オーストラリアンキャトルドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

オーストラリアンキャトルドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

オーストラリア出身のワーキングドッグの中でも、大きな家畜を相手にしっかりリーダーシップを発揮できるオーストラリアンキャトルドッグ。牧牛犬として理想的な素質を持つように交配されたので、力の強い牛の集団をまとめ上げることができるんだそうです。各国の農場主からの信頼が厚いオーストラリアンキャトルドッグが特別牧牛犬に向いている理由や飼う時のポイント、健康管理にも役立つ点などもご紹介していきます。

オーストラリアンキャトルドッグって?

Summer portrait of happy Australian Cattle Dog on dandelions meadow.

オーストラリアンキャトルドッグは名前にある通り、オーストラリアで作出された犬種で、その作出にはイヌ科の野性動物も関わっているワイルドさを残す犬種です。

そのため忠実で従順な面とワイルドさを合わせ持つ、有能なワーキングドッグとして誕生しました。

広大なオーストラリアの農場、またアメリカ西部やニュージーランドの農場は広すぎて人の手だけではとても管理しきれないので、そんな時には犬が家畜を管理するパートナーとして選ばれています。

牧羊犬は羊の群れをまとめ、牧牛犬であるオーストラリアンキャトルドッグは牛の群れを監督しているという訳です。

しかしリーダーに従順な羊たちとは違って、体も大きく力も強い牛たちを動かすのは一筋縄ではいきません。

しかし力では牛と渡り合えるサイズとは思えない小柄なオーストラリアンキャトルドッグが、大きな牛たちに言うことを聞かせられるのはなぜでしょうか?

それは「ブルーヒーラー」というオーストラリアンキャトルドッグの別名に隠されていました。

「ヒーラー=癒やし系」ではなくて、**牛のかかと=ヒール**を噛んで誘導する犬という意味なんだそうです。

賢いオーストラリアンキャトルたちは群れの状況に応じ、その時にもっとも良い誘導の仕方に切り替えて群れを扱うんだそうです。

細かな指示を出さなくても自分で判断し群れを管理できるところと、大きな牛以外にもヤギや馬、アヒルなど大小さまざまな家畜を管理できるというオールマイティーさも、オーストラリアンキャトルドッグが各国の農場主から重宝される理由なのでしょう。

オーストラリアンキャトルドッグには兄弟犬もいて、しっぽが短いそっくりな見た目の犬はオーストラリアンキャトルドッグが断尾したのではなく、「オーストラリアン・スタンピーテイル・キャトル・ドッグ」という別犬種です。

では、映画「マッド・マックス2」で主人公の頼もしい相棒としてキャスティングされた犬はどちらだと思いますか?

この時出演していた犬はしっぽが長いので、映画でいい味を出していたクールな相棒はオーストラリアンキャトルドッグでした。

彼らを映画で見かけたら、どちらの犬種が出演しているか当ててみてくださいね!

オーストラリアンキャトルドッグの歴史

牧牛犬オーストラリアンキャトルドッグの基礎となっているのは、同じくオーストラリア出身の牧牛犬「ティモンズ・バイター」という犬種です。

この犬は1800年代のオーストラリア開拓時代、オーストラリアの牧畜業の発展に大きく貢献したといわれています。

当時オーストラリアには野性化した牛が多く、牛を従わせるための牧牛犬が必要とされ、野性のディンゴとスミスフィールド・コリーを交配させた「ティモンズ・バイター」が誕生しました。

ティモンズ・バイターは牛の群れを管理するのには向いている働き者な犬種でしたが、野性の血が強いので攻撃的で訓練しにくい性格で、噛む力が強く牛をケガさせてしまうこともありました。

それでも無駄吠えしないので体力を消耗しないで働くことができたこと、気温変化にも強いことなどオーストラリアの牧畜犬として良い素質を持った犬だったので、完璧な牧畜犬となるように改良することにしました。

タフな体力を持つ野性のディンゴ、ダルメシアン、ブルーマールという毛色のスムースコリー、スミスフィールド・キャトル・ドッグ、オーストラリアンケルピー、ブルテリアなどがティモンズ・バイダーと交配され、ついに1890年に完璧なヒーラーであるオーストラリアンキャトルドッグが誕生しました!

