オーガニックドッグフード「ピュア」原材料や口コミ、評判まとめ!

オーガニックドッグフード「ピュア」原材料や口コミ、評判まとめ!

SGJプロダクツが提供するオーガニックドッグフード『ピュア』。現在はブランド名が変わり、C&Rという姉妹ブランドからピュアオーガニックドッグとして販売されています。今回は、オーガニックドッグフード『ピュア』の原材料の詳細や口コミを調べてみました。

オーガニックドッグフード『ピュア』ってどんなドッグフード?

ピュアオーガニック

オーガニックドッグフード『ピュア』はオーストラリアで生産されているドッグフードで、全犬種対応の成犬用の総合栄養食です。

厳選した原材料を使用したドッグフードを提供してきたドッグフードブランド、SGJプロダクツ。オーガニックドッグフード『ピュア』以外にも愛犬の健康をサポートするドッグフードを手掛けてきました。

しかし現在、SGJプロダクツというブランドはなくなっています。ただ、販売元のLINNA商会がSGJプロダクツとは別のブランドC&Rを持っており、SGJプロダクツで提供されていたドッグフードは、原材料や成分をそのままにC&Rブランド提供され続けています。

安全な原材料で安心ドッグフード

安全なドッグフード『ピュア』は、主なタンパク源として牛肉やラム肉を使用しており、農薬や抗生物質、ホルモン剤などの化学物質を一切与えず、自然に近い食性で生育した牛や羊が用いられています。原料となる家畜の質にもこだわる姿勢を知ると、安全なドッグフードを求める愛犬家のみなさんは安心できますよね。

牛肉やラム肉以外の原料に関しても100%オーガニックな原料を使用していますし、オーストラリア政府が認証している機関において、オーガニックな製品であるとの認定を受けています。

オーガニックドッグフード『ピュア』の生産国であるオーストラリアは、食肉に関する基準が高いことで有名な国です。また、製品の生産から廃棄までの段階を追跡するトレーサビリティによって、BSE(牛海綿状脳症)などの家畜の疫病が発生していない国としても知られています。

オーストラリアの食肉市場では、食肉製品の残留農薬値が基準以内であることが厳格に定められています。オーガニックドッグフード『ピュア』は人間用の食品基準をクリアした原材料のみを使用していますので、その品質の高さを覗うことができますね。公式サイトを見ると、そのこだわりについてこう書かれていました。

真の意味での安心、本当に大切なこととはなにか。

SGJプロダクツでは、自然食であるということを大前提として製品作りを行っており、それは原材料の仕入れの段階から始まります。 また、オーストラリアの食品用肉のみを調達しております。ホルモン剤、抗生物質の投与がされておりません。与えられる畜産用飼料も化学合成添加物がなく、地元で栽培された遺伝子組み換えではない大麦や小麦を用いています。

こうした人間用食品基準をクリアした保存料の添加のない原材料のみを使い、それをオーガニック認定工場でペットフードの形態にし、すぐに日本へと送られます。 日本到着後、人間、犬、猫による毎ロットごとの実食、定期的な分析にてクオリティーチェックをします。そして全てのフードを粒ごとのチェックが出来る状態でコンベアーに流し、ばらつきがないかを調べ自動計量されます。

その後鮮度を保つために、日本製の特別な樹脂でつくられた多層構造フィルムを使用し、人間用の食品包装機械を転用した不活性ガス充填パッケージングを行います。それらを全て金属探知機により検査し、最終確認を兼ねて一つ一つ手作業にて遮光も兼ねた商品パッケージにて包装されます。

オーガニックドッグフード『ピュア』の商品ラインナップ

オーガニックドッグフード『ピュア』はシリーズ商品ではないので、1種類のみです。販売されているサイズは、900g、2.27kg、4.54kg、9.08kg、22.7kgの5サイズになります。

オーガニックドッグフード『ピュア』に使用されている原材料は?

SGJプロダクツ OP ピュア・オーガニック・ドッグフード・アダルト 2ポンド 900g

牛肉とラム肉を使用した、全犬種用 総合栄養食です。 100%オーガニック原料を使用しているのはもちろんのこと、できあがった製品もオーガニック認定を取得している、完全なるオーガニック製品です。

では、オーガニックドッグフード『ピュア』にはどんな原材料が使用されているのでしょうか。さっそく原材料と成分表を見ていきましょう。

原材料名

牛肉、ラム肉、ソルガム、ひきわりミレット(黍)、ひきわり大麦、米ぬか、天然ライムストー、フラックスシードオイル、天然ビタミン&ミネラル( ビタミンE 、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンK群、カロチン、ナイアシン、葉酸、チアミン、マンガン、ヨウ素、塩化コリン)

