病気予防の低脂肪ドッグフード3選

病気予防の低脂肪ドッグフード3選

肥満などが原因で、糖尿病や関節炎などの病気を患うワンちゃんが多くなり、ワンちゃんの健康を考慮して様々なタイプのドックフードが開発されています。その一つが「低脂肪タイプのドックフード」です。今回の記事では、そんな低脂肪タイプのドックフードについて、使用する効果や注意点について説明します。また、どんな犬に低脂肪タイプのドックフードが適しているのか解説します。最後に、愛犬の健康を維持するために、おすすめの低脂肪タイプのドックフードをご紹介します。

低脂肪タイプのドックフードとは

脂肪分は、動物の体に必要な5大栄養素の一つにあげられるなど、生命にとって欠かすことのできない大切な栄養素です。しかし、食生活が豊かになり、肥満が社会問題になっている現代においては、摂取しすぎないように注意している人が少なくありません。

The phrase Low Fat spelled out with alphabet shaped cookies and surrounded by biscuits on a wooden table top. Healthy eating advice.

低脂肪タイプのドックフードとは、肥満気味で体重管理が必要であったり、健康上の問題を抱えた犬のために、脂肪分を抑えて作られているドックフードです。 どの程度の脂肪分が含まれているかは、製造メーカーやドックフードの種類によっても異なります。しかし、一般的に脂肪分が10%前後で作られているドックフードは、低脂肪タイプの商品と言えるでしょう。

脂肪分の働きについて

Fatty brown Thai dog with caries problem

脂肪を摂取して体内に吸収すると、その栄養素は細胞の一部になったり、皮下脂肪として蓄積されるなど、身体の一部やエネルギー源になります。 皮下脂肪には、外部の衝撃から骨や内臓を守るクッションのような役割があります。また、脂肪には熱を通しにくい性質があるので、体内の熱を保ったり、外からの熱を遮ったりと、気温による変化から体を守る点でも、皮下脂肪には大きな役割があります。

また、脂質は僅かな量で大きなエネルギーを生み出す、燃費の良いエネルギー源です。炭水化物やたんぱく質が、1g当たり4kcalなのに対し、脂質は1g当たり9kcalです。

さらに、脂肪には「エストロゲン」などの女性ホルモンを作ったり、ビタミンの吸収を促進したり、細胞の壁を作りだすなど、健康的な体を作るために欠かせない、重要な働きがあります。

そのため、体重管理が必要で脂質の摂取量を抑える必要がある場合でも、健康的な体を維持するためには、適度に脂質を摂取し続ける必要があります。低脂肪タイプのドックフードを通して、愛犬に必要な分だけの脂質は摂取させることが大切です。

低脂肪タイプのドッグフードを選ぶ際の注意点

Foods Highest in Carbohydrates. Healthy diet eating concept.

体重管理を目的として、低脂肪タイプのドッグフードを選んだのに、かえって愛犬の体重が増えてしまった、というケースは少なくありません。

その原因は、低脂肪タイプのドックフードの中には、脂肪分を低く抑える代わりに、炭水化物が多く含まれているドッグフードが多いからです。肉類に含まれているタンパク質は、生物の体を形成するために欠かすことのできない栄養素です。筋肉や骨などを作り出すために欠かせません。

動物性タンパク質メインのドッグフードを選ぼう

Raw uncooked chicken legs, drumsticks on wooden board, meat with ingredients for cooking

本来、愛犬にあったドッグフードを選ぶがたくさん含まれているので、腸内を綺麗にしてくれる働きがあります。しかし、穀類を消化するための酵素があまりない犬は、穀類の栄養素を上手に消化吸収することができません。

穀物アレルギーを発症させる場合もありますので、愛犬にあったドッグフードを選ぶことをオススメします。

低脂肪タイプのドックフードが適している犬は

old golden retriever dog

当然ですが、肥満気味で体重のコントロールが必要な犬に、低脂肪タイプのドックフードは適しています。食事から摂取する脂肪を減らすことで、体重管理を行いやすくなります。

食欲旺盛でドックフードをたくさん食べすぎてしまう傾向のあるワンちゃんも、脂質を過剰に摂取し過ぎてしまう傾向があるので、肥満体型かどうかにかかわらず低脂肪タイプのフードが適していると言えるでしょう。

低脂肪ドッグフードが適していない対象は?