満を持して誕生した優秀な牧牛犬として能力を開花させたオーストラリアンキャトルドッグですが、ブルー系のオリジナリティー溢れる被毛や凛々しい姿は多くの愛好家から愛され、ドッグショーにも出場するようになりました。

1963年にはオーストラリアン・ナショナル・カウンシルから犬種として認可され、1980年にはアメリカケネルクラブからも公認された犬種となり、海外でも知られていきました。

現在でも優秀な牧牛犬として、特にオーストラリアやアメリカ西部で活躍し続けています。

オーストラリアンキャトルドッグの特徴

Australian Cattle Dog

オーストラリアンキャトルドッグは広大な農場を走り回っても尽きないスタミナと、牛の群れを状況に応じて動かすリーダーシップと判断力、意欲的に仕事をおこなう熱心さと忍耐力を持つワーキングドッグです。

大きめの立ち耳とダークカラーの理知的な目が意志の強い性格をよく表していて、大きめの口元と強いアゴでガッチリと牛の足に噛みつくことができます。

オーストラリアンキャトルドッグを見た時に目を引くのはランダムに散らばる斑点とブルーの神秘的な被毛でしょう。

毛色はブルー以外にレッドもいるそうですが、どちらもベールをかけたような淡い発色の被毛なのでシックな印象です。

ランダムに散っている斑点はダルメシアンから受け継いでいるんだそうですよ。

生まれた時もダルメシアンの子犬のように白っぽく産まれてくるそうで、足の裏だけ成犬の毛色をしているんだそうです。

成長と共にオーストラリアンキャトルドッグらしい色合いが出てくるので、そんな変化も楽しめそうですね。

毛質は短くて直毛な被毛ですが、二重に生えているダブルコートなので大きな気温の変化にも対応することができ、乾期や雨期のあるオーストラリアでも一年中働くことができます。

オーストラリアンキャトルドッグは訓練しやすいように改良されたものの、ゆるっとしたしつけではその後の生活に支障が出てしまいます。

ワーキングドッグは「誰がリーダーなのか」を非常に重要視するため、中途半端なしつけで主従関係がはっきりしていないと指示には従いませんし、自分の言うことを聞かせようとかかとを強く噛んで教えようとしてきます。

飼う時には「しつけは誰が・どのようにおこなうのか」をはっきり考えた上で、きちんとしつけできると判断した場合のみ飼育するほうがよいでしょう。

もちろんプロの訓練士さんに訓練をお願いするのも良いと思います。

賢い犬種なので主従関係さえクリアすれば訓練の飲み込み自体は良いので、それほど長い期間は掛からないでしょう。

コンパクトで筋肉質な体型

コンパクトな体を最大限に使って牛を追い立てるオーストラリアンキャトルドッグの姿って、迫力満点でとってもカッコいいんです!!

体高はオスが46~51センチ・メスが43~48センチくらい、体重も16~20キロくらいと軽めなので、小柄な体つきを生かして俊敏に走り回ることができるんですね。

見事に群れを移動させていくスキルの高さは圧巻なので、ぜひ見てみてくださいね!

体格は中型犬サイズでそれほど大きくないものの、オーストラリアンキャトルドッグは野性のディンゴの血を受け継いでいるので、洗練されたワイルドさがあるのかもしれませんね。

疲れ知らずなオーストラリアンキャトルドッグのスタミナの源は、筋肉質でがっしりとした体格がベースになっているのでしょう。

いつでもダッシュできるような重心の低いどっしりとした逞しい体付きで、少しカーブした垂れ尾は俊敏に走りながらバランスを保てるよう助けているんだそうです。

ワーキングドッグとして飼育していない場合でも、疲れ知らずなオーストラリアンキャトルドッグを満足させるくらいの運動量は補ってあげなければなりません。

大型犬並みの運動量を楽々こなすオーストラリアンキャトルドッグには、毎日1時間以上の負荷多めな運動が2回は必要だそうです。

近所の散歩くらいではとても足りないので、ジョギングの相棒として、またトレーニングを毎日行うくらい運動好きな人が飼育に向いているでしょう。

また知能を使う遊びや反復トレーニングも苦にならないタイプなので、愛犬と一緒にドッグアジリティーを目指して様々なトレーニングを詰むのも楽しいでしょう。

オーストラリアンキャトルドッグは運動不足でストレスが溜まると、イライラして攻撃的になりやすいので毎日しっかり運動させてあげてくださいね!

地中に穴を掘って出産!?