成分表

粗タンパク質:18%以上、粗脂肪:8%以上、粗繊維:5%以下、粗灰分:7%以下、水 分:10%以下

代謝カロリー:321キロカロリー/100g

ピュアの原材料をピックアップ

オーガニックドッグフード『ピュア』に使用されているのは、とてもシンプルな原材料でした。では、オーガニックドッグフード『ピュア』の原材料からいくつか気になるものをピックアップして、その原材料の健康に与える良い効果や考えられる悪影響について見ていきましょう。

・牛肉

オーガニックドッグフード『ピュア』で、主原料となっている牛肉。もちろんオーストラリア原産の牛肉が使用されています。

牛肉には質の良いタンパク質を豊富に含んでおり、体内で利用しやすい必須アミノ酸であることが特徴的です。また、鉄分や亜鉛、ビタミンBを多く含んでいる食材でもあります。亜鉛には味覚を安定させたり、皮膚の健康状態を保ったりする効果がありますし、鉄分は赤血球を作ります。そして、ビタミンB12は赤血球中のヘモグロビンを生成する働きを持っている栄養素です。

牛肉は鶏肉や豚肉と比べて、脂質が多くカロリーが高いという特徴もあります。

・ラム肉

オーガニックドッグフード『ピュア』で、牛肉に次いで多く含まれているタンパク源であるラム肉。ラム肉も牛肉同様、オーストラリア原産の質の高い羊肉が使用されています。

ラム肉は体内で消化しやすい食材で、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質をバランスよく含んでいます。含まれている脂質の量は少し高めですが、血中の中性脂肪やコレステロールを調節する働きを持つ不飽和脂肪酸が多く入っています。

そして、脂肪燃焼を促すカルニチンも含んだ食材ですので、ダイエット食材としても注目を集めています。

・フラックスシードオイル

人間はもちろん、犬たちにとっても油(脂質)は大切な栄養素です。良質な脂を摂らせることで、皮膚の健康を維持したり毛艶を良くしたりする効果を期待できます。

オーガニックドッグフード『ピュア』にはフラックスシードオイルが配合されています。フラックスシードオイルとは、ゴマによく似た亜麻仁と呼ばれる種子から抽出した油で、日本では亜麻仁油とも呼ばれています。

フラックスシードオイルに含まれている油分にはオメガ3脂肪酸が含まれており、愛犬への健康効果が高いんです。オメガ3脂肪酸は、ガンの発生を抑制したり、血液をサラサラにしたり、被毛のツヤを良くしたりしてくれます。また、アレルギー症状を和らげる効果や神経の働きにも良い影響を与える効果もあります。

・ソルガム

ソルガムとはイネ科に属する一年草の穀物で、モロコシという名前でも知られています。穀物なのでアレルギーの原因にならないかと心配になる方も多いかもしれません。しかし、ソルガムはアレルギーの原因になるグルテンを含まない穀物なので、小麦にアレルギーを持つ犬にも与えることができます。

他にも鉄分やカルシウム、マグネシウム、食物繊維、不飽和脂肪酸なども多く含まれています。

ただ、飼い主さんの中には「穀物って消化に悪いんじゃ?」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、「犬は穀物(炭水化物)の消化能力が低い」とはよく聞く話です。

この話は、犬の唾液中に含まれる炭水化物を分解するアミラーゼが少ない、という事実に基づいているようです。

しかし、これは1970年代の論文で発表された見解であり、2013年には「犬のアミラーゼ消化酵素遺伝子はオオカミの数倍以上」という研究結果が発表されており、犬の炭水化物の消化能力は決して低くないことが分かっています。

・ミレット

ミレットもソルガムと同様にイネ科の一年草の穀物で、雑穀の総称です。ミレット(雑穀)はタンパク質含有に関しては、小麦ととても良く似ています。しかし、ミレット(雑穀)は小麦とは違いグルテンを含有していませんので、アレルギーに適応した食材と言えます。

・大麦

オーガニックドッグフード『ピュア』には大麦も含まれています。大麦もソルガムやミレットと同じように、アレルギーの原因になりやすいグルテンが含まれていない穀物です。

大麦はコメの10倍以上の食物繊維が含まれており、血中のコレステロール値や血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

また、カルシウムや鉄分、ビタミンB1などの栄養も豊富に含まれています。そして、水分を吸収しやすいという特徴があるので、小麦やトウモロコシと比べて消化しやすい食材です。

オーガニックドッグフード『ピュア』の評価ポイント

SGJプロダクツ OP ピュア・オーガニック・ドッグフード・アダルト 2ポンド 900g

牛肉とラム肉を使用した、全犬種用 総合栄養食です。 100%オーガニック原料を使用しているのはもちろんのこと、できあがった製品もオーガニック認定を取得している、完全なるオーガニック製品です。

原材料の面でいくつか気になる点があるものの、全体としてバランスの取れている印象のオーガニックドッグフード『ピュア』。次は評価できるポイントについて見ていきましょう。

