カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

ドッグフードの大切さ

Dogfood, eggs, meat, carrot and courgette on table background to

愛犬が毎日食べるドッグフードは犬の健康を支えるうえで大切なので、本当に愛犬の体にとって良いものなのかと選ぶ時には慎重になりますよね。

しかしドッグフードって犬種別から年齢別、さらにはオーガニック系まで含めると本当にたくさんの種類があって、値段もいろいろです。

「どれを選べばいいのかわからない!」と悩んだことのある飼い主さんも多いでしょう。

ドッグフードを選ぶ際、犬に必要な栄養がバランス良く含まれていること、消化吸収しやすい材料で作られているかをポイントにするといいですよ。

犬の体は食べたもので作られるので、あまりにも安価なドッグフードだと栄養面で心配…、でも高級ドッグフードだとお財布が心配…、と飼い主さんたちの悩みは尽きないですよね。

愛犬の健康な体作りのために、安さよりしっかり栄養バランスの取れるかを重視して、健康で元気な愛犬と楽しいペットライフを送ってくださいね!

カナガンドッグフードとは?

The Union Jack, the national flag of the United Kingdom waving on wind against blue sky

「犬の健康のために本当に良いドッグフードをつくりたい!」と徹底的にこだわって作られた、イギリス産高級ドッグフードのカナガン。

犬の健康のために、グレインフリーのドッグフードを作ることを目指し、完成したのがこの「カナガングレインフリードッグフード」です。

全犬種、全年齢の犬が安心して食べられるよう、食材の安全性と徹底した品質管理のもとに作られています。

高タンパクな肉と野菜やハーブをバランスよく配合され、とっても健康的なドッグフードです。

犬にとって消化しやすい食材ばかりを使用しているので、健康的な骨格と美しい毛並みを保ちたいわんちゃんにもオススメですつサポートをしてくれます。

偏食気味、また小食なわんちゃんにもぜひ試してほしいという声が多数あげられているのも納得でしょう。

犬にとって必要な食品や栄養素をご紹介しながら、「カナガン」のドッグフードに詰まっているこだわりをご紹介していきます。

カナガンのこだわり

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

安価なドッグフードの主原料が穀物なのに対し、カナガンは徹底してグレインフリーにこだわっています。

さらに穀物の代わりに、新鮮な生肉を主原料としています。

高コストな生肉をたくさん使うと価格があがってしまうために、犬の健康を考えるとを多く食べさせてあげたくても、主原料とあげられるほど使用しているドッグフードは多くありません。

しかしカナガンは犬本来の食生活に近づけるため、また犬が消化吸収しやすいように、肉が原材料の中でも51%を占めています。

また犬にとって危険性が疑われる「合成酸化防止剤」や「合成添加物」は一切使わないという点でもこだわっていて、非常に優秀なドッグフードといえるでしょう。

犬にとって十分に安全で、愛犬に安心して食べさせるのにこだわりたいドッグフードの条件として、グレインフリーであること、合成添加物類の不使用、ヒューマングレードの食材の使用をあげられます。

犬にとってやさしいドッグフードである理由を確認していきましょう。

厳選された材料はヒューマングレード

まずヒューマングレードとは、「ドッグフードの原料として使用される食材が、人間でも食べることのできるレベルの品質」であるということです。

カナガンでは犬の健康を一番に考えて、人が食べられる高い品質の原材料を厳選しています。 私たちでも食べることのできる高品質の材料が使用されているのなら、ドッグフードの品質や衛生面なども安心できますね。

ドッグフードの中には、「ミール」と表示されている肉があります。

これは肉ではない部分の内臓や骨や皮、食肉として出荷できなかった病死した物の肉などを使用されていることが多く、これらから栄養を摂ることは難しく、衛生的に管理が不十分だったりするので、アレルギーの原因になってしまうことがあります。

カナガンのドッグフードにはミールが入っていないので、安心して食べさせることができますね。

グレインフリー

The hands of a farmer close-up holding a handful of wheat grains in a wheat field.