野性のディンゴの血を受け継いでいるオーストラリアンキャトルドッグは、特に出産の時にも野性動物のような習性を見せるそうです。

作出に関わった犬は何種類もいて、野性出身なのはディンゴだけなのに、オーストラリアンキャトルドッグの本能に大きな影響を与えているようです。

一般的な犬は出産が近くなると室内の床を掘る真似をしたり、毛布を整えるような行動をして家の中で出産に備えますが、オーストラリアンキャトルドッグは地面に穴を掘って出産に備え、外で出産することが多いんだそうです。

この習性は野性のディンゴの影響が色濃く出ているためだと思われます。

また生まれた子犬も他の犬の子犬たちより乳離れのタイミングが早く、外敵から身を守るため早く成長しなければならない野性のディンゴゆずりの特徴を子犬の頃から受け継いでいるようですよ。

オーストラリアンキャトルドッグの寿命

中型犬のオーストラリアンキャトルドッグは、平均寿命が10~13年くらいです。

しかしオーストラリアンキャトルドッグはギネスワールドレコーズ公認の世界最高齢記録を持っている犬種で、**29歳5か月**という超長寿犬もいたそうです。と

この記録を持つ「ブルーイー」は1910年6月7日生まれで、1939年11月14日に老衰で亡くなるまで元気に過ごしたそうです。

いくつか気になる遺伝病があるものの、丈夫でタフなオーストラリアンキャトルドッグは長く生きる犬種として長いお付き合いができそうですね。

オーストラリアンキャトルドッグの性格

Portrait of an australian cattle dog on a jeans blue background with copy space

牧牛犬のオーストラリアンキャトルドッグは全犬種の中でもトップ10入りするほど賢く知能の高さで知られている犬です。

訓練もすぐに理解し覚えますし、状況に合わせてフレキシブルに動けるのもオーストラリアンキャトルドッグの賢さがあってこそですね!

飼い主から何が求められているのかを良く把握し動いてくれるので、仕事の相棒として理想的な能力を持っていますね。

また飼い主への忠実さや忍耐強さに秀でているので、高い集中力を維持して熱心に仕事に取り組んでくれます。

やや頑固さを持つ性格なので、飼い主と主従関係をしっかり築けないと指示に従ってくれなかったり、反対に飼い主以外には警戒心が強く、指示されても無視するので優秀な番犬にもなってくれますよ。

ひとたび仕事から離れれば飼い主や家族に対しては明るく人懐っこく、信頼感や愛情を伝えてくれるかわいい家族に一員の戻ります。

見知らぬ犬や人に慣れるのに時間が必要な警戒心が強い性格なので、家族第一主義で人見知りな傾向があるところもオーストラリアンキャトルドッグらしさといえるでしょう。

オーストラリアンキャトルドッグのかかりやすい病気

Australian Cattle Dog laying on a hardwood floor.

快活で健康的なオーストラリアンキャトルドッグですが、やはり病気には勝てないので予防してあげられるところは気を付けてあげたいですよね。

遺伝的なものならば血統の中に発病した犬がいないか確認できますし、後天的なものならば発病を抑えたり免疫力のあがるサプリメントや食事内容にしてあげると良いでしょう。

オーストラリアンキャトルドッグが特に気を付けていたいいくつかの病気をご紹介しますね。

股関節形成不全

成長期に発病しやすい股関節が正常に形成されないこの病気は、生後半年過ぎから症状が出て来るので、愛犬の歩行に違和感を感じたり、犬が足を気にしていたら要注意です。

初期には歩行を嫌がったり、運動大好きなはずがあまり喜ばなくなったり、何となく元気がなくなったように感じるでしょう。

また段差を嫌がったりするので、異変に気が付いたら早めに動物病院で診てもらいましょう。

軽度で発見できれば、運動制限や体重が重めな場合はダイエットをして股関節への負担を減らすなど、比較的簡単なコントロール法で治療することができます。

しかし立ち上がれなくなったり、痛みで自力で歩けなくなってから発見された場合は、かなり変形してしまっている重度のことが多いので手術が必要なケースもあります。

そうならないように普段からあまり体重を増やし過ぎないことで股関節への負荷を減らしたり、特に成長期は運動をさせ過ぎないようにコントロールしてあげると良いですよ。

進行性網膜萎縮症

網膜異常によって光を感知できなくなり、徐々に視力が低下し最後には失明してしまう進行性の病気です。

オーストラリアンキャトルドッグは遺伝的に発病リスクが高く、残念ながら治療法がまだないため、発症してしまうと視力が戻ることはなく、予防策も見つかっていない状況です。

