カナーンドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

カナーンドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

イスラエル生まれのカナーンドッグは、私たち日本人にとっては懐かしい感じがする犬種かもしれません。 そっけないほど飾り気がないシンプルな見た目と、実直で忠実な性格のカナーンドッグは、日本犬と通じるところを感じさせてくれるでしょう。 よく訓練された軍人のような忠実さを見せるカナーンドッグは、知れば知るほど秘められた魅力を発見できる犬種です。 日本犬と兄弟のように似ているカナーンドッグの性格や歴史、健康に過ごすためのポイントやおすすめのドッグフードなど、カナーンドッグの飼育に役立つ情報をお伝えします。

カナーンドッグって?

Canaan dog in park

イスラエル原産の犬種のカナーンドッグは、原産国イスラエルではとっても有名で人気のある犬種です。

名前についている「カナーン」とは、カナーンドッグの出身地域が聖書時代には「カナン」と呼ばれていたことにちなんでいて、原産国イスラエルではヘブライ語の「ケレフ・クナーニ(カナン地方の犬)」という名前で呼ばれています。

なぜか日本では「カナーンドッグ」と発音しますが、英語圏では「ケイナンドッグ」と発音されているので、海外ではネイティブ風に「ケイナンドッグ」または「ケレフ・クナーニ」と発音したほうが通じるでしょう。

イスラエル地方では古くから有能な働き者として頼りにされてきたカナーンドッグは、家畜や家族を守る番犬として、戦時下では地雷探知や伝令として大いに活躍してきました。

今でも盲導犬や警察犬や軍用犬など様々な仕事に対応できる柔軟さで人間の良いパートナーとなってきたカナーンドッグは、イスラエルの国犬とされるほど国民から愛され続けています。

実際イスラエルでは犬派が多く、家庭犬としてもカナーンドッグは人気の犬種なんだそうですよ。

ちょっと怖がりで警戒心が強いカナーンドッグは仲間意識がとても強く、飼い主と家族には特別な愛情と忠誠心を持つので、家族の身に危険を感じたら全力で守る頼もしいボディーガードとなってくれます。

いろんな仕事をこなせる優秀さと高い仲間意識を持つ真面目なカナーンドッグは、命を懸けるような現場では特に信頼できる最高の相棒となってくれるでしょう!

数ある優秀な犬種の中でカナーンドッグが特にイスラエルで評価されている理由は、地雷探知犬としての優秀さも大きな影響を与えているのかもしれません。

訓練されたカナーンドッグは鋭い嗅覚で地雷を爆発させることなく探し出し、人的被害を出さずに地雷原を取り除くことによって、年間多くの命を救うことに貢献してきました。

国外ではシンプル過ぎる見た目からなかなか人気が出ませんでしたが、カナーンドッグの優秀な能力が知られるにつれて、徐々に海外でも知名度が上がってきているそうです。

2017年度のジャパンケネルクラブ調べではまだ日本で飼育登録されているカナーンドッグはいませんでしたが、そのうちカナーンドッグの魅力に気がついた方が日本でも飼い始めるかもしれませんね!

カナーンドッグの歴史

カナーンドッグのルーツは紀元前から始まっているともいわれており、大変古い歴史を持つ犬種です。

聖書に記されている土地カナンで、紀元前2000~2200年代には誕生していたと考えられています。

考古学的に見ても、1万年以上前の壁画や彫刻にカナーンドッグと思われる犬が描かれていたり、紀元前5世紀頃のアシュケロンの古代墓地からカナーンドッグに似ている犬の骨が数百匹分も発見されているので、実はもっと古い歴史を持っているのかもしれませんね。

遊牧民と生活をしていたカナーンドッグですが、西暦70年頃にイスラエルの聖都エルサレムがローマ人によって陥落し、追放されたイスラエル人と共にカナーンドッグは砂漠地方に逃れたようです。

この頃に飼育されていたカナーンドッグは、飼い主とはぐれたり食糧飢きんなどによって飼いきれなくなった、などが理由で徐々に野生化していきました。

しかし砂漠地帯を彷徨うカナーンドッグを見つけたアラブ系の遊牧民が、カナーンドッグの優秀さに気が付き、ジャッカルや盗賊から家畜を護衛する犬として訓練し、カナーンドッグは再び人間と共生することになりました。

それから時は流れ、20世紀に再びカナーンドッグはイスラエルで注目を集めることになりました。

それは地雷探知犬として優秀な能力を持つ犬種を作出するため、メンゼル医師にとって400頭ほどの犬が候補として集められたことがキッカケとなりました。

砂漠に住むカナーンドッグのベースとなった雑種犬の高い適応力や鋭い嗅覚、人間への忠実さや訓練のしやすさなどが注目され、さらに適度な警戒心を持っていることなども評価され、この犬種をもとに1934年頃から交配が進められていきました。

