主原料に使用されることが多いですが、カークランドシグネチャーのドッグフードは、第一主原料に動物性素材のラムが使用されています。ラムはチキンと比べても食物アレルギーの原因になりにくい食材です。安い価格ですが、品質の良いドッグフードと言えるでしょう。

また、第二主原料にラムミールが使用されています。コストコドッグフードの「カークランド」は低価格なのにミートを大切にする考えが表れています。ですから、穀類が第一主原料になっている他の低価格のドッグフードとは一線を画すものとなっています。

そして、カークランドシグネチャーのドッグフードの第三原料に玄米が使用されていますが、玄米は全粒穀物ですから消化率が良く、栄養価が高いドッグフードです。高価格のドッグフードの穀物に玄米が使用されることが多いので、コストコドッグフードの「カークランド」は評価できます。

激安ドッグフードの材料には、トウモロコシや小麦、コーングルテンミール等が使用されており、消化率が悪く、食物アレルギーになりやすいものですが、カークランドシグネチャーのドッグフードにはそのような素材は使用されていません。

この低価格で大容量の場合、トウモロコシや小麦等のアレルギーを起こしやすい穀物が量増しに主原料に使用されるケースが多いですが、主原料にラムが使用されているのは評価できます。

カークランドシグネチャーのドッグフードの油脂には、鶏脂が使用されていますが、鶏脂には不飽和脂肪酸が多く、リノール酸であるオメガ6脂肪酸がたくさん含まれています。そして、フラックスシードにはオメガ3脂肪酸が含まれているので、皮膚や毛の健康に役立つのです。また、鶏脂肪は嗜好性を高める効果があるので、愛犬の食いつきにも良いでしょう。

さらに、えんどう豆・ニンジン・リンゴといった野菜や果物からビタミンを摂取できますし、ビタミンAやビタミンD、ビタミンEといったビタミン類が入っているので、愛犬の健康維持にも役立ちます。

犬は炭水化物を消化して吸収するのが苦手とされていますが、エネルギー消費が穏やかなジャガイモを使用することによって犬の身体の負担がかからないようにしています。 カークランドシグネチャーのドッグフードの使用している油が鶏脂となっていて、動物性油脂といったあいまいな表記でない為、品質も安心できます。

また、健康的なオイルとして知られる、亜麻仁油であるフラックスシードが入っています。高級志向のドッグフードにも使われるフラックスシードを低価格のカークランドシグネチャーのドッグフードが使用されているのです。

酸化防止剤としては安全性が高いローズマリーエキスが使用されています。自然素材を使用しているので愛犬の健康にとっては品質が高いと言えます。ただし、カークランドシグネチャーのドッグフードにはビートパルプが含まれています。

ビートパルプは、ほぼ不溶性繊維質ですから、腸の蠕動運動を促進し、便の硬さを良くする働きをします。しかし、ビートパルプは砂糖大根から砂糖を抽出する時に使用している薬品が残り、その副作用が心配されるものです。ですから、便秘・下痢といった可能性も出てくるので、好ましい素材とは言えないかもしれません。

カークランドシグネチャーのドッグフードには、たくさんの蛋白質と脂肪が含まれていますし、カークランドシグネチャーのドッグフードには、ジャガイモやニンジンといったたくさんの自然素材を使用しています。たくさんの野菜や果物といった自然素材が入っているドッグフードなので栄養バランスも良く安全性が高いと言えるでしょう。

カークランドシグネチャーのドッグフードは、ラム肉や野菜といった厳選された原材料を使用しているので、犬の成長促進の効果が期待できるのです。カークランドシグネチャーのドッグフードには、コストコ自社ブランドですから、宣伝費がかからないことや、業務サイズの販売等の理由でこの安さが実現できるのです。

コストコドッグフード「カークランド」の評判/口コミ

コストコドッグフードの「カークランド」の評判/口コミを見ていきたいと思います。カークランドのドッグフードを実際に使用した飼い主さんからの評判/口コミです。

「油が少ない分とてもヘルシーです。いろんなフードを試したが、これが一番飽きません。」

「よく食べます。ドッグフードにありがちな嫌な臭いがありません。良いドッグフード」

「カークランドのドッグフードはコストパフォーマンスが良いので使用しています。しかし、カロリーが高いようでカークランドに変えてから少し太りやすくなったような気がする」

