オールドイングリッシュシープドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

オールドイングリッシュシープドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

ミュージカルの「アニー」に出演したり映画やテレビ番組に出たこともあるのでおそらく多くの人が一度は見たことがあるであろうオールドイングリッシュシープドッグ。モコモコフワフワの被毛がまるで大きなぬいぐるみのようだとして人気を集めている犬種です。頭文字をとって「OES」とか「ボブテイル(尻尾が短いという意味)」、または「オールド」といった愛称を持ち多くの愛犬家から親しまれているオールドイングリッシュシープドッグですが、大型であるために飼育環境を整えるのが難しく、日本ではあまり見かけることがありませんね。今回はそんなオールドイングリッシュシープドッグの魅力と、おすすめのドッグフード3選を紹介します。

オールドイングリッシュシープドッグって?

Olivia, a female Old English Sheepdog

大きな体をしているのにつぶらな瞳でかわいい笑顔を振りまくオールドイングリッシュシープドッグはその名の通りイギリス産の牧羊犬です。

「オールド」とはいってもその歴史は決してものすごい古いわけではないんですよ。

それではオールドイングリッシュシープドッグの歴史からまとめてみることにしましょう!

オールドイングリッシュシープドッグの歴史

オールドイングリッシュシープドッグの歴史は名前とは反対に比較的新しいといわれていて、18世紀後半から19世紀の文献にそれらしい犬種についての記録が残っているようです。

また1800年初期に「ボブテイル」と呼ばれる牧羊犬がオールドイングリッシュシープドッグの祖先ではないかともいわれています。

一般的な牧羊犬のように家畜を追い立てるような仕事というより、「羊飼いの犬」と呼ばれて家畜を牧場から市場へ移動させる際の警備のような仕事を主にしていたようです。

当時は家畜に噛みつくようなこともあったようですが、基本的には穏やかで家庭犬としても飼育しやすい犬種だとされています。

狩猟犬などは敵の攻撃を受けた時にけがをしないように断尾するのが習慣になっていましたが、特にケガの心配をすることのないオールドイングリッシュシープドッグも断尾されることが多く、尻尾が短いことから「ボブテイル」という愛称でも知られるようになりました。

この断尾についてですが、当時はヨーロッパを中心に「犬税」というのがあり、イギリスでは断尾して作業犬として登録すれば免税となるためオールドイングリッシュシープドッグも断尾されるのが習慣になっていました。

現在では動物愛護の見解から断尾が禁止されるようになっているので、もともとの長くてふさふさした尻尾のオールドイングリッシュシープドッグを見ることができるようになりました。

さて、ドッグショーで登場するようになったオールドイングリッシュシープドッグですが、当初はあまり高い評価を得ることがなかったものの、だんだんと人気を集めるようになると、1907年には被毛を逆立てるグルーミング方法が考えられ、そのフワフワとしたかわいらしい姿によりドッグショーでも人気犬種となりました。

アメリカに渡ったオールドイングリッシュシープドッグは1885年にアメリカンケネルクラブ(AKC)に登録され、最初こそはお金持ちが所有する犬種として知られていましたが、だんだんと庶民の家庭犬としても定着するようになりました。

大きなぬいぐるみのようにかわいらしくてモコモコの特徴的な外見が魅力的なため、映画をはじめ日本でもテレビ番組などに登場するようになり多くの人に知られるようになった犬種です。

ただ被毛のケアが簡単ではないことや大型犬であることから欧米ではかつてのような人気はなくなっており、さらに日本では飼育することが難しいので稀少犬となっています。

オールドイングリッシュシープドッグの特徴

Old english sheep dog young adult standing seen from the side isolated on a white background

オールドイングリッシュの体形ですが、オスの平均的な体高は約61㎝、体重は32㎏~36㎏となっており、メスの平均的な体高は約56㎝、体重は27㎏~36㎏となっています。

どっしりとした大型犬で、長くてフワフワとした被毛に覆われているのでまるでぬいぐるみにように見えますが、いったいどんな特徴を持った犬なのでしょうか?

それではオールドイングリッシュシープドッグの特徴や寿命、性格についてもまとめてみますね!