グレインとは、一言でいうと言うと穀類全般のことです。

小麦やオート麦、米やとうもろこし、また小麦粉のように粉末に加工していてもグレインに含まれます。

犬は本来肉食なので、消化器官の構造も肉の消化に適した作りとなっています。

そのため野生では食べることがほとんどなかった穀類の消化を苦手としていて、アレルギー反応を起こしてしまう犬も多く、犬にとっての理想的な食事とはグレインフリーであることがあげられます。

しかし穀物は肉よりも安価に仕入れることができるので、コスト削減のため穀類がメインに入っているドッグフードが多くあります。

穀類の含有量が低ければ低いほど、犬にとって消化吸収しやすい良い食事なのです。

カナガンでは、グレインが一切配合されていないドッグフード作りにこだわっています。

合成添加物は不使用

ドッグフードの添加物には「合成添加物」と「天然由来の添加物」の2種類があります。

「合成添加物」とは、化学物質を合成して人口的に作られた添加物のことで、主に防腐剤や着色、味を整える目的で使用されています。

しかし犬にとって100%安全だと言い切れないものが多く、中には発ガンリスクが疑われる合成添加物もあります。

カナガンでは、犬にとって安全性の高い「天然由来の添加物」を使用しています。

酸化防止のために添加物を使う必要がありますが、ビタミンE由来の天然成分を添加物として使用しているので、犬に安心して与えることができます。

徹底した品質管理の下で製造

カナガンの原産国のイギリスは、動物愛護の先進国なのでペットを非常に大切にしています。

そのためペットフードの基準も高く、品質への細かい規定がたくさんあります。

イギリスで作られたカナガンは、イギリスの高い基準を満たしているペットフードなので安心できる品質です。

国際規格「SAI GLOBAL」の最高クラスAを取得した工場で製造されており、徹底した品質管理のもと生産されています。

品質テストは製造前と製造後の2回行われていて、製造ライン全てに監視カメラが設置されているそうです。

さらに原材料の品質テスト、また製造後も出来上がったドッグフードを細かく成分分析する、という徹底した品質管理が行われています。

これだけ厳しいチェックを経て製造されているので、カナガンの品質管理面は問題なし!と言えるでしょう。

犬が大好きな香り

raw chicken legs

カナガンのドッグフードは鶏肉がたっぷり使用されているため、犬が大好きなようです。

穀類を多く使っているドッグフードとは香りが少し違うように感じられるかもしれませんが、お肉多めのこのフードは少し香ばしい香りだといわれています。

犬の体にやさしい材料で作られているので、合成添加物の入っていないこのドッグフードは犬にとって良い香りがするのだと思います。

カナガンでは、季節ごとに取れる新鮮な食材を使用して製造しているため、商品のレシピに変更はないのですが、色や香りに多少の差がでることがあるようです。

これは合成添加物で味を一定に整えてない証拠ともいえるので、愛犬へ安全なドッグフードを与えられるということなので、心配しないでくださいね。

カナガンの材料

white chickens

ここからはカナガンで使用されている原材料にはどんなものがあるかご紹介していきます。

カナガンに含まれる主な原料からも、犬の健康をサポートするためにこだわり抜かれた品質への安心感を深められるでしょう。

新鮮なチキン

肉食の犬が健康でいるために重要なのが動物性タンパク質をしっかり摂れること、つまり肉をたくさん食べられるようにしてあげることです。

カナガンの主原料は鶏肉で、ドッグフードの成分のうち51%も鶏肉が使用されています。

市販されているドッグフードの中ではかなり珍しいといえるでしょう。

動物性タンパク質がしっかり摂れるこのこだわりのレシピに使用されている鶏肉ですが、愛犬の免疫力アップに大いに貢献してくれる食材といえます。

新鮮な鶏肉には、良質な筋肉を作るための質の良いタンパク質やビタミンが多く含まれていること、さらにしっかりとした骨格を作るために必要なリンが豊富に含まれていて、愛犬の健康をサポートをしてくれます。

サーモンオイルは毛並みに効果あり

肉食の犬に与えるドッグフードに、サーモンオイルを使用するというのは意外に思われるかもしれません。

しかしサーモンオイルはドッグフードに使用されるオイル類の中でも上質なオイルの1つにあげられます。

サーモンオイルには、美しく健康な毛並みを維持するEPA、オメガ3脂肪酸が含まれるDHAやαリノレン酸が含まれています。

そのため皮膚や毛の保護、免疫機能の向上、アレルギーの緩和、関節の保護、脳神経機能の促進、便通の改善など、愛犬の健康へのさまざまな効果が期待できます。

サツマイモ

Potato. Sliced sweet potato or Japanese yam isolated on white background

カナガンではサツマイモを配合し、穀物類を使用せずしっかりと必要な炭水化物を摂ることができるようにしています。

食物繊維が豊富なサツマイモは満腹感が持続しやすく、ゆっくりと時間をかけてエネルギー消化されるために体へかかる負担が少なく、便秘や軟を予防してくれます。

さらにさつまいもは、ビタミンC、E、B6、パントテン酸、葉酸、ミネラル、カリウム、銅、マンガンなど、多くのビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。