・高齢のシニア犬 高齢になったシニア犬は、基礎代謝が落ち、運動量も低下する傾向があるので、摂取カロリーを減らす必要があります。去勢手術や避妊施術を受けた犬も、生殖器官が消費するエネルギーが不要になるので、必要な摂取カロリーが少なくなります。

・大型犬 大型犬は、小型犬や中型犬と比べると、消費カロリーが少ないと言われています。しかし、食事量は体格に応じて多くなる傾向があるので、肥満になりやすいようです。

・去勢や避妊施述を受けた犬 避妊手術や去勢手術を受けた犬、高齢犬、大型犬も低脂肪タイプのドックフードを与えるのに適した犬といえます。

子犬や活動量の多い犬には低脂肪タイプのドックフードは適していません。子犬は、日々成長していく体を作るために、多くのカロリーを必要としています。脂質もカロリーもしっかり摂取する必要があります。

また、ドックショーなどに参加するような犬や、散歩をたくさん行う小型犬などは、多くのカロリーを一日に消費します。エネルギー不足になると、運動量が低下したり、体重の減少がおきます。必要なエネルギーをしっかり摂取できるドックフードを選びましょう。

加えて、脂肪分が多いと肝臓に負担がかかります。肝臓に病気を持っているワンちゃんにも、低脂肪タイプのドックフードが適していると言えます。

低脂肪タイプでおすすめのドックフード

最後に、愛犬の健康管理を適切に行うために、おすすめの低脂肪タイプのドックフードをご紹介します。

1.「アランズナチュラルドッグフード」

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

「アランズナチュラルドッグフード」は、ペット先進国のイギリスで人気の無添加ドックフードです。「ナチュラルフーディング(自然給餌)」にこだわり、野生の犬が自然の食事から得ていた栄養をフードから摂取できるように設計されています。

単一の動物性たんぱく源にこだわり、主原料に新鮮な「ラム肉」だけを使用しているので、「チキン」や「ビーフ」などの他の肉類にアレルギーがあるワンちゃんでも安心して食べることが可能です。

「とうもろこし」、「小麦」、「大豆」などのアレルゲンとなりやすい穀類も排除しているので、穀類にアレルギーがある場合でも、問題なく使用できます。

使用されている原材料は、すべて人間でも食べることが可能な高品質な食材です。安全性に問題のある肉副産物や、愛犬の体に悪い影響を与えかねない人口添加物は一切使用されていません。

フードの品質を保つために、製造前と製造後で2回の品質テストを行っています。また、万が一商品に異常があった場合に、迅速に解決にすることができるように、製造番号で管理されており、安心のトレーサビリティを実現しています。

「アランズナチュラルドッグフード」の原材料と成分

原材料:ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母

成分:粗タンパク質(20.0%以上)、粗脂質(12.5%以上)、粗繊維(6.0%以下)、粗灰分(7.0%以下)、水分(8.0%以下)

100g当たりのカロリー:339kcal

脂質が12.5%以上と、低脂肪タイプのドックフードとしては、脂肪分が多く含まれているので、給餌量を考慮しないと愛犬が太ってしまう可能性があります。

「アランズナチュラルドッグフード」の評判

他のフードと比べると、脂質も低く設計されているので、愛犬の体重が減少したり、脂性が改善したケースもあるようです。また、アレルギー対策がしっかり行われているので、アレルギー症状の改善に役立っているようです。

「ネットでの評価を参考に購入。1ヵ月試してみましたが、愛犬の脂性が見事に改善。これからずっと続けて行く予定です。」

「うちの犬は少し太り気味だったので、ダイエット目的でアランズを購入しました。はじめはラムの独特のニオイが合わなかったのか食べてくれなかったのですが、他のドッグフードとミックスすることで食べるようになりました。体重も減ってきたので、しばらくはこのまま様子をみようと思ってます。」

