キングチャールズスパニエルってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

キングチャールズスパニエルってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選! 

キングチャールズスパニエルは、イギリス原産で愛玩犬として特に王室で飼育されていた犬種です。 とても良く似ている犬種として、キャバリア・キングチャールズスパニエルがいますが、どこに違いがあるのでしょうか? 今回は、ちょっとつぶれた鼻がかわいい、キングチャールズスパニエルの歴史や性格など、飼育に関する基本情報や、おすすめのドッグフードをご紹介します。

キングチャールズスパニエルって?

A purebred Cavalier King Charles Spaniel dog without leash outdoors in the nature on a sunny day.

短い鼻に小さく離れた目、そして大きな垂れ耳がなんとも愛らしいキングチャールズスパニエル。

イギリス原産の、王室で愛玩犬として飼育されていた犬種です。

「東洋人の顔つき」なんて言われることもあります。

小型犬で、シルクのような美しい被毛を持ちます。

とても明るくて温厚で、家族が大好きな犬種と言われています。

キングチャールズスパニエルといえば、キャバリアを思い浮かべる方も少なくないでしょう。

キャバリアとよく似ていますが、じつはキャバリアよりも古い歴史を持っているんです。

というよりも、キャバリアというのはキングチャールズスパニエルの昔の姿を復活させた犬種なんです。

では、キングチャールズスパニエルってどんな歴史を持っているのでしょうか?

そして、見た目の特徴や性格なども調べてみましょう♪

キングチャールズスパニエルの歴史

cavalier King Charles spaniel dog in a jump

キングチャールズスパニエルの祖先犬は、もともと猟犬だったといわれています。

16世紀にはすでに存在していたようです。

イギリスではいろいろなスパニエル犬が王室で飼育されていて、小型のスパニエル犬は王室の愛玩犬として寵愛されきました。

チャールズ1世と2世がとても愛していたと言われていて、そこから、「キングチャールズスパニエル」、つまり「国王チャールズのスパニエル犬」という名前がつけられています。

特にチャールズ2世は、スパニエル犬を非常に愛し、公務に支障をきたすほどであったといわれています。

じつは、この頃のスパニエル犬は、現在のキャバリアのブラックアンドタンの毛色のものによく似ていたそうです。

しかし、18世紀になると今後は短吻種の犬種が流行り始めます。

それで、王室で愛されてきたスパニエル犬も、パグや狆といった短吻種と交配することによって鼻が短くより小さいサイズに改良されていきました。

それが、キングチャールズスパニエルと言われる犬種になりました。

この鼻が短く、サイズも小さいキングチャールズスパニエルは、王室の公務を手伝ったり、貴婦人たちの会話に同席するなど、王室の一員として寵愛されていたようです。

しかし、残念なことに1900年のはじめ頃には、いきすぎた改造によってこの犬種に健康被害が出始めることとなります。

とても弱く、さらには短吻種ゆえにいびきがうるさいということで、ブームもさりつつありました。

そんな中、マズルが長くサイズも大きい健康なスパニエルを取り戻そうという動きが出始めます。

アメリカ人のロズウェル・エルドリッジという人は、チャールズ2世とともに描かれていたまだ鼻の長いスパニエルを見て、その姿を復活させるために、多額の懸賞金をかけたといわれています。

その結果、ブリーダーたちがこぞって、先祖返りをして生まれる昔の姿に近いキングチャールズスパニエルをもとに、交配を行い、昔の姿を取り戻し固定化させました。

それが現在のキャバリア・キングチャールズスパニエルとなったわけです。

健康的であり、性格面でも優れているとされたキャバリアは、キングチャールズスパニエルの人気を奪い、世界的にもその人気を拡大していきました。

ドッグショーなどでも、かつてはとても人気でしたが、現在ではほとんど姿を消してしまったキングチャールズスパニエルは、原産国のイギリスでも絶滅を危惧されているようです。

それで、現在ではキャバリアの影に隠れていることもありますが、熱心な愛好家たちもいて、日本国内でもブリーディグが行われています。

イギリスの王室で、ずっと歴史とよりそい生きてきたキングチャールズスパニエルは、由緒ある犬種であり、ずっと人々を癒やしてきました。

いびきがうるさいということで、飼育のさいには周りの人の了承も必要となりますが、愛らしい見た目と愛情深く明るい性格で、子どものいる家庭やお年寄りの家庭でも飼育しやすい犬種となっています。

キングチャールズスパニエルの特徴

Two purebred Cavalier King Charles Spaniel dogs without leash outdoors in the nature on a sunny day.