これらには抗酸化作用がありますので、犬の老化防止に役立ちます。

またストレスを感じやすい犬や病気の犬は、多くのビタミンが必要となるので食べ物からも摂取できると治療効率のアップも期待できるかもしれません。

海藻

海藻はミネラルを豊富に含んでいるので、犬の健康促進に役立ちます。

例えば、甲状腺ホルモンを作るのに必要なヨウ素を摂取し体のコンディションを整えることができます。

またフコダインには、がんを予防したり抑制したりする作用もあります。

食物繊維が豊富に含まれているので、整腸作用も期待できます。

こだわりのハーブも配合!

人間の医療にもハーブ療法が用いられているイギリスらしく、カナガンも健康成分であるハーブ類を多く含んだレシピになっています。

例をあげると、マリーゴールドは白血球の生成を活性化する効果があり、免疫力を高めてくれます。

クランベリーは、ビタミンCが豊富で尿路結石を予防する働きがあります。

カモミールは、リラックス効果によるストレス軽減に加えて、健康な皮膚を維持する効果もあるといわれています。

病気予防や免疫力アップも期待できるなんて、サプリいらずの優秀なドッグフードですね。

グレインフリーである

穀類が含まれているドッグフードは、穀類を消化できない犬の消化器官に大きな負担をかけてしまいますし、穀類はアレルギーの原因となってしまうことがあります。

グレインフリーのドッグフードは、小麦や米、とうもろこしなどにアレルギーがある犬にも安心して食べさせられますし、胃腸が弱く消化機能が強くない犬にもオススメです。

食べやすいサイズ

カナガンのドッグフードは、全年齢、全犬種向けのドッグフードです。

そのため子犬や小型犬、また大型犬でも食べやすい小粒サイズです。

食べやすいサイズに加えて、丸く真ん中に穴が開いている形をしているので、歯が強くない子犬やシニア犬でも簡単に噛み砕くことができる親切な形です。

またお腹の調子が悪い時などにふやかして与えたい場合にも、穴が開いているのですぐにふやかすことができるのもいいですよね。

原材料

Vegetables cooking ingredients for tasty vegetarian dishes. Carrot , potato , onion , mushrooms , garlic , thyme , parsley on dark rustic wooden background, frame

カナガンの原材料をチェックしてみましょう。

成分表から、主なエネルギー源としての動物性タンパク質を重視して、たっぷり配合されていることが分かりますね。

下記が原材料の一覧です。

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

粗タンパク質

粗タンパク質は、血液や筋肉、臓器や皮膚などを作る基礎となるものです。

ホルモンや免疫系統の生成にも関わるものなので、不足してしまうと筋力低下などの健康への悪影響、また被毛の質が悪くなったりしてしまいます。

カナガンから摂取できる粗タンパク質は、なんと33%もあります。

生肉のチキンと乾燥チキンを合わせると、51%と全体の半分も占めています。

カナガンのドッグフードは、犬に必要な量の動物性タンパク質を十分に得られる優れたドッグフードだといえますね。

成分/粗タンパク質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、水分8.50%

合成酸化防止剤は不使用

カナガンは犬の健康を考えて、人工的な酸化防止剤の変わりに、天然のハーブやビタミンEが配合して自然の成分を用いて酸化防止しています。

カナガンに切り替えるメリット

Labrador retriever puppy in the yard (shallow dof)

今までご紹介してきたように、カナガンは食事からしか補給できない栄養素もバランス良く配合し、犬が消化吸収しやすい動物性タンパク質をメインに作られています。

成犬の健康サポートや成長期の子犬、そろそろ体力の低下も気になるシニア犬まで、幅広い年齢の犬に安全で栄養バランスの良い食事を与えることができます。

消化器関係が弱い犬や食が細い犬にも、グレインフリーのドッグフードなので、消化の際に体に大きな負担をかけずに栄養を十分与えることができます。

安全性がしっかり確かめられている原料で製造されていること、犬に有害な合成添加物を使用していないこと、品質管理が徹底されていること、この3つが確かめられているというのは、愛犬に安全なドッグフードを選ぶ際に安心できるポイントといえるでしょう。

カナガンに切り替えるデメリット

Funny Sleepy Pug Dog with gum in the eye sleep rest on floor

鶏肉をメインの原材料としているため、鶏肉にアレルギーを持つ犬には与えることができません。

また高タンパクなドッグフードなので、カロリーが他のドッグフードと比べるとやや高く、太りやすい犬種やダイエット中の犬は少量から試して様子を見たほうが良いかもしれません。

