穀物はダメ?愛犬のためにグレインフリーのドッグフードを知ろう!

穀物はダメ?愛犬のためにグレインフリーのドッグフードを知ろう!

年々増えている食物アレルギーを持つ犬。特に穀物に対してアレルギーを持っている犬は少なくない。普段愛犬が食べるドッグフードには穀物が含まれていないものが望ましい。特に下痢やおう吐、皮膚疾患といった症状がみられたらアレルギーの可能性があります。ドッグフードを変えるだけで症状が改善するかもしれない。

グレインフリーのドッグフードとは?

Gluten free

グレインフリーのドッグフードとは何でしょうか?

グレインとは「穀物」のことです。ですからグレインフリーとは「穀物を含んでいない」という意味があります。

一般的にグレインフリーのドッグフードというと、小麦やトウモロコシ、米を含まないものを指しますが、厳密には「イネ科の植物材料を含まない」ドッグフードをグレインフリーのドッグフードといいます。

どうして穀物が良くないの?

穀物

ではなぜグレインフリーのドッグフードがあるのでしょうか?穀物は体に良くないのでしょうか?

実は犬にとって穀物はいくつかの害があるのです。

消化不良

犬は元々肉食動物ですので穀物の消化に向いていません。 うまく消化ができないため胃腸に負担をかけて消化不良を起こします。

アレルギーを起こす

食べ物アレルギー

犬が食物アレルギーを起こす原因はたんぱく質なのですが、穀物に含まれるたんぱく質はアレルギーになりやすいといわれています。特に小麦やトウモロコシは犬がアレルギーを起こしやすい穀物です。

今まではなんともなくてもある日突然アレルギーを発症することがあります。 フードを食べた後に吐いたり下痢としたり、皮膚に発疹ができる、かゆがるといった状態が観察されたらアレルギーの可能性があります。

太る可能性

Fat pug dog sitting on marble floor.

穀物をたくさん摂取すると肥満の原因になります。

穀物は体内で分解されると糖質へと変化します。糖質は肥満につながることは皆さん知っていることでしょう。 糖質をたくさん摂取すると血糖値が上がって太りやすくなります。

実際穀物が使用されていないフードに替えたら、からだが引き締まったという犬は少なくないようです。

グルテンフリードッグフードのメリット・デメリット

merit&demerit

こうした理由からグレインフリーのドッグフードが注目されています。

ではグレインフリーのドッグフードのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

メリット(有用性)

グレインフリーのドッグフードのメリットは何でしょか?

最大のメリットは「穀物が入っていない」ということです。 上記でも触れましたが、犬は元々肉食動物です。ですから穀物を消化するような体のつくりになっていません。 穀物の消化に欠かせないアミラーゼという酵素がありませんし、穀物を消化するための長い腸もないので、たくさん摂取すると消化不良やアレルギーを起こしてしまいかねません。 消化できないものは体にたまっていくため、少しずつではあっても長期間食べることで蓄積され、ある日突然アレルギーが発症したり、免疫力が低下するということがあります。

ですからグレインフリーのドッグフードは穀物アレルギーの犬も安心して食べることができますし、アレルゲンである穀物が入っていないためアレルギーにあるリスクも低いといえます。そして消化に良くない穀物が入っていないので、消化に良く、栄養をしっかり吸収することができるでしょう。 免疫力が高まり、毛並みや便の状態が良くなるといったメリットもあります。

デメリット

リスク(デメリット)

ではグレインフリーのドッグフードのデメリットは何でしょうか? デメリットは2つ、値段が高いことと、腹持ちが良くないことです。

グレインフリーのドッグフードは比較的値段が高くなっています。 市販のドッグフードは、値段の安い小麦やトウモロコシをかさ増しに使用しているので安く販売できています。しかし穀物を使用しないということはその分肉や魚を多く使用するので、どうしても値段が高くなるのです。 市販の安いドッグフードは1キロ当たり数百円程度のものもあるので、1キロ当たり2000円3000円するグレインフリーのドッグフードは高く感じることでしょう。

また穀物を使用していないドッグフードは腹持ちがよくなく、満腹感が減ります。 穀物は消化に時間がかかるため満腹感が持続しやすいのです。 ですからグレインフリーのドッグフードを与えられている犬は、比較的すぐにお腹が空きやすくなります。

グレインフリーとグルテンフリー?