洋ナシのようなシルエット

大きくてどっしりとした体形をしているオールドイングリッシュシープドッグは、体高と体長がほぼ同じで横から見ると真四角に見えるのでスクエア型とも呼ばれています。

そしてお尻が肩よりも大きく見えることから「洋ナシ型」といわれることもあります。

長い被毛で覆われているのでわかりにくいかもしれませんが、体つきは筋肉質で足長で、お尻が肩よりも張っているため洋ナシのようなシルエットになるのが特徴です。

独特な歩き方「側対歩」

Shaved or short hair Old english Sheperd sheepdog

大きな体を揺らすように歩く姿は独特で、右手と右足、そして左手と左足を同時に出すので「側対歩」と呼ばれています。

人間だと緊張したときに思わず同じ側の手と足が同時に出てしまって恥ずかしい思いをすることがありますが、オールドイングリッシュシープドッグの場合はもちろん緊張しているからではありませんよ。

日常的に側対歩をする動物は象やキリンやラクダなどもいて、上下動が少ないので体への負担が少なく力が入れやすい歩き方だという見方もあります。

大型犬のオールドイングリッシュシープドッグも側対歩でドシドシと力強く歩くのが特徴になっています。

オールドイングリッシュシープドッグの寿命

オールドイングリッシュシープドッグの平均寿命はアメリカンケネルクラブ(AKC)によると10歳から12歳だとされています。

大型犬は全体的に寿命がそれほど長くありませんが、個体や飼育環境によって長生きする犬もいるので飼い主としては様々な工夫をして愛犬とできるだけ長く一緒にいたいですね。

後半でさらに詳しく説明しますが、オールドイングリッシュシープドッグのかかりやすい病気について知っておくことによって適切な予防や対処をすることができるでしょう。

また健康で長生きできるように栄養価の高い良質なドッグフードを与えるようにもしたいですから、おすすめのものを3つ紹介するのでこれらの情報を参考にして大切に飼育するようにしましょう。

オールドイングリッシュシープドッグの性格

Old English Sheep Dogs Lounging together.

オールドイングリッシュシープドッグは大型で迫力がある犬種ではありますが、優しい見た目と同じくとても愛情深い性格をしています。

子供との相性は抜群で、遊ぶのが大好きな陽気な性格も持ち合わせています。

子守などもできるので家庭犬として人気を集めていたこともあり、ナニー犬と呼ばれることさえありました。

家族が大好きで寂しがりやな性格でもあるので、長時間の留守番などで一人ぼっちになることは好みません。

放っておかれる時間が長くなると、物を破壊したり乱暴になるなど問題行動を起こすことがあるので注意が必要になるでしょう。

その一方でよく訓練されたオールドイングリッシュシープドッグは人命救助や捜索などの任務もこなすことができるなど学習能力が非常に高い賢い犬種であることも知られています。

家族の一員としてしっかりとしつけられたオールドイングリッシュシープドッグは最高のパートナーとなるでしょう。

大きくて家族思いなので番犬にとも思うかもしれませんが、実は警戒心があまり強くなく、見知らぬ人にもなついてしまうことがあるため番犬には向いていません。

オールドイングリッシュシープドッグのかかりやすい病気

the Old English Sheep dog in studio

オールドイングリッシュシープドッグは大型犬なので大型犬に特有の股関節形成不全などの病気には気を付ける必要があります。

そのほかにもオールドイングリッシュシープドッグがかかりやすいとされている病気がありますので、今回はその中の「三尖弁閉鎖不全症」、「進行性網膜萎縮症」そして「甲状腺機能低下症」について説明しますね。

これらの病気についてのある程度の知識を得ておくことは、予防だけでなくもしもの時にも的確な対象をするのに役立つでしょう。

三尖弁閉鎖不全症

三尖弁閉鎖不全症は心臓の右心室と右心房の間にある弁(三尖弁)に異常が起きて心臓内の血液が逆流してしまう病気です。

この病気を発症すると乾いた咳が出たり、元気がなくなって疲れやすくなるなどの症状がでて、やがて呼吸困難やチアノーゼなどの症状、そして肺水腫を併発することもある危険な病気です。

