カレリアンベアードッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

カレリアンベアードッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

カレリアンベアードッグはフィンランドの出身の野生動物を相手にするワーキングドッグです。 今ではクマと人間の橋渡し役のような役割を果たしてくれるカレリアンベアードッグですが、この日本でもワーキングドッグとして働いてくれているってご存知でしたか? 勇敢でプライドを持って仕事をするカレリアンベアードッグってどんな犬なのか、その性格や飼い方のポイント、気を付けてあげたい病気やおすすめのドッグフードもご紹介します!

カレリアンベアードッグって?

Karelian Bear Dog on the grass

極寒の国フィンランドのカレリア地方原産の犬種で、フィンランドではクマやヘラジカなどの大型野生動物を相手にしてきたカレリアンベアードッグ。

別名「カレリアン・ベアハウンド」、出身国では「カリアラン・カルフコイラ」とも呼ばれているそうです。

フィンランドの国宝ともいわれるカレリアンベアードッグは、勇敢にクマに立ち向かうことができる犬として、現在でもハンティングドッグとして、また「ベアドッグ」として働いています。

「ベアドッグ」とはカレリアンベアードッグが担っている特殊な仕事で、クマを不必要に傷つけないで人里から遠ざけ、クマが居住エリアからでないようにコントロールするための訓練を受けた犬のことです。

クマの匂いや気配を察知するための特別な訓練を受けているカレリアンベアードッグは、クマの存在にいち早く気付いて、どこにいるかを知らせてくれます。

それによってクマも人間もお互いに近づきすぎないよう警戒できますし、突然の遭遇を回避できるので危険をグッと減らすことができています。

クマも賢い動物なのでカレリアンベアードッグに何度か追い払われるうちに、来てはいけないエリアを理解して、徐々に侵入してこなくなるそうです。

お互いの安全のために住むエリアの線引きをし、境目で監視するカレリアンベアードッグは、治安維持のために働く国境警備隊のような仕事をしてくれています。

今まではアメリカから訓練された「ベアドッグ」を輸入していましたが、近年日本の長野県軽井沢でカレリアンベアーの交配とトレーニングができるようになったそうです。

見た目も日本犬に似ている素朴さのある犬種なので、日本人にとってなんとなく馴染みやすいかもしれませんね。

日本国内のクマと人間の共存が課題だった自然豊かな地域では、トレーニングを受けた頼もしいカレリアンベアードッグたちが「ベアドッグ」として働き、安全に暮らすために大活躍してくれているそうですよ。

ただ「ベアドッグ」としてプライドを持って仕事に打ち込むタイプの有能なカレリアンベアードッグは、家庭犬には向かない性格をしているため家族として迎えるのは難しい犬種です。

そのかわり大自然の中で人間とクマの安全のために彼らの強みを生かし、私たちの安全のために真剣に働いてくれているありがたい存在ですね!

カレリアンベアードッグの歴史

カレリアンベアードッグはフィンランドとロシア付近に住んでいた犬種です。

その起源ははとても古いので、はっきり証明できてはいないものの、新石器時代の頃(約1万3千年ほど前)から生息していたのではないかと言われています。

人類史のかな~り初期の頃から人間と寄り添ってきた犬種のようですね。

カレリアンベアードッグの勇敢さや狩猟能力、大型動物にも物怖じしない態度などは北欧の猟師たちから大変好まれ、クマやヘラジカやイノシシなど力の強い野生動物相手の猟のお供としてとても重宝されたそうです。

カレリアンベアードッグは小さな群れ単位で猟をおこなったそうで、獲物を発見したら吠えて飼い主に知らせ、強いアゴで獲物を押さえて猟師が仕留めるまでをサポートしました。

この優秀な猟犬・カレリアンベアードッグは、フィンランドとロシアの国境の境目に生息していたので、どちらの国を出身国とするかで両国は対立したそうです。

結局両者譲らず、フィンランドでは純血のカレリアンベアードッグを、ロシアではカレリアンベアードッグを改良した「ラッソ・ヨーロピアン・ライカ」という犬種を所有することで解決しました。

こうしてフィンランド出身の犬となったカレリアンベアードッグは、1945年に正式な犬種として国際畜犬連盟(FCI)から認可され、北欧諸国でも有能な猟犬として人気の犬種となっていきました。

原産国フィンランドではいまでも人気が高く、ベアドッグ以外にも猟犬やショードッグとして活躍しているそうです。

カレリアンベアードッグは現在日本では家庭犬としての飼育はありませんが、遠くフィンランドで誕生したカレリアンベアードッグは北海道や長野県など、クマ被害の大きい地域で有能な「ベアドッグ」として活躍してくれています。