長らく王室で愛されてきた犬種であるキングチャールズスパニエルが現在の姿となったのは、短吻種と交配させた18世紀頃だったわけですね。

そして、キングチャールズスパニエルのもとの姿を取り戻そうとしたのがキャバリアだったわけです。

キングチャールズスパニエルはイギリスの王族やヨーロッパの貴族たちに愛されてきた犬種だったんですね。

よく似ている2種ですが、やはり特徴をよく知ると違いがあることがわかります。

では、キングチャールズスパニエルの特徴をご紹介しましょう。

キャバリアより小さい体

キングチャールズスパニエルは、体高が約26~31cm、体重は3.5~6kgほどの小型犬です。

体高が31~33cm、体重が5~8kgになるキャバリアと比べると小さいですね。

頭部が大きめで、ちょっとずんぐりむっくりとした体型をしていますが、脚は細いです。

耳は大きくたれ耳で、飾り毛があります。

尻尾は垂れ尾で、尻尾と胸には飾り毛があります。

シルクのような美しく、触りごこちが最高の被毛を持っています。

ダブルコートで、トップコートはややウェーブがかかっていて長めです。

被毛の色は、キャバリアと同様でブラックアンドタン、トライカラー、ブレインハム、ルビーなどがあります。

長毛種ではありますが、寒さに弱いという特徴がありますので、冬場などはしっかりと防寒をして健康管理して上げる必要があるでしょう。

鼻ぺちゃがかわいい!

Cavalier King Charles Spaniel

キングチャールズスパニエルとキャバリアの大きな違いは、キングチャールズスパニエルは鼻が潰れていることです。

当時ヨーロッパで短吻種が流行していたことの影響を受けて、スパニエル犬をパグと狆と交配させることによってキングチャールズスパニエルになりましたので、パグや狆といった短吻種の特徴を受け継いでいます。

しかし、このマズルの長さというのは個体差がかなりあるようです。

中には、パグのように完全に鼻ぺちゃな個体もいますし、チワワくらいの鼻が短め、といった具合の個体もいます。

そして中には、キャバリアとほとんど変わらないマズルの個体もいるようです。

それで過去には、鼻が長いキングチャールズスパニエルがキャバリアとして繁殖に使用されうこともあったようです。

現在ではそのようなことはないようですが、そのような影響によって、キャバリアの中には鼻の短い個体が生まれることもあるようですね。

それはそうとして、マズルが太く潰れていて、目も小さく離れているということで、ときに「東洋人のような顔つき」なんて言われるんですね。

好き嫌いがはっきりと分かれる犬種だとも言われていますが、短吻種の愛犬家たちからは親しまれているようですよ。

キングチャールズスパニエルの寿命

寿命は、だいたい10~12年といわれています。

小型犬にしてはやはりあまり長くはありません。

それで、ストレスをかけない環境で適切な飼育をしてあげましょう。

キングチャールズスパニエルの性格

dog Cavalier King Charles Spaniel, running, playing, holding a stick in the muzzle