肥満気味の犬にはおすすめ

オーガニックドッグフード『ピュア』に含まれている粗タンパク質や粗脂肪は、アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)が定めている基準値ギリギリの割合しか含まれていません。低脂肪かつ低エネルギーのドッグフードは、育ち盛りの犬や小型犬に与えるには栄養不足や育成不良が心配されるかもしれませんが、肥満気味の犬や運動量の少ない犬には向いていると言えるかもしれません。

ただし、犬の中にはミレットや大麦に対してもアレルギー反応を起こすケースがありますので、与える際には注意が必要であるという点を覚えておきたいですね。

ビタミンが豊富に含まれている

オーガニックドッグフード『ピュア』の原材料を見てみると、天然のビタミン&ミネラルが豊富に含まれていることが分かります。ビタミン類は犬にとっても丈夫な体作りに欠かせない要素です。愛犬の健康にとって良い効果が期待できるでしょう。

原材料が限られているため分かりやすい

オーガニックドッグフード『ピュア』は、合成添加物や人工着色料などが一切使用されていません。そのため、原材料がとてもシンプルです。愛犬の健康を損なう危険性のある原材料が使用されていないという点は、愛犬家にとって特に票ができるポイントだと言えるのではないでしょうか。

オーガニックドッグフード『ピュア』の口コミ評価・評判は?

口コミ

・これを食べるようになってから体調がよく高齢ですが元気です。これからも他のフードに変える気はありません。

・アレルギーはないのですが、胃腸の弱い子なのでこのフードを購入しました。毎日パクパクと食べています。便の調子も良く、毛並みも良い感じ。フードのローテに入れようと思っています。

・実家のシェルティ、子供の頃からSGJプレミアムドッグだったのが、10歳なる前に体重増加。おまけに歯槽膿漏。歯の調子が悪いときは、ドックフードを割ってあげてました。その為に、別メーカの硬くないダイエットフードに変えるも、だんだん食いつきが悪くなり、飼い出して初めて夏場に下痢気味に。結局、子供の頃から慣れているメーカが良いと思い、カロリーが低いオーガニックドックに変えました。元々、プレミアムドックはラム肉だったせいか、これに変えても牛肉&ラム肉なので食いつきも良く、便も正常でホッとしました。しかもそのまま割らずに食べてくれます。

・生後6カ月頃から偏食気味で、涙やけが凄く病院に連れて行きましたが『この子は涙腺が詰まっていて手術しないと治りません!』と言われ、違う病院でも同じ言葉でショックでした。アメリカのフードは避けていたのでオーストリアのフードで、このソリッドゴールドを知り早速試したところ、フード嫌いな子がパクパク食べてビックリ!今まで色んなフードを買っては何度捨てたか分かりません。このフードを食べるようになって3カ月、涙やけが嘘のように治りました。このフードはベタつきも匂いも無く乾燥しています。今は3年9カ月になるシーズーですが、生後6カ月から悩んでいた涙やけが手術無しで改善して感動しました。獣医さんの言う事も信用できませんね。涙やけに悩んでる方は是非3カ月は試してみて下さい。本当に良いフードですよ。

・ここ半年以上、SGJのビーフ&バーリーをずっとあげていたのですが、ずっと同じものはよくないので、今回初めてピュアオーガニックを買ってみました。ビーフ&バーリーを飽きずに食べてくれていたので、ピュアオーガニックも飽きずに食べてくれることを期待しています。ビーフ&バーリーも食材の安全性などにこだわったフードですが、ピュアオーガニックは100%オーガニック原料ということなので、更にいいですね。食いつきが良ければローテーションに加えようと思っています。

・我が家には13歳と1歳のチワワ、4歳のヨーキーがおり、3匹ともピュアオーガニックドッグフードとセミベジタリアンドッグフードを合わせて与えています。毛並みも柔らかくツヤが出てとても良い状態です。フードはどちらも小粒なので年取った13歳のチワワでも問題なく食べてくれます。

まとめ

原材料に多少の不安は残るものの、全体としてバランスの良いオーガニックドッグフード『ピュア』。

購入者のレビューを見ても良い反応が多く、高い評判を得ているドッグフードであることは間違いないようです。涙やけや毛艶の改善が見られたというレビューも多くありましたので、同じ悩みを抱えている飼い主さんであれば、試してみるのもいいかもしれませんね。

また高齢犬にオーガニックドッグフード『ピュア』を与えて体調が良くなったという声もありました。高齢になると一日に必要とするカロリーも少なくなってきますので、低脂肪・低エネルギーのオーガニックドッグフード『ピュア』はシニア期の愛犬にとっても、おすすめのドッグフードと言えるかもしれませんね。

購入を検討している飼い主さんは、ぜひレビューや成分評価を参考になさってくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