カレリアンベアードッグの特徴

karelian bear dog portrait

カレリアンベアドッグが家庭犬に向かず、ワーキングドッグとして訓練した時に最大の能力が発揮できると言われるのは、自分がリーダーと認めた人の命令しか絶対に聞かない頑固さゆえかもしれません。

そのため初心者がしつけるのはまず難しいですし、万が一家庭犬として飼うとしてもプロがしっかりしつけないと気の強さばかりが目立つ問題犬になってしまうでしょう。

ベアドッグとして、また猟犬としてトレーニングを積めば、接近前のクマにも気付くほど有能な働きを見せるので、カレリアンベアードッグはプロトレーナーが扱うプロフェッショナルな働きが必要な現場にフィットする犬種だといえるかもしれません。

主従関係をしっかり築かないということを聞いてくれないので、しつけに入る前に信頼関係を築くことは必須で、そこがクリアできて初めてしつけをスタートできるでしょう。

またカレリアンベアードッグが家庭犬に向かないのは、よく吠える犬種だということもあげられます。

しかし無駄吠えや警戒吠えだけではなく、飼い主にも吠えるのがカレリアンベアードッグです。

なぜかというと吠えることでコミュニケーションを取り、飼い主へ自分の感情を伝えようとしているので、吠えることをやめさせようとするとストレスを感じて体調に影響したり、噛みついたり問題行動につながることもあります。

飼い主へ吠えている時は自分の気持ちを伝えようと何かを一生懸命話している時なので、会話するつもりで付き合ってあげてくださいね。

この習性もあってカレリアンベアードッグを一般の住宅地で飼うにはかなりハードルが高く、しつけの問題をクリアしたとしても家庭犬として飼うことは難しいでしょう。

またタフなカレリアンベアードッグは毎日たっぷり運動することも欠かせません。

ベアドッグとして働いていれば、トレーニングや森のパトロールをすることで自然に運動できるでしょう。

カレリアンベアードッグの身体的特徴

体高53~60センチほどの大型犬のカレリアンベアードッグは、体重は17~28キロくらいで力強くガッチリとしたスピッツタイプの犬種です。

太く逞しい四肢とくるんとした太い巻き尾、まっすぐな背中のラインなど、日本犬と言われても信じてしまいそうなほど共通点が多く、日本人にとって親近感の沸く犬だと思います。

北欧での寒さにも耐えられるがっちりとした筋肉で全身が覆われていて、寒さの中でも元気に走り回って、獲物を探して追い詰めるスタミナを持つタフなカレリアンベアードッグ。

スピッツ系のとがったマズル、口角が上がって笑っているように見える大きめの口、好奇心いっぱいにキラキラさせた瞳など、カレリアンベアードッグは表情豊かに感情を伝えてくれるでしょう。

モフモフとした厚みのある三角耳も、カレリアンベアードッグの聡明さや賢さのなかにかわいらしさを感じさせてくれますよ。

カレリアンベアードッグの被毛は短い直毛で、密集して生えた分厚い被毛は保温性と防水性があるので、雪深いフィンランドでも凍えることなくクマを探すことができました。

毛色はコントラストがはっきりしたブラック&ホワイトで、色の比率は個体差があるもののブラック多めなカラーリングが一般的なんだそうです。

昔は他の色もありましたが、夜間や一面雪の中でもどこにいるかはっきり識別できるようブラック&ホワイトのみなんだそうです。

強靭なアゴを持つカレリアンベアードッグ

Karelian Bear Dog

スマイルフェイスがかわいらしいカレリアンベアードッグですが、大型動物を抑え込める力を持っているので、飼い主の指示に従うようきちんとしつけないと思わぬトラブルや大事故に繋がりかねません。

特にアゴの力はとても強く、噛む力は100キロを超えるともいわれています!