そして高い能力を持つカナーンドッグが誕生し、すぐに地雷探知犬として、また軍用犬や警察犬として活躍していきました。

第二次世界大戦中も地雷探知犬や情報伝達犬、負傷者などの探索犬など、カナーンドッグは人命にかかわる重要な任務を任されていました。

世界大戦後は軍用犬のニーズが減っていったため、カナーンドッグの有能さは別の分野に生かされていきました。

警察犬や護衛犬、また盲導犬としても有能だったカナーンドッグのため、1953年には盲導犬のための専門機関も設立されるなど、イスラエルでは人間を支える身近な存在として働いてきました。

有能な素質を十分にイスラエル国内で証明したカナーンドッグは、1965年頃初めてアメリカに輸出されました。

しかし当時のアメリカでは、「見た目に華やかさがない。」という理由でカナーンドッグの魅力が伝わり切らず、残念なことにあまり話題にならなかったそうです。

それでも徐々にカナーンドッグの持つ有能な素質や働きぶりが評価され、1953年についにイスラエルケネルクラブで正式な犬種として認可を受けました。

1973年には国際畜犬連盟、1997年にはアメリカケネルクラブからも認可されて犬種となり、カナーンドッグは「イスラエルの国犬」、また「イスラエルケネルクラブのシンボル犬」としてイスラエルを代表する犬種となりました。

カナーンドッグの特徴

Canaan dog in park

カナーンドッグは潔いほど無駄のないシンプルな外見の犬種で、「原始的な姿を留めている」と表現されることもあるほどに飾り気のない犬です。

それは日本犬の持つような、犬らしいシンプルなシルエットとも言えるでしょう。

がっちりとした筋肉質な体格やくるりと上がった太いしっぽは、日本人にとって親近感を感じさせる外見かもしれませんね。

優秀な軍人のようなカナーンドッグは、環境の変化や食事事情などに左右されない強靭な精神力を持ったタフな犬種です。

砂漠地帯も多いイスラエルですから、仕事内容によっては砂漠地帯で働くこともあるカナーンドッグ。

砂漠の寒暖差の激しい気候や厳しい食事事情など、人間でも厳しい環境下でも集中力を切らず忠実に任務に取り組むカナーンドッグは、どんな環境でもベストを尽くす責任感を見せてくれます。

カナーンドッグは華やかさこそありませんが、背中で語るタイプの渋い格好良さを持つ犬種ではないでしょうか!?

一方で愛犬家たちから「カナーンドッグは飼いにくい犬種だ。」という声が時々上がるのは、しつけに関しての意見が分かれるからでしょう。

少し臆病なカナーンドッグは、スパルタ式のしつけだと委縮してしまい、やる気を失ってしまう傾向があるそうです。

カナーンドッグのしつけは、まずたくさんコミュニケーションをとって、犬からの信頼を得ることが大きな第一歩になるでしょう!

また強く叱って反復させるより、できることを少しずつ増やしてステップアップさせていく方法が合うようです。

できることが増えると少しずつ自信を持てるようになり、モチベーションも上がってどんどんできることが増えていくでしょう。

そして愛犬が命令に従えた時には、大袈裟なくらい分かりやすく褒めてあげてください。

カナーンドッグのかわいいところは、飼い主が喜ぶ姿を見れば見るほどさらに頑張る意欲を見せてくれる健気さです。

たくさん褒めるしつけ方で、カナーンドッグの持つ優秀な潜在能力をどんどん伸ばし、持っている有能さを生かせるようにしましょう。

カナーンドッグの飼い主としての腕の見せ所ですね!

カナーンドッグの身体的特徴は?

がっしりとした力強さのあるカナーンドッグは、筋肉質で骨太な印象のスピッツタイプの犬種です。

空手家のような無駄のない動きや瞬発力の良さを見せ、また尽きないスタミナでいつまでも集中力を切らさないポテンシャルの高さを持っています。

派手さはないですが、控えめながら統制された動きを見せるカナーンドッグは、まさに「質実剛健」な魅力を持っていますね!

カナーンドッグの大きさは、体高が48~61センチくらい、体重が16~25キロくらいの中型犬~大型犬サイズです。

大人のヒザからヒザ上くらいの大きさで、そのサイズによって大型犬か中型犬か判断されます。

シンプルともいわれる見た目をしているカナーンドッグは、太くしっかりとした手足や安定感のある背中、くるんと巻いたしっぽで、どこか日本犬と似た無駄のないスッキリとした美しさがあります。

顔つきはキツネのようなとがったマズルやピンと立った大きな三角耳で、理知的で静かな瞳は賢そうな表情をしています。

カナーンドッグの被毛はダブルコートで、やわらかいアンダーコートと、硬い毛質のアンダーコートの二層になっています。

この被毛によって厳しい暑さに耐え、砂漠地域の気温差にも対応できるようになっているそうです。

スムースコートと呼ばれる短い短毛なので、カナーンドッグのアンダーコートが硬いため少しチクチクしますが、ツヤのある毛質をしています。

カナーンドッグには豊富な毛色があり、クリーム・ブラック・フォーン・ブリンドル・レッド・ブラック&ホワイト・三色が混じり合ったトライカラーなどなど、様々な色合いを楽しめます。

色味によってカナーンドッグの精悍さが増したり、清楚な上品さがあったり、雰囲気の違いがかなり出る犬種なので、いろんなタイプのカラーを見比べてみると面白いですよ!