「ラムが入っているので匂いが少し臭いです。糞の量が増えました」

「プレミアムドッグフードとしては安くて良い。しかし、量が多いので9kgにして欲しい」

「犬を一頭しか飼っていませんが、大きい体なのでこの値段は助かります」

「安い価格のドッグフードを買うなら、値段を考えてコストコのドッグフードがおススメだと思う」

「プレミアムドッグフードなのにすごく安い。でも肌荒れになり、うちの犬には向いていなかった」

「いろんな種類を試してきましたが、飽きずに喜んで食べているので美味しいと思います。値段も安いので助かる」

「多頭飼いですので、カークランドのドッグフードの量はお得で良いですし、食いつきがとても良いのでリピートしたい」

「多頭飼いには嬉しい価格です。うちの犬はチキン味が嫌いなのでラムのドッグフードで食いつきがすごい」

「カークランドシグネチャーのドッグフードは、低価格なのに質もそれなりに良いようなので買っている犬に与えています。でもコストコでしか購入することができないのが残念。普通のスーパーでも買えると良いのですが」

「ある程度の安さも必要でしたが、あまり低品質なドッグフードを与えたくなかったのでドッグフードについて調べてカークランドシグネチャーのドッグフードに行きつきました。小型犬には粒が大きくて最初は食べにくそうでしたが、今は慣れて問題はありません。小分けにして犬に出している」

「偏食の大型犬を飼っています。色々なドッグフードを試してきましたが、偏食のため拒否されました。ラム肉系ならば食べてくれることが判明したので、購入しました。カークランドシグネチャーのドッグフードに切り替えてから偏食の大型犬ですが、少し太ってきた」

評判/口コミのまとめ

コストコドッグフードの「カークランド」の評判と口コミをまとめてみると、カークランドの特徴である、低価格と内容量に満足している飼い主さんが多く見られました。やはり多頭飼いの飼い主さんには特に高評価になっています。

すべての犬を飼っている飼い主さんからの高評価というわけにはいきませんが、コストパフォーマンスも良く、品質も良く、良い仕上がりになっています。飼っている犬が一匹しかいない場合、コストコドッグフードの「カークランド」は大容量のため、使い切るためには時間がかかってしまいます。ドッグフードは、封を切ったら湿気を吸収して酸化が始まってしまいます。

ですから、ドッグフードの品質劣化やカビといったものを抑える工夫が必要になってきますので、開封後はしっかりと密封して空気に触れないようにすることが大切です。このことにより、カークランドシグネチャーのドッグフードは、コストコの特徴である大容量がデメリットと感じている飼い主さんもいるのです。

また、飼っている犬により体質も違うため、そのドッグフードが犬によって合う・合わないがあります。しかし、この低価格で動物性たんぱく質が摂取できるドッグフードはあまりありませんから、犬の健康上問題がなければ、続けても問題はなさそうに感じます。犬の食いつきも良ければ、味にも問題はないと考えられます。

コストコドッグフード「カークランド」のまとめ

ドッグフードというのは、毎日消費するものですからできれば安く抑えたいものですが、でも愛犬の健康維持を考えると品質の良さや栄養バランスを考えなければなりません。コストコのカークランドシグネチャーのドッグフードは、大容量で低価格を実現しています。

カークランドシグネチャーのドッグフードには、コストコ自社ブランドですから、宣伝費をかけないなどの企業努力が感じられます。カークランドシグネチャーのドッグフードは、大型スーパーのコストコがオリジナルで出している製品で、添加物をできる限り抑えている商品です。

カークランドシグネチャーのドッグフードは、低価格にも関わらず、第一主原料に動物性素材を使用していたり、トウモロコシや小麦を使用せず、自然素材を多く使用しています。肉中心にドッグフードが作られており、犬の健康を考え、食物アレルギーにも配慮されています。

安い価格のドッグフードには、低品質の原材料だったり、添加物が含まれていたり、ドッグフードの成分のほとんどを穀物主体になっていることが多い中、カークランドシグネチャーのドッグフードは低価格なのに、それなりの品質が良いものが入っているドッグフードと言えるでしょう。

製品の品質が気になることもありますが、添加物が最低限ですし、ミートミールといったドライ原料ばかりでなくて生肉や生野菜などを使用しているので、原材料全体を客観的に見て、太鼓判を押せるほどのものではありませんが、コストパフォーマンスはとても評価できます。

多頭飼いの飼い主さんにとっては、ドッグフードにあまりお金を使うことはできません。そう考えてみると、カークランドシグネチャーのドッグフードは価格も安い割には、品質もそれなりに良いものと考えられるのです。

カークランドシグネチャーのドッグフードは大容量な為、保存管理が心配になるかもしれませんが、何人かで一緒に購入して分けることもできるかもしれません。カークランドシグネチャーのドッグフードですが、どんな環境で育てられたラム肉を使用しているのか、お肉と穀物の割合はどれくらいなのかといったことが分かるようになっているとさらに良かったかもしれません。そのような情報を消費者に開示することによって、低価格でも安心してカークランドシグネチャーのドッグフードを購入できるからです。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。