グレインフリー(グルテンフリー)

グレインフリーのドッグフードを調べていると、よく見かけるのが「グルテンフリー」という言葉です。

グレインフリーについては上記でも説明しましたが小麦やトウモロコシなどの穀物を使用していないことを指しますし、グルテンフリーは麦類に含まれているたんぱく質の一種であるグルテンを使用していないことを指します。

ですから穀物に対してアレルギーがある場合は、グレインフリーのドッグフードが良いですが、グルテン(麦類のたんぱく質)に対してアレルギーがある場合は、グレインフリーのドッグフードでもよいでしょう。

グレインフリードッグフードの選び方

ネルソンズ

愛犬の健康を気遣いグレインフリーの商品として安心できるドッグフードです!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、生後7ヶ月~7歳

犬の健康のためにもグレインフリーのドッグフードがよいことがわかりましたが、グレインフリーのドッグフードを選ぶ際に考慮していただきたいポイントを見てみましょう。 ポイントは3つです。

・人工添加物不使用 ・良質の動物性たんぱく質を多く使用 ・米が含まれていないもの

人工添加物不使用

ぜひ「無添加」のものを選ぶようにしましょう。

市販のドッグフードを見てみると、実に多くの添加物が使用されています。 ドッグフードには栄養のために油脂を使用していますが、油脂を使用しているということは酸化しやすいというデメリットがあります。酸化したフードは風味が落ちて品質も劣化するため、ドッグフードには酸化防止剤の使用が欠かせません。 しかしこれら酸化防止剤の中には健康被害を及ぼすものもあります。発がん性、アレルギーといったリスクが高いため、かえって犬に良くないのです。

他にもカラフルでおいしそうに見せるためだけに使用されている着色料、嗜好性を高めるために使用される香料や調味料なども、発がん性、アレルギー、内臓疾患などのリスクがあり、外国では子どもへの使用が禁止されているものもあるのです。

ですからこういった危険な人工添加物は使用していないドッグフードを選ぶようにしましょう。

良質の動物性たんぱく質を多く使用

fresh raw meat products on wooden table

穀物を使用していないドッグフードは、肉や魚の割合が多くなっています。しかしどれほどの割合で使用しているか明らかにしているドッグフードは信頼できますね。 良心的なドッグフードはどんな肉をどの程度使っているか、原材料欄に表記しています。

また使用している肉の品質もチェックしましょう。 市販のドッグフードの中には粗悪な原材料を使用しているものもあり、栄養価が少なく消化に良くないものもあります。

例えば「副産物、ミール、エキス」といった表示がある時は要注意です。 食用として取り除いた残りの部位(鶏のとさか、くちばし、骨、羽根、血液、足など)を乾燥粉砕して用いたり、事故や病気で死んで腐った肉を使用している可能性もあるのです。

ですから良質の動物性たんぱく質を多く使用している、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

米が含まれていないもの

グレインフリーといっているドッグフードの中には、完全に穀物を使用していないものもあれば、犬がアレルギーを起こしやすい「小麦、トウモロコシ、大豆」を使用していないものをグレインフリーとして販売しているドッグフードもあります。

ですからグレインフリードッグフードの中には、「米」を使用しているものもあるのです。 たしかに米は消化にも良くアレルギーを起こしにくい食材なのですが、炭水化物なので体内で糖質へと変化し太りやすいのです。 つまりグレインフリーとはいえ、米が含まれていると肥満になる可能性があるといえるのです。

米や白米、玄米などには注意しましょう。

おすすめのドライタイプのドッグフードはこれ!