合成保存料が入っていないため市販のドッグフードに比べると、保存期間は短めです。

1ヶ月程度で食べきってしまうようにしたほうがいいでしょう。

グレインフリーでヒューマングレードの食材で作られている安全性の高さから考えると適正な価格だと思いますが、市販されているドッグフードに比べると値段が高く感じるかもしれません。

コスパの良さを重視しているなら、全量カナガンのドッグフードを与えるというのは負担に思うかもしれません。

口コミについて

徹底した品質管理と新鮮で安全な材料で製造されたカナガンドッグフードですが、「愛犬の体質にとっても合っていた!」という方もいれば、「愛犬には合わなかった…。」という方もいらっしゃるでしょう。

どんなに良いドッグフードでも、愛犬の体質や体調に合うかによって飼い主さんの評価は分かれると思います。

カナガンにも良い口コミもあれば、良くない口コミもありました。

すべての口コミが信頼できるとは言い切れませんが、購入するにあたっての参考の一つにしてみても良いのかもしれません。

評価のよい口コミ

Happy young caucasian female wearing blue long sleeved shirt making thumb up sign and smiling cheerfully, showing her support and respect to someone. Body language. I like that. Good job.

カナガンを購入し、実際に食べさせている方々からは、食が細かったり好き嫌いが多い犬の体調が改善した、という口コミも多くありました。

毛並みやお腹の調子が改善された、グルコサミンやコンドロイチンで関節の調子が良くなった、うんちの量が少なくなった、さらに品質の安全性の高さに多くの高評価が寄せられています。

実際に愛犬に食べさせている飼い主さんの口コミをいくつか紹介しますね。

「子犬の時から食べさせていて、現在4才になります。

最初は別のドッグフードを与えていて、愛犬は問題なく食べていたのですが、目やにや体臭が気になっていたので、いろいろ探してカナガンにたどり着きました。

カナガンに変えてからは目やにや体臭も気にならなくなり、毛艶もよくなりました。」
「食に興味がない愛犬でもしっかり食べてくれるのが、カナガンです。

肉の配合が多いので美味しいのでしょう。

ほかのドッグフードも試してみましたが、やっぱり食いつきが違いました。

愛犬が気に入って、1番食べてくれるのでリピートしています。」
「食が細くてごはんを食べないなんてのはよくありますが、しかし健康維持できています。

先日シニアの健康診断を受けたのですが、どこも悪いところがなく「すごくいい数値です。ご飯がいいんだと思いますよ!」と獣医さんからほめられました。」
 

評価の低い口コミ

Hand of client show a feedback with bad smile face card. Service rating, satisfaction concept

良い口コミがある一方で、愛犬に合わずに評価が低くなった口コミもありました。

ドッグフードのにおいが強い、カナガンに替えてから太った、下痢をした、給与量が少なく愛犬が満足しない、値段が高い、などが目立ちました。

良い食材で作っていても犬によっては合わないケースがあるので、コンディションが悪くなった場合はかえたほうがいいでしょう。

実際に愛犬に食べさせた飼い主さんの口コミをいくつか紹介します。

「食いつきは、ほかのドッグフードよりもましという程度でした。

以前のフードに少しずつ混ぜてあげてみましたが、軟便や嘔吐が続きました。

特におなかが弱いとかアレルギーがあるわけではなく健康優良犬でしたが、合わないようでぐったりすることが多くなりました。

ほかのフードに変えてからは元気に戻りました。」
「涙やけが改善するというので購入しましたが、全く効果ありませんでした。

かえって酷くなってしまった感じです…。

最初は完食していましたが、一週間ぐらいで急に食べてくれなくなり、変えることになりました。」
「食に対して好き嫌いが出てきたようで、これはあまり好みではないようです。

栄養満点のフードでも食べてくれないと意味がありません。

ネットでは食いつきがいいフードだといわれていますが、食にこだわりがある犬にはいまいちだったようです。」

口コミ評価の考察

Business investor in deep thought looking at the business ideas written on the whiteboard. Businessman thinking while holding his spectacles to mouth

どんな犬にも合う完璧なペットフードは存在しませんが、一番大切なのは愛犬の体に合っているのか?ということです。

カナガンの口コミにも賛否両論な口コミがあります。

穀物のアレルギーが改善したり、与え始めてからお腹の調子が良くなった犬もいれば、食べ始めてからの軟便、価格の高さ、うんちのニオイがキツく感じる、などの声が聞かれました。

しかし不思議と素材や栄養価などに関しての不満の声は見られなかったように思いました。

口コミを参考にしつつ、愛犬にぴったり合うドッグフードを見極めてくださいね。

便や食いつきに改善効果があるのはなぜ?