遊びのつもりで軽くかまれただけでも大惨事になるでしょう…。

子犬のうちに噛み癖は徹底的に矯正することが非常に大切です。

カレリアンベアードッグ同士で生活していればお互いにじゃれあったりして自然に力のコントロールを覚えていきますが、それでも同じように人間にじゃれつかれたら危険です。

コロコロ遊ぶ子犬はとてもかわいいので、つい叱るのをためらってしまうかもしれませんが 、成犬になった時にコントロールできていないと他の犬にも危険が及ぶかもしれません。

しっかり教えて、噛んではいけないものをはっきり認識させてあげましょう。

また運動不足解消にドッグランなどで自由にを走らせる場合も注意が必要です。

一緒に遊んでいるうちに思わぬことで興奮して、他の犬を攻撃してしまうことがないよう常に見守ってくださいね。

カレリアンベアードッグの寿命

カレリアンベアードッグの平均的な寿命は11~13年と、大型犬でも一般的な寿命です。

頑丈な体を持つカレリアンベアードッグなので、栄養バランスや運動量、また寒さには強いものの暑さや湿度に弱いので夏場の飼育に気を配ってあげると、平均寿命を超えて長生きしてくれるかもしれませんね!

カレリアンベアードッグの性格

Karelian Bear Dogs puppy running on the grass

自分の認めた飼い主やリーダーには忠実で服従心が厚く、献身的に働き仕事熱心で猟犬出身らしい性格をしています。

自分の飼い主にはひたむきに愛情を注ぎ、危険にもひるまず立ち向かう勇猛果敢なタイプで、出身国フィンランドでは優秀な番犬としても知られています。

黙々と任務を果たす硬派な魅力を持つカレリアンベアードッグは、きっと日本人が惹かれるタイプの犬種ではないでしょうか?

また誇り高い性格のカレリアンベアードッグは、認めていない相手の言うことは無視するプライドの高い犬種でもあります。

カレリアンベアードッグを飼う際は、まず自分のリーダーだと認めてもらうことが大切ですね!

「ベアドッグ」向きの警戒心を持つ強い怖いもの知らずなカレリアンベアードッグは、飼い主が危険だと思えばためらわずに攻撃しにいく勇猛さを持っています。

他の動物や知らない相手にも警戒心から攻撃してしまうこともありますので、距離感には十分な注意が必要でしょう。

カレリアンベアードッグのかかりやすい病気

Karelian Bear Dogs puppy lying on the grass

健康的なカレリアンベアードッグはそれほど遺伝病がない犬種ですが、走り回るときに負荷のかかる関節や毛量が多いので皮膚トラブルに注意してあげるといいでしょう。

どちらも生死にかかわることは少ないものの、犬が自由を制限されたり、かゆみがあったりとストレスになる症状もあるので、悪化しないうちに動物病院に行くことがポイントとなってきます。

カレリアンベアードッグが集中して仕事をおこなうことは、地域の安全を野生動物から守るうえで重要なことです。

気を散らさずに仕事に取り組めるよう、集中を妨げる原因に早く気づいて取り除いてあげましょう!

股関節形成不全

股関節形成不全は体重の重い大型犬がかかりやすい病気で、成長期に運動をし過ぎて筋肉と関節のバランスが崩れてしまったり、肥満によって関節への負担が大きくなるなど、股関節の成長に悪影響が出てしまい、正常に形成されなくなってしまいます。

遺伝性のものと後天性の原因があり、遺伝性なら血統の中に発症した犬がいることで発病リスクが高まるといわれています。

カレリアンベアードッグは活動力が多く、走り回って過ごすスタミナを持つ犬種なので、気を付けないと運動させすぎてしまうことがあります。

成長期の生後6か月から2歳くらいまでは骨格と筋肉や関節も成長する時期なので、運動量をセーブさせることで予防することができるでしょう。

もしこの時期の犬が足を変に気にするような歩き方をしたり、スムーズに立ち上がれなかったり、段差や走ることを躊躇するなどの行動を見せるなら、もしかしたら軽度の股関節形成異常を起こしているかもしれません。