キングチャールズスパニエルは、温厚でとても愛情深い性格をしている犬種です。

優しくて子どもの遊び相手にもなってくれますし、穏やかで落ち着いているので、愛犬とゆっくりと過ごしたいという方にも向いています。

明るい性格で、陽気なところもあります。

とはいえ、慣れていない人や動物は少し苦手なようです。

それで、社交的でだれとも仲良くできる性格のキャバリアと比べると、少し無愛想だと言われるみたいですね。

活発なキャバリアと比べると、ちょっと控えめみたいですね。

でも、家族に対してはとても愛情深く、いつも一緒に寄り添うことが大好きな甘えん坊な性格をしています。

それで、いつもひとりぼっちでお留守番ばかりの家庭ではストレスが溜まってしまうでしょう。

寂しがりやで基本的にいつも家族と一緒にいることを好みます。

それで、一緒に時間をたっぷりと過ごせるような家庭が良いでしょう。

運動はあまり好きではないので、運動量は少なくて済みます。

もちろん、健康のために毎日お散歩につれていくほうが良いのですが、小型犬であり、お散歩も15?30分ほどで良いので、年配の方でも飼育しやすいでしょう。

賢く飲み込みも早いのでしつけもそれほど難しくありませんが、ときに飼い主さんのいうことを無視することもあるようです。

そんなときは、叱るのではなく、辛抱強く褒めながらトレーニングをしてあげましょう。

人見知りする傾向がありますので、小さいときから外に出して社会性を身につけられるようにすると良いと言われています。

キングチャールズスパニエルのかかりやすい病気

Horizontal shot of a handsome bearded young male professional vet working at his clinic using stethoscope examining adorable fluffy spaniel puppy copyspace medicine employee worker pet care dogs.

キングチャールズスパニエルは、関節があまり強くないので激しい運動はおすすめできません。

性格的にも、それほど運動が好きなタイプではないので、気分転換や毎日の健康のためにお散歩などをする程度で良いようです。

また、うるさい環境や慣れていない人や動物がいることはストレスになりやすいようです。

被毛は毛玉ができやすいので、定期的にブラッシングなどをしてあげましょう。

その他にも、気をつけるべき病気があるようですので、詳しく見てみましょう。

気管虚脱

気管虚脱とは、気管が潰れてしまし、膜性壁が気管の内側に入ってしまうことによって、呼吸がうまくできずに悪化すると窒息死する病気です。

初期症状としては、激しく咳き込んだり、ガーガーという咳をしたり、運動をしたがらなくなったりします。

気管虚脱が進行すると、心臓などにも負担がかかってしまいます。

自然になおることはなく、慢性で進行します。

それで、咳が気になるときには病院に生き、レントゲン検査などをしてもらう必要があります。

原因ははっきりとはわかっていませんが、小型犬に多い病気です。

発祥の要因は遺伝的な要素が大きいと考えられています。

肥満や、高温多湿、首輪の引張や、老化、慢性気管支炎、タバコの煙といったものにより誘発されると考えられています。

それで、予防としてはお散歩のときはハーネスをつけるようにしましょう。

また、キングチャールズスパニエルはよく食べる犬種でもありますので肥満にも注意してください。

タバコの煙や排気ガス等も有害な影響を与えますので、空気清浄機などを使用してあげましょう。

ストレスをかけず、安らかに呼吸できるような環境で飼育しましょう。

熱中症

鼻の短い短吻種は、熱中症にもなりやすいんです。

なぜなら、鼻から気管までの距離が短いために、パンティング呼吸(体温調節のために行なう呼吸)が効果的に行えません。

犬は人間と違って汗腺が足の裏と耳の内側の下にしかないので、体温調節が難しいんです。

それで短吻種は特に体に熱がこもりやすく、熱中症になりやすいといわれています。

それで、夏場のお散歩は気をつけましょう。

涼しくなってから外にでるようにしましょう。

室内では、常にエアコンなどで室温管理をしてあげましょう。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、小型犬で多く見られる関節疾患です。

何らかの理由によって膝蓋骨が骨車溝から外れてしまいます。

原因の多くは先天的ですが、交通事故や落下といった外傷で起こることもあります。

グレードによって症状が変わりますが、症状が重くなると手術が必要とされることが多く、その後の管理とリハビリが必要となります。

グレードが低いときには鎮痛やレーザーなどで痛みを抑える治療を行なうこともあります。

日常でできることとしては、やはり関節に負担をかけないということです。

キングチャールズスパニエルは脚が細く、もともと関節が弱い犬種です。

それで、激しい運動などはあまりしないほうがよいでしょう。 そして、体重のコントロールも重要です。

ダイエットが必要な場合は、筋肉維持のためにタンパク質をしっかりと含み、かつ低カロリーのフードを使用するのが良いでしょう。

キングチャールズスパニエルのおすすめドッグフード3選!