被毛のお手入れも短毛なので週に1度くらいのブラッシング程度で十分ですが、短毛だから必要ないとは思わずに、皮膚の血流を促すマッサージにもなりますし、愛犬とのコミュニケーションの一つとしてぜひ行なってあげてくださいね。

タフなカナーンドッグに必要な運動量は?

Canaan dog in park

精力的に働き続けられるカナーンドッグは、毎日十分な運動量を必要とします。

ジョギングなどの運動量なら30分~1時間くらいは楽々こなすので、カナーンドッグを飼う際には飼い主さんも毎日しっかり運動することになることを覚悟しておきましょう。

1日2回、1時間ずつ散歩に行くことが理想的です。

歩くだけではカナーンドッグの有り余る体力を発散しきれないので、走れる時間を多めに取り、ボール遊びや障害物の練習など、変化を付けながら運動させてあげられるといいですよ。

また賢いカナーンドッグは、知能を使うことから達成感を得ることができるとても頭の良い犬種です。

そのため単純すぎるゲームや遊びでは満足できないので、飽きさせないように工夫してあげる必要があります。

もし家族にお子さんがいるなら、予測できない動きをする子供の相手もカナーンドッグは楽しみながら上手に行なってくれるでしょう。

一緒に走ったり、お世話したり、カナーンドッグ自身も楽しんで遊び相手になってくれますよ。

カナーンドッグは暑さには強いものの、やはり極端な暑さは犬の体には酷なので夏場は涼しく過ごせるよう、また寒さには弱い傾向があるので冬場はなるべく暖かい暖かい室内で過ごせるようにしてあげられるといいでしょう。

特に仲間意識の強いカナーンドッグは屋外で飼うと疎外感を感じてしまいがちなので、できれば家族の気配をいつも感じられるように、また家族の一員だと感じられるように、室内で飼ってあげられるといいですね。

一緒に過ごす時間が長くなることで、より忠誠心が厚い最高のパートナーとなってくれるでしょう。

カナーンドッグの寿命

カナーンドッグは平均寿命が12~14歳くらいと、大きい犬なのに小型犬に引けを取らないほど長寿な犬種です。

それはカナーンドッグが特に丈夫な犬種で、遺伝病がほぼないことも関係しているのかもしれません。

飼育環境にも気を配れば、さらに長生きして一緒に過ごせる時間が多くなるかもしれませんね!

カナーンドッグの性格

カナーンドッグは、優秀な警察犬や軍用犬として働く犬種としては珍しいほどに内向的でおとなしい犬種です。

しかしカナーンドッグは賢く、任務への集中力や責任感や忍耐力など、強い精神力も持って自分の仕事を確実にこなしていく真摯な性格をしています。

怖がりで繊細な性格なカナーンドッグは、その反面防衛本能や警戒心が強く、見知らぬ相手には良く吠えて警戒し続け、簡単に手懐けられないタイプなので、番犬や護衛犬としては有能さを示すことができます。

カナーンドッグは信頼するまでは決して心を開かず、時間をかけて仲間意識を育むタイプの慎重派ともいえるでしょう。

また、仕事がなければ自分からやれることを探すほど仕事熱心なカナーンドッグは、「飼い主を喜ばせたい!」という一心で動く、いじらしいほど健気な性格をしています。

飼い主への愛情がとても深いのもカナーンドッグの特徴ですね。

とっても怖がりなカナーンドッグは見知らぬ相手に会った時には怖さを感じていますが、もし家族が危険にさらされていると思ったら、勇敢に立ち向かう献身的な性格をしています。

この献身的な態度や優しさは、家族の中の子供や一緒に生活する他の動物にも発揮されます。

仲間への忠実さと家族愛に溢れた心根の優しさは、きっとカナーンドッグが愛される大きな理由になっているのでしょうね。

カナーンドッグのかかりやすい病気

Syringe, medical injection. Medicine isolated plastic vaccination equipment with needle on white background. Liquid drug or narcotic. Health care in hospital.

大抵どの犬種にもかかりやすい遺伝性の病気や、骨格的にかかりやすい疾患などがあるのですが、カナーンドッグはビックリするくらい超健康的な犬種で、犬種特有の遺伝病が特にないそうです!