早いうちならしばらく運動を制限し安静に過ごしたり、体重が重いならカロリー制限をしてダイエットしたり、犬への負担が少ない治療で改善させることができます。

気になる症状が出たら早めに動物病院で診てもらい、どの程度運動をセーブしたらよいかなど相談するといいですよ。

しかし痛みが強くなって立てない、また歩くこともできなくなっているなら、かなり重症な形成不全を起こしていると思います。

対処療法では改善できない場合、外科的治療が必要になることもあるでしょう。

飼い主以外に心を許さないカレリアンベアードッグにとって、入院や手術で他の人に触られるのは大きなストレスになってしまうでしょう。

股関節形成不全は徐々に悪くなることが多いので、時々愛犬の歩き方などをチェックして、なるべく早い段階で発見し治療してあげれるといいでしょう。

皮膚疾患

ショートコートで毛量の多いカレリアンベアードッグは、抜け毛が多い犬種です。

そのため抜けるはずの被毛がいつまでも皮膚に残っていたり、汚れが溜まったままになりがちです。

皮膚の状態が悪いとアレルギーや細菌、カビなどが繁殖してしまい、湿疹やただれ、脱毛などの症状が起こる場合があります。

アレルギーの場合は原因を特定しないと根本的な治療が難しいので、気長に治療する必要があるでしょう。

皮膚が荒れている時は、汚れを落としつつも低刺激で脂分を取り過ぎないもの皮膚病用のシャンプーを使うといいでしょう。

トラブル状態によって頻度や薬剤が異なるので、どんなものを使ったらいいのか獣医さんに相談してくださいね。

また予防としては、定期的なブラッシングで皮膚の血流を良くしてあげることができます。

カレリアンベアードッグは短毛なので週に1-2回ほどのブラッシングで十分ですが、皮膚のマッサージ効果と毛艶が出るのでおすすめですよ。

また健康な皮膚を作ってくれるオメガ3やオメガ6脂肪酸、またアミノ酸が入っているドッグフードを食べさせてあげると皮膚トラブルの予防と良い被毛を作ってくれるでしょう。

カレリアンベアードッグのおすすめドッグフード2選!

karelian bear gog portrait detail face

カレリアンベアードッグがいつもベストな体調でいることは、高パフォーマンスな仕事を行う上で不可欠でしょう。

そのためにはカレリアンベアードッグの体を作る毎日の食事内容にこだわって、体の内側から健康になれるものを選んであげられるといいでしょう。

仕事中に酷使しがちな関節と、トラブルを起こしやすい皮膚の健康を高めてくれるもの、また消化しやすくてすぐにスタミナ源となってくれる、そんなドッグフードがおすすめです。

カレリアンベアードッグの体に必要な栄養が入ったドッグフードをご紹介します。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カレリアンベアードッグの筋肉質な体には動物性たんぱく質とアミノ酸が欠かせません!

それはこの2つがメインとなって質の良い筋肉や丈夫な骨格を作るからです。

モグワンではチキンとサーモンから動物性たんぱく質がたっぷり摂取できますが、魚に多く含まれている皮膚に良いオメガ3やオメガ6も同時に摂れてしまうので、カレリアンベアードッグにとって筋肉と皮膚の両方に良い優秀なドッグフードですね。

また関節に良いグルコサミンとコンドロイチンもちゃんと配合されているので、長生きなカレリアンベアードッグがいつまでも元気に走り回れるよう、丈夫な骨作りのサポート役になってくれそうです。

関節に負担をかけないよう肥満に気を付けたいカレリアンベアードッグにとって、高タンパクで低カロリー・低脂肪、さらに摂りたい栄養素がギュッと詰まったこのモグワンは理想的なごはんですね!

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

アランズ ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

動物性たんぱく質にはラム肉が使用されていて、高タンパクなのに低脂肪でアレルギーを起こしにくい食材なのでアレルギー体質な犬にも安心なドッグフードですね。

エネルギー効率も良くすぐにスタミナに変わるので、タフさが求められる「ベアドッグ」にピッタリでしょう!

さらにラム肉には脂肪燃焼効果があるL-カルニチンが含まれていて、肉を食べながら体重コントロールができる優秀なダイエット食材です。

「最近ちょっと体重が増えてきたかな…」なんて時でも安心して食べさせてあげられますよ。

配合されている亜麻仁油からはオメガ3とオメガ6をバランスよく摂取でき、皮膚の健康と毛艶も良くしてくれるそうです。

関節に良いグルコサミンとコンドロイチンも入っているので、厳選した10種類のシンプルな食材からカレリアンベアードッグにとって必要な栄養が十分摂れる、とても栄養効率の良いドッグフードです。

アランズナチュラルドッグフードの評判って?気になる成分や口コミを教えます!

大切な愛犬だから、与える毎日の食事はこだわりたい。そう思っている飼い主さんも多いですよね。そんな愛犬思いの飼い主さんにおすすめしたいのが、アランズナチュラルドッグフード。自然給餌(ナチュラルフーディング)の考え方を取り入れたアランズナチュラルフードについてまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%88%90%E5%88%86%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81

まとめ

フィンランドから来たカレリアンベアードッグは、わたしたちの知らないうちに日本でも野生動物と人間の間の警備員として働いてくれていた頼もしい犬種でした。

パット見は日本犬風なのでフィンランド出身なのは意外でしたが、仕事熱心でプライドを持つ硬派なカレリアンベアードッグの働きには頭が下がりますね。

「クマから人を守った犬だ!」とそのうちトップニュースで取り上げられる日も近いかもしれませんね!

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