Funny dog with sausage in mouth

愛犬の健康と美を守るためには、やはり毎日のフード選びは大切です。

特にキングチャールズスパニエルは関節が弱いということもあるので、良質なタンパク質を含み良い筋肉をつける事ができるフードがいいですよね。

では、そんなキングチャールズスパニエルにおすすめのフードを3つご紹介します。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンドッグフードは、動物性たんぱく質が33%と高く、さらにグルコサミンやコンドロイチンを配合している、関節疾患にかかりやすい犬種には嬉しいフードです!

グルコサミンは関節軟骨の生成をサポートしてくれますし、コンドロイチンは軟骨や関節の潤滑油のような働きをしてくれて、グルコサミンと一緒に軟骨の再生を手伝います。

骨付きチキンの生肉を26%、そして乾燥チキンを25%使用し、その他にビタミンやミネラルも配合されています。

グレインフリーなので、アレルギーの心配もありません。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

ファインペッツ

ファインペッツ

安全性の高さに定評があるドッグフードです!

容量/価格 1.5kg / ¥3,142(税込)
原産国 オランダ
メイン食材 鹿肉、鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ファインペッツにもグルコサミンとコンドロイチンが配合されています。

そして、鹿肉をメインにした肉原材料を80%も使用し、動物性タンパク質は27%というフードです。

ファインペッツのコンセプトは、すべての犬種、年齢に合うということで一種類のドッグフードしかないんです。

それで、キングチャールズスパニエルにも与えることができますし、関節疾患を抱えやすい犬種にもおすすめということができます。

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードってどうなの?評判と口コミを見る!

低価格のドッグフードは家計的にはうれしいですが、粗悪な原材料が使われていたりして、愛犬の健康を考えると与えたくないですよね。やはり大切なペットには安心安全で質も高いフードを与えたいものです。今回は、FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードについて調べてみました。

https://dogfood.fun/FINEPET%E2%80%99S%EF%BC%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84%EF%BC%89%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%EF%BC%81

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンは、愛犬のために手作りでつくったフードをコンセプトにしたレシピです。

チキンやサーモンを53%も使用し、動物性タンパク質が28%という良質な筋肉をつくるのに適したフードとなっています。

そしてグルコサミン、コンドロイチンも配合されています。

その他に、メチルサルフォニルメタンという、関節痛などの痛みを和らげたり、炎症を抑える作用をするとされる有機イオウ化合物が配合されています。

このメチルサルフォニルメタンは人間の体の中にも存在しているようですよ。

グレインフリーです。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

まとめ

Cavalier King Charles Spaniel isolated on white

「王様チャールズのスパニエル犬」という名前をもつ、キングチャールズスパニエルは、イギリス王室で長年愛されてきた、とても歴史の濃い犬種でしたね。

現在の鼻ぺちゃで小さい体つきは、18世紀頃に生まれたということがわかりました。

キャバリアと比べると、頭部が大きいことや、短吻種であること、がっしりとした体型に、少し小さいサイズ感など、いろいろと違いがあることもわかりました。

愛情深くて、飼い主さんと一緒に寄り添って過ごすことが大好きな、とてもかわいらしい犬種です。

知らない人にはちょっと無愛想かもしれませんが、穏やかで落ち着いていて、初心者さんでも飼育しやすい愛される犬種です。

短吻種であることゆえに熱中症に気をつけてあげたいですし、関節も弱いようなので無理な運動はさせないようにしながらも、楽しい日々を一緒に送りたいですね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