悪化してしまうと失神したり最悪の場合は死に至る病気でもあるので、三尖弁閉鎖不全症の恐れがある場合はすぐに動物病院に連れて行って適切な処置をとる必要があります。

三尖弁閉鎖不全症はオールドイングリッシュシープドッグを含む大型犬に多い病気だとされていて、先天性の三尖弁形成異常が原因になることの他は、僧帽弁閉鎖不全症や肺高圧血症、フェラリア症などの他の病気と併発する後天的な病気だということがわかっています。

フェラリア予防をしっかりしておくことや心臓に負担のかかる激しい運動を控えること、そして当然肥満に気を付けて心臓に負担がかからないようにすることが大切です。

三尖弁閉鎖不全症は完治するのが難しい病気ですが、症状の進行を遅らせて病気と上手に付き合いながら生活を続けることができます。

愛犬が散歩に行きたがらなくなったり疲れやすくなったりしたときはできるだけ早く動物病院で診察してもらって、早期発見・早期治療ができるようにしましょう。

進行性網膜萎縮症

進行性網膜萎縮症は網膜にある光を受ける部分に異常が起こって網膜がだんだんと委縮してしまう病気です。

進行性網膜萎縮症を患うようになると暗いところで目が見にくくなるため夕方や夜間の散歩などで目が見えづらく不安な様子をしたり外出を嫌がるようになります。

徐々に進行するため飼い主がすぐに気づくのは難しいとされていますが、その一方で愛犬は目が見えなくなることに順応しやすいという面もあります。

さらに痛みを伴う病気ではないので、愛犬がストレスを感じることなく生活できるように工夫することによって生活を続けることができます。

目が見えづらくなると物にぶつかったり躓きやすくなるので、家具などの場所を固定して邪魔なものを置かないようにしたり、散歩は人通りが少ない静かな場所を選ぶなど工夫してあげるといいでしょう。

症状は徐々に進行し、やがて失明してしまう厄介な病気なので、特に大型犬であるオールドイングリッシュシープドッグが患うと飼い主にとっては世話をするのが大変になってしまいます。

この病気は遺伝性のものなので予防方法はありません。

そのため進行性網膜萎縮症を持っている個体を繁殖に使うことがないように気を付けることが必要になるでしょう。

オールドイングリッシュシープドッグの子犬を購入する際は繁殖に注意深い信頼のおけるブリーダーからのみ購入するようにしましょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症はのどにある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが不足することによって起こる病気で、特に高齢の犬に多くみられるとされています。

甲状腺ホルモンが不足すると体を上手に動かすことができなくなり、元気がなくなって散歩に行きたがらくなったり体重が増えたり寒がるようになります。

また皮膚の乾燥や尻尾が脱毛、おなかの皮膚が黒ずむといった症状も見られるようになります。

加齢によって起こる症状との見分けが難しいために様子を見ていると重症化してしまうケースがあり、その場合は発作を起こしたり前庭障害、顔面神経麻痺そして最悪の場合は衰弱して死に至ることもある危険な病気です。

早期発見・早期治療を必要とする病気なので、上に挙げた症状が見られたならすぐに動物病院に連れて行って診察してもらうことをおすすめします。

完治することができない病気だとされていますが、甲状腺ホルモン製剤の投与によって病気と付き合いながら生活することができるようになります。

オールドイングリッシュシープドッグのおすすめドッグフード3選!

Dog

大きくてぬいぐるみのようなキュートなオールドイングリッシュシープドッグですが、太りすぎて心臓や足腰に負担がかからないようにしっかりと食事管理をしたいですね。

普段から栄養価の高い安全なドッグフードを与えることによってさまざまな病気を予防することもできるので、ドッグフード選びは飼い主にとってとても大切な仕事だということができるでしょう。