ではこれらを考慮し、おすすめできるドッグフードをいくつか紹介したいと思います。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンはイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。

かさ増し目的のトウモロコシや小麦などの穀物は一切使用せず、愛犬が栄養を摂取できるもののみを使用しています。 使用している原材料はすべて人間でも食べられるほど、高品質で新鮮なものを厳選して使用しています。

メイン原材料はイギリスの高級な平買い生チキンと乾燥チキンを55%以上使用しています。 消化が良く高たんぱく質でビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、免疫力を保つセレンも含まれています。

穀物を使用しないことで生じる腹持ちの悪さには、サツマイモを使うことで解決しています。 サツマイモは消化が良い炭水化物源ですが、時間をかけてゆっくり消化するので体に負担をかけず、腹持ちを良くします。

また体に害となりかねない保存料、着色料、合成酸化防止剤は一切使用していません。 天然由来の安全性の高い「ミックストコフェロール」を酸化防止剤として使用しています。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンは健康的で食いつきの良い本当のフードを作りたい。という思いから生まれた新しいドッグフードです。 犬にとっていらないものはできるだけ省き、必要なものだけをたっぷり取り入れたフードです。 その結果、なんと93.3%が継続したい!97.8%がフードを食べた!と述べているほど満足の食いつきが感じられるはずです。

モグワンで使用している原材料はすべてヒューマングレードです。 そして使用している動物性たんぱく質は50%以上!イギリス産の平飼い新鮮なチキン生肉と北欧産の生サーモンをふんだんに使用しているので食いつきが違います。 さらに愛犬にとって消化吸収がしにくい穀物は一切使用していません。なので穀物アレルギーの犬も安心して食べることができます。

そして着色料や香料といった人工添加物も一切不使用です。 酸化防止剤には天然由来の安全性の高いものを使用しています。

このようにモグワンは良質なタンパク源を使用し、穀物や添加物が不使用なので、消化機能が低下しがちなシニア犬にもおすすめです。消化器官に負担をかけずしっかり消化できるので、必要な栄養素をしっかり摂取でき、健康な体つくりのサポートができます。

ナチュロル

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ナチュロルは日本産の最高級プレミアムドッグフードです。 健康寿命ケアフードともいわれており、美しい毛並みがよみがえる無添加、グレインフリー、ヒューマングレードのドッグフードです。

ナチュロルで使用しているメイン原材料は「新鮮な牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉」です。これら良質な生肉を55%以上使い、犬の食いつきを良くしています。 またグルテン、グレインフリー、100%無添加です。つまり穀物や身体に害となりかねない人工添加物は一切使用していません。

ナチュロルは安心の日本製なので、国産にこだわっている方におすすめです。 近年、品質の点から海外のドッグフードが注目されていますが、海外製品は輸入の際にコンテナ内が高温になり、品質に影響を与える可能性がありますが、ナチュロルはそういった温度変化などがないため、新鮮なまま消費者のもとに届けることができます。

また低温調理しているので消化に良く、酵素や乳酸菌がいきたままおなかに届き、腸内環境を整えてくれます。 消化に良く腸内環境も整えてくれるので、おなかの弱い犬にもおすすめです。

まとめ

今回はグレインフリーのドッグフードの特徴やおすすめドッグフードを見てきました。

年々増えている食物アレルギーの犬の中でも特に多いのが「穀物アレルギー」の犬です。 市販のドッグフードの中には穀物をメインに使用しているものがたくさんあります。 そういったドッグフードを食べ続けていると、ある日突然アレルギーを発症することがあります。

アレルギーにならないとしても、穀物は犬が消化吸収を苦手としている食材ですので、愛犬の健康を考えるなら穀物が含まれていないドッグフードを選びたいですね。

グレインフリーのドッグフードは全体的に値段が高めになっていますが、アレルギーで苦しみ、病院で治療をするとなるともっと高くつくことになるでしょう。 そう考えたら多少高くても、愛犬の体に良いグレインフリーのドッグフードを選びたいと思うのではないでしょか?

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