犬の中で最も健康体な犬といえるかもしれません!!

活発な大型犬が起こしやすい病気にもほとんど掛からないようですが、「しいて言えば、年齢を重ねた時に関節系の疾患が唯一気になるかな?」というくらい丈夫なカナーンドッグ。

どんな病気なのか、また治療法などをお伝えしますね。

股関節形成不全

股関節形成不全とは、成長期の急激な成長や肥満による関節への過剰な負荷が原因となって、筋肉と関節のバランスが崩れてしまい、股関節が正常に形成されなくなる病気です。

大型犬は体重が重いのでこの病気にかかりやすいといわれているものの、カナーンドッグは遺伝で発症する可能性もほぼないので、体重管理にさえ気を配っていたらほぼ大丈夫でしょう。

活動的に過ごすことを好むカナーンドッグの食事管理をしっかりおこなってあげたら、かなりの確率で予防できますよ。

股関節形成不全を発症しやすいのは、おもに生後半年から2歳くらいまでの成長期の子犬や肥満の犬だといわれています。

軽度の場合、変な歩き方をしたり、スッと立ち上がれない、階段の前で躊躇するなどの行動をみせます。

動物病院で状態を診てもらい、大抵は運動制限や安静にすること、また食事制限で体重コントロールなどをおこなって、関節への過剰な負荷が減るように調整していきます。

しかし重度の症状の場合には、犬自身かなり痛みも感じていて、自力で立てない、歩行困難を起こすなど、深刻な症状が起こってしまいます。

投薬などで治療できることもありますが、重度の場合には手術での治療が必要になることもあります。

大きい犬を抱えて動物病院まで連れていくのも大仕事ですし、できれば軽度のうちに気付いて治療してあげられたらいいですね。

カナーンドッグのおすすめドッグフード2選!

Canaan dog in autumn

健康で丈夫な体質のカナーンドッグに必要なのは、豊富な運動量に見合ったカロリーと栄養バランスの良いドッグフード!

安価なドッグフードもありますが、質の良い肉がたっぷり入ったドッグフードは少々値が張るものの、犬の体への安全性がしっかり保障されているので、安心して食べさせてあげられますよ。

カナーンドッグに欠かせない栄養素が含まれ、さらにスタミナを底上げしてくれる、カナーンドッグにとって理想的な栄養バランスのおいしいドッグフードをいくつかご紹介しますね。

ファインペッツ

ファインペッツ

安全性の高さに定評があるドッグフードです!

容量/価格 1.5kg / ¥3,142(税込)
原産国 オランダ
メイン食材 鹿肉、鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナーンドッグの筋肉質な体には、肉類が持つ動物性たんぱく質が欠かせません。

ファインペッツでは鹿肉・鶏肉・鶏脂・鶏レバー・サーモンなど、いろんな種類の肉が入っているので、肉から摂れる栄養素からの取り損ねが無いよう手厚くカバーされている印象です。

さらにハーブからは老化防止効果やストレス緩和が期待できるので、怖がりでストレスを感じやすいカナーンドッグのメンタル面もケアしてくれています。

消化吸収率87%とほとんどの栄養が体に吸収されるファインペッツでは、「体重に見合った量を食べているのに痩せていってしまう…」なんていう超活動的なカナーンドッグにも十分なスタミナを蓄えさせることができますよ。

免疫を高めるフラクトオリゴ糖やビフィズス菌など腸内環境にも配慮され、健康面・メンタル・免疫系と、カナーンドッグにとってまさに「死角ナシ!」なドッグフードです。

A-WAN

A-WAN

A-WANは新鮮な鹿肉と馬肉がメイン材料の、肉がしっかり食べられるドッグフードです。

鹿肉は他の肉よりも鉄分が多く、高タンパクで免疫力を高める不飽和脂肪酸低脂肪が含まれているので、カナーンドッグの健康状態をさらに良好に保つことができます。

運動が大好きなカナーンドッグにとって馬肉の持つ疲労回復効果は、コンディションを整えて毎日最善の状態で仕事をこなせるように助けてくれますね。

また自己免疫力と腸内環境の関わりに注目し、コーングルテンミールという植物性タンパク質から腸内環境の向上も期待できるそうです。

毎日のおいしく食事しているだけで手軽に健康管理ができるなんて、飼い主にも愛犬にも嬉しいドッグフードですね!

まとめ

Canaan dog in autumn

日本ではおそらく飼育されていない珍しい犬カナーンドッグは、控えめながら多方面で万能さを発揮していたスーパードッグでした!

親近感の沸く見た目とカナーンドッグの飼い主思いの健気さは、きっと日本人受けする犬種なのではないかと思いました。

カナーンドッグが有能なことはすでに十分証明されているので、今後の知名度アップ次第では日本でも活躍してくれるようになるかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