カナガンを食べた愛犬のうんちが以前のフードの時よりも黒っぽくなった、という飼い主さんの声がありますが、これは「カナガンが肉のたっぷり入ったドッグフードだから。」というのが答えです。

新鮮な鶏肉が主な材料になっていて、動物性タンパク質がたっぷり含まれているので、穀類のドッグフードのときよりもうんちが臭くなります。

人間も肉をたくさん食べた後って、普段よりもうんちが臭いますよね。

小麦やとうもろこしが多いドッグフードだと消化しきれない分、どうしてもうんちの量が多くなってしまうのですが、グレインフリーのドッグフードにかわると、食べたものがすべて消化できるため、うんちの量や回数が減っていく傾向にあります。

最後に食いつきの改善ですが、やはり鶏肉をたっぷり使用しているのが大きな理由だと思われます。

肉の香りとハーブなども入っているので、一般のドッグフードとは少し違う香りがしています。

さらに合成防腐剤などを使用しないで、その時の新鮮な食材の自然成分を用いて酸化防止をしているので、毎回味が微妙に異なっているのも飽きないで美味しく食べられる秘訣なのかもしれません。

賞味期限

カナガンは無添加のペットフードなので、合成保存料を一切使用していません。

そのため一般のドッグフードよりも賞味期限が短めで、常温未開封で製造日より1年半保存できます。

製造日から1年半なので、到着したらまず製造日を確認するといいかもしれません。

開封後はなるべく早めに、遅くても約3ケ月以内を目安に食べきりましょう。

開封したらしっかりと密閉し、湿気のない涼しい場所で保管してください。

フードの切り替え方

いきなり今まで食べていたドッグフードから切り替えると、犬の胃に負担がかかってしまい、体調を崩してしまうことがあります。

今のドッグフードに新しいドッグフードを少しずつ混ぜていくようにして、最低でも1週間はかけて慣れさせていきましょう。

1日目は、いつものフードに新しいフードを1割くらいを混ぜるくらいがいいでしょう。

様子を見て問題がないようだったら、2日目は2割くらい、3日目は3割くらい、と徐々に新しいドッグフードの割合を増やしていきましょう。

お腹が弱い犬の場合は、もう少し長い時間をかけて、ゆっくり移行していくといいですよ。

もしも切り替えている途中で愛犬の体調が悪くなったり、下痢をしてしまう場合は、体調がよくなるまで切り替えを中止して、いったん胃腸を休ませてあげましょう。

完全に体調が戻って良いうんちが出るようになったら、新しいドッグフードへ2回目の切り替えに挑戦できます。

しかし1回目の切り替えよりも十分注意して、変化がないかよく見守りましょう。

新しいドッグフードの割合も、1割のさらに半量からスタートしましょう。

それでも体調を崩したり、下痢をしてしまう場合は、そのドッグフードが愛犬の体質に合わないのかもしれません。

さらには愛犬にとってのアレルゲンが入っているのかもしれません。

すぐに切り替えを中止してください。

与えるのをやめた後にも下痢や体調不良が続くなら、動物病院で診てもらってください。

商品概要

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンドッグフード1袋3,960円(税抜)です。

定期コースで注文、また定期購入で2袋以上注文すると割引率がアップするのでお得ですよ。

価格の評価

市販されているドッグフードと比較すると、価格が高いと思うかもしれません。

しかし安全で新鮮な肉がたっぷり使用されていること、合成添加物が不使用、グレインフリーで新鮮さにこだわった材料のみ使用されていることなど、カナガンのこだわりを知ると納得かもしれません。

これだけこだわって作られているハイクオリティなドッグフードなので、低コストの穀物使用のドッグフードに比べると価格差はありますが、安全性などを考えると適正な価格だと思いました。

品質が確かなカナガンドッグフード

Dog breed Jack Russell Terrier and foods are on the table in the kitchen

カナガンは犬の健康をサポートするために、犬のことをよく考えて作られた栄養豊富なドッグフードです。

こだわりの「ヒューマングレード、グレインフリー、無添加」を徹底的に守っているので、どの年齢の愛犬にも安心してあげられる安全なドッグフードです。

愛犬のことを考えて、高タンパクなドッグフードを与えたい方にピッタリのドッグフードです。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