幸いなことに発症しても痛みはないそうで、進行性のため見えない状況に適応していく時間があるので、犬にとってストレスはそれほど大きくはないそうです。

飼い主さんのサポートによって視力低下や失明後も今までとそれほど変わらない生活ができるので、愛犬に負担がかからないよう配慮してあげてくださいね。

例えば、触る前に声をかけてから近寄ったり、暗い時間帯は特に見えにくいため犬が不安を感じやすいのでなるべく明るい時間に散歩に行ったり、室内の家具などの配置を見えていたころと大きく変えないことでケガを防ぐことができます。

またぶつかっても痛くないようにクッション材を付けたり、転んでもケガしないようにマットを敷いておくのも良いですよ。

先天性難聴

オーストラリアンキャトルドッグは先天的に片耳や両耳に難聴を患っていることがあり、生まれつき音を感じていないと動きもスムーズなのでなかなか発見されないことも多いそうです。

犬自身もあまり不便さを感じていないことが多いそうで、愛犬が飼い主の声をいつも無視するなど、言うことを聞かない問題犬と思われている場合もあるそうです。

子犬が名前に反応しなかったり、声をかけてから触ったのにビックリしたり、大きな音がしても気にしなかったりした場合は、もしかすると聴力に問題があるのかもしれません。

一度動物病院で聴力の検査してもらうといいでしょう。

後天的に難聴になった場合よりもストレスを感じにくく、普通の犬とそれほど変わらない生活ができますので、愛犬とコミュニケーションを取る時にハンドサインなどを使うなど、聞こえなくても意思を伝えられるように工夫をして訓練するといいですよ。

オーストラリアンキャトルドッグのおすすめドッグフード2選!

blue heeler puppy with bowl of food isolated white background

運動意欲が高く、仕事柄スタミナが必要なオーストラリアンキャトルドッグには、しっかり体力に変わるような食事で運動量の多い体をサポートしてあげましょう。

活発なので肥満にならないと思うかもしれませんが、走り回るときに体が重くなってスタミナ切れを起こさないようにカロリーにも気を付けてあげたいですね。

健康な体を維持できるよう免疫機能向上や関節のケアもできる成分が入っていたらさらに安心ですね。

そんなタフなオーストラリアンキャトルドッグ向きの健康的なドッグフードをご紹介しますね。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

スタミナを付けるには筋肉を作る動物性タンパク質がしっかり配合されたドッグフードがおすすめです。

カナガンでは新鮮なチキンが材料の半分を占めているので、オーストラリアンキャトルドッグが筋肉を維持し、仕事に必要なスタミナを付けるのにピッタリな食事内容で、肉をたっぷり使ったドッグフードの中ではリーズナブルなのも嬉しいですね。

食事から関節ケアも同時にできてしまうのもカナガンの良いところで、グルコサミン・コンドロイチンが関節のサポートを、メチルスルフォニルメタンが鎮痛作用と抗炎作用を高めてくれます。

運動大好きなオーストラリアンキャトルドッグにとって欠かせない成分ですね!

抵抗力を高めるマリーゴールドやフラクトオリゴ糖が腸内環境を整えてくれたり、オーストラリアンキャトルドッグの体を内側から健康にしてくれる頼もしいドッグフードです。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンは良質なタンパク源に新鮮なチキンとサーモンを使用しているので、ビタミンやミネラル、サーモンオイルなどから老化防止も期待できるドッグフードです。

オーストラリアンキャトルドッグの俊敏さを維持するためには体重コントロールが欠かせませんが、体重が気になる時にも低脂肪・低カロリーのモグワンなら簡単に体重管理がおこなえますね。

関節サポートのためのグルコサミン・コンドロイチンがしっかり関節を支え、メチルサルフォニルメタンが抗炎症と鎮痛効果を発揮するので、関節の病気が気になるオーストラリアンキャトルドッグにわざわざサプリメントを飲ませなくても手軽に予防ができてしまいますよ!

抗酸化作用の高いと話題のココナッツオイルも配合されているので、特別なことをしなくても老化防止や免疫力アップ、健康な皮膚や艶のある被毛を自然に保つことができてしまう、オーストラリアンキャトルドッグの健康管理にピッタリなドッグフードです。

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

Australian Cattle Dog playing at a city park, Calgary Alberta, Canada

野性のディンゴのワイルドさも色濃く残るオーストラリアンキャトルドッグは、賢くて仕事へのプライドを持つ頼れるパートナーとして重宝されてきました。

今でも広い農場で大きな牛の管理しているオーストラリアンキャトルドッグの迫力ある姿は、きっと飼い主さんにとってペット以上の大切な存在になっているでしょう。

大きな牛を追うカッコいいオーストラリアンキャトルドッグの迫力満点な仕事風景は、きっとあなたにも強い印象を与えるでしょう!

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