「脂質が少なくて良い。7ヶ月になるチワワ用に購入。カナガンを食べさせると目の周りの皮膚が赤くなったので、こちらに変えてみました。チキンアレルギーではないです。カナガンと比べて脂質が少し低いのとラムなのでローテーションに加えました。初めから食いつきはとても良いです。食べ始めてすぐはうんちの量と回数が増えて驚きましたが、今は普通になりました。公式以外のところで買うと賞味期限が切れていたり極端に少ないと聞いていましたが、こちらは大丈夫でした。これからも続けていきます。」

「うちの柴は仔犬の頃からお腹がゆるくなりやすいので、いろんなフードを試しています。ドッグフードは添加物が多いため原材料を必ずチェックしていますが、この商品は私的にはパーフェクト。早速今食べているフードを半分はこちらに置き換えて食べさせました。すると、ゆるかったウンチが程よい硬さで見た目も立派なものに変わりました。喰いつきも良いし、気に入りました。ただしお値段が立派なので、他のフードと混ぜて使います。」

「生後3ヶ月でうちに来たときから食物アレルギーの症状があって、特に目の周りが赤くなってショボショボとした状態が痛々しかったです。アランズは穀物が多めに入っているので胃腸の負担が気になるのですが、アレルギー症状がなくなって明らかに元気になったので、アレルギー対策のドッグフードとしてはおすすめできます。」

2.「モグワン」

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワン」は、新鮮なチキン生肉と生サーモンを使い、動物性たんぱく質が50%以上も配合されている、高タンパク質のプレミアムドックフードです。肉と魚を両方使用することにより、栄養バランスに優れていて、嗜好性の高い商品です。

野菜やフルーツなどもバランスよく配合しているので、愛犬の免疫力を向上させるのにも役立ちます。また、乳酸菌やビール酵母など、愛犬のお腹の健康を守る成分もしっかり配合しています。

「ヒューマングレード」の高品質な食材を使用しており、愛犬の消化器官に負担をかける食材や、アレルゲンとなりやすい食材は使用しておりません。グレインフリーで高品質なフードに仕上げています。

「モグワン」の原材料と成分

原材料:チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン、乳酸菌

成分:粗タンパク質(28.0%)、粗脂質(12.0%)、粗繊維(3.0%)、粗灰分(8.0%)、水分(8.0%)、オメガ6脂肪酸(1.63%)、オメガ3脂肪酸(1.29%)

100g当たりのカロリー:344kcal

高タンパク質を特徴とする商品なので、粗タンパク質が28.0%も含まれており、しっかり動物性タンパク質を摂取することができます。カロリーも344kcalで脂質も12.0%と、高タンパク低カロリなバランスの良い設計になっています。

「モグワン」の評判について

体重が減ったという口コミはあまり投稿されていませんでしたが、食いつきの良さ、毛並みやお腹の調子の変化など、多くの飼い主がフードが愛犬の健康に与える良い影響を実感しています。

「今まで食べていたオリジンから変更。(オリジンは粒が大きめなので)初日、オリジンとモグワンを混ぜて与えたところ、モグワンを先に食べました。きっと美味しいのだと思います。栄養面も表示通りなら言うことないので続けようと思います。」

「犬にとって余分なモノが添加されていないのが最大のポイントです。さすがです、うちの子(トイプードル)は与えてから3ヶ月目ですが、飽きずにたいらげます。毛ツヤが変わったなぁと思ったのは与えてから2ヶ月くらいたった時です。自宅でトリミングして乾かしてからがすごい!ふわふわしててそれが持続するのが長いです。」

「食べはじめてから2ヶ月半です。皮膚病もほぼ治り毛並みがかなりよくなりました。総合栄養食はやはりいいなと思いました。手作りだと栄養が偏ってしまうのでは。どのフードもそうだと思いますが食べ飽きるのはしかたがないのではないでしょうか。」

「ミニチュアシュナウザー(5か月)モグワンに変えてからごはんを出すときに「マテ」といっても聞かないくらい、食べたくて食べたくてしょうがないようです。食べ始めたらあっという間に完食!体臭が柔らかくなり、目やにが少なくなりました。レビューで賛否両論だったので購入を悩んでいましたが試しに購入!うちのわんこには非常に気にいっているようです!」

「ロイヤルカナン インドアシニアからの転向です。 1?2ヶ月 便が緩くなり、獣医さんから出される整腸剤を 毎日飲ませても あまり効果が無く ドッグフードを変えてみることにしました。 口コミをいくつか見て モグワンを。翌日には正常な便に変わり 正直ドッグフードでこんなに変わるものかとびっくりしました。しばらく続けたいと思っていますが ‥高いです(;'д`) なので星4つにしました。」

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!