最近では人間が食べることのできるほど高品質で安全なヒューマングレードのプレミアムドッグフードを購入することができるので、今回はその中から3つ選ぶことにしますね。

モグワンドッグフード

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

新鮮なチキンとサーモンをふんだんに利用したモグワンドッグフードは手作り食をコンセプトにして無添加で美味しいプレミアムドッグフードを完成させました。

愛犬家をはじめ獣医師たちからもおすすめされているヒューマングレードのドッグフードで、イギリスのペットフード専門工場で徹底的な安全管理のもと製造されています。

イギリスは動物愛護に関しては先進国で、たくさんの高品質のドッグフードを作っていることでも知られているんですよ。

オールドイングリッシュシープドッグもイギリス産の犬種なので喜んで食べることができるでしょうね。

モグワンドッグフードは無添加で安全であるとともに、独自のハーブをブレンドして犬がおいしく食べることができるように工夫しているのが特徴です。

試食会ではなんと98%ほどの犬が食べたということで、ほとんどの犬が喜んで食べる食いつきのいいドッグフードなんですよ。

グルコサミンやコンドロイチンといった関節ケアに役立つ成分も配合しているので大型犬がかかりやすい股関節形成不全を予防するのに役立ちます。

新鮮なチキンとサーモンが53%も使用されているので十分な運動量を確保しなければいけないオールドイングリッシュシープの体力をしっかりとサポートすることができます。

そしてほかのプレミアムドッグフードに比べるとやや低めの12%という脂肪分なので愛犬が太って心臓に負担をかけないようにするのに助かります。

カナガンドッグフード

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンドッグフードもペット先進国のイギリスが誇る最高級プレミアムドッグフードで、エリザベス女王から表彰されるなど知名度も抜群です。

製造工場はモグワンドッグフードと同じで、食材の安全性と品質管理を徹底的に行っています。

安価なドッグフードには穀物がかさ増しされていますが、肉食の犬にとって穀物は消化に悪く、場合によってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。

それでカナガンドッグフードは犬が本来口にする肉をメインに使って、消化吸収しやすい健康にいいドッグフードを作り出しました。

使用しているのは新鮮なチキンで、原材料の中でなんと51%も占めています。

また犬にとって危険性の高い合成酸化防止剤や合成添加物は一切使用せず、無添加で愛犬の体に優しいというのも特徴です。

食材はすべてヒューマングレードなので愛犬に負担が少なく、消化吸収もいいので安心して毎日与えることができます。

ドッグフードに使用するオイルの中でも上質だとされているサーモンオイルが配合されているので皮膚や被毛の保護、関節の保護なども期待することができます。

FINEPET'S「極(KIWAMI)」

FINEPET'S「極(KIWAMI)」は世界最高品質で安全安心のドッグフードを目指して作られた愛犬にとっては非常にうれしいプレミアムドッグフードです。

犬が本当に必要とする原材料を厳選して使っており、高級食材のシカ肉を使っているのも特徴です。

低脂肪で高タンパクなシカ肉は、犬が必要とする動物性たんぱく質をしっかりと取ることができるだけでなく、大型のオールドイングリッシュシープドッグにはうれしい低脂肪なので肥満防止にも効果的なヘルシーなお肉です。

肥満になると心臓に負担がかかるので、心臓の病気にかかりやすいオールドイングリッシュシープドッグにとってはできるだけ低脂肪のドッグフードが適切だということができるでしょう。

FINEPET'Sは鹿肉をドッグフードに取り入れた先駆者だとされていますが、その栄養価の高さが知られるようになってからは鹿肉を使用するようになったメーカーも増えているようです。

鹿肉の他にもチキンやサーモンを使用し、肉類がなんと80%も含まれているのもFINEPET'Sの特徴で、より自然な形で愛犬が食事をし、消化吸収もいいので体にとてもいいということができます。

人間が食べることのできる食材を使用しているヒューマングレードのドッグフードで、添加物は一切使用していないので安心して与えることができます。

関節ケアに効果が期待されているコンドロイチンも含まれていますし、被毛を美しく保つことができるオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸も含まれていますよ。

また消化吸収率は87%でほかのドッグフードに比べると断トツの数字を出しているのも注目で、愛犬の胃に負担が少ないこと、少量でも栄養がぎっしり詰まっているため給与量が通常よりも少なくていいというメリットもあります。

愛犬にとっては胃に優しくて、飼い主にとっては財布に優しいということもできますね!

まとめ

Old English Sheepdog with long tongue sticking out in the foreground with sheep in the background

オールドイングリッシュシープドッグの魅力についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

映画やテレビ番組などで見たことはあっても、実物を見たことはないという人が多い大型犬種ですが、家族として迎えることができたらうれしいですね。

そのためには飼育環境をしっかりと準備したり、大切に飼育できるようにたくさんの情報を必要とするでしょう。

そんな時のためにこの記事の情報が役に立つことを心から願っています!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