獣医師が推薦するモグワンドッグフード!犬の健康面で不要とされる材料をすべて取り除いてつくっているこだわりのドッグフードです。モグワンドッグフードの優れている点を原材料を細かく分析して調べてみましょう。使用者の評価や口コミとも比較します。

https://dogfood.fun/%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E3%82%89%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81

3.「ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)」

ロイヤルカナン 食事療法食 犬用 消化器サポート 低脂肪 缶 200g

消化吸収不良による下痢や高脂血症の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です

「ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)」は、名前の通り消化器疾患を抱えた犬のために特別に設計された食事療養食です。

制限がある中でも、必要なカロリーや栄養素をしっかり摂取できるように設計されています。「フラクトオリゴ糖」などを配合して、愛犬のお腹の健康をサポートします。

「ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)」の原材料と成分

原材料:米、肉類(鶏、七面鳥)、小麦、大麦、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、動物性油脂、酵母、フラクトオリゴ糖、サイリウム、魚油、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

成分:タンパク質(25.5g)、脂質(8.1g)、食物繊維(10.0g)、灰分(7.6g)、水分(11.0g)、炭水化物(61.6g)、カルシウム(1.3g)、カリウム(0.81g)、リン(0.96g)、マグネシウム(0.12g)、鉄(21.2mg)、銅(1.74mg)、亜鉛(25.9mg)、ナトリウム(0.46g)、EPA+DHA(162mg)、タウリン(0.24g)、アルギニン(1.68g)、ビタミンE(69.4mg)、ビタミンC(34.7mg)、ビタミンB群(6.94mg)※単位/400kcal

100g当たりのカロリー:346kcal

脂肪分が8.1gと少なく抑えられていながら、タンパク質は25.5gとしっかり摂取できるように設計されています。愛犬の体重管理を行いつつ、栄養はしっかり取り入れることができるように作られています。

「ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)」の評判について

療養食として、病院で勧められて購入する人が多いようです。概ね商品の効果に実感しているようです。

「半年前に2歳の愛犬のダックスが急性膵炎になってから、動物病院で勧められてから食べています。再発しやすいとの事で、低脂肪食のみ。おやつは与えてはいけないので、何か頑張った時のご褒美にもフードを数粒あげています。軽い粒で食べやすそうな大きさです。ロイヤルカナンのダックス用を以前は食べていたのですんなり移行出来ました。美味しそうにいつも一瞬でごはん食べ終わってます。」

「愛犬が、急に 具合悪くなり、肝臓の病が 発覚しました。獣医さんの勧めもあり、近所で こちらの フードを 探しましたが、療養食は なかなか 売っておらず、困っていたところ、こちらの お店へたどり着き 購入に いたりました。 愛犬家としては、とても 救われました。」

「昔は、涙焼けも酷く、お腹の調子が悪くなってから、この商品にしました。この商品は病院で購入してたんですが、病院だと高いのでここで購入。他のアレルギー用のフードを食べてたんですが、急に軟便、血便が続き、これを食べてから健康な便で、食い付きも凄くいいです。」

「炎症性腸疾患の娘(犬)用に購入しました。半年間ずっと投薬治療を続けていましたが、まったく改善がみられず病院を変えて新しい先生にこちらのご飯を紹介して頂きました。こちらのご飯に変えてから便も硬くなり、下痢がなくなりました。嘔吐も血便もいまのところ出ていませんし、毎日の注射から投薬治療に移行することが出来、投薬も減りつつあります。」

「大学病院から進められてこちらを。一ヶ月ちょっと経って、フィラリアの血液検査で肝臓値がすごく下がっていて!まだ高めではありますが、久々にドーンと下がったのでしばらく続けようと思います。」

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