ウルフドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

ウルフドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

カッコよさとワイルドな見た目から人気をほこるウルフドッグ。 オオカミの血をもつので、警戒心や力はかなり強く、飼育はとても難しい犬種です。 しかし、飼い主との絆がとても強く、信頼関係はとても深いといった魅力があります。 一般人が気軽に飼育できる犬種ではありませんが、とても魅力たっぷりのウルフドッグを今回はご紹介します!

ウルフドッグって?

Wolfdog in the meadow

ウルフドッグ(Wolf dog)は、日本語では狼犬といいます。

イヌとオオカミを交配させた、あるいはその交配をもとにして作出された犬種のことをいいます。

狼と掛け合わされたのは、シェパードやハスキーなどです。

狼の血を引くので、とても野性的で力が強く、警戒心も強いですが、仲間に対する忠実さはひときわ強い犬種です。

ウルフドッグのうち、オオカミの血を75%以上引いている犬種をハイパーセントと呼びます。

ウルフ・ハイパーセントは、見た目もよりオオカミに近いのでとても人気があります。

とはいえ、気軽に飼育できるような犬種では決してありません。

知能も非常に高く、独立心も強いです。

それで、特別な訓練を受けたブリーダーやトレーナーでなければ飼育することは難しいです。

日本でも過去に、ウルフドッグを飼育していた管理者の女性が襲われて死亡したというニュースがあり、ウルフドッグはとても危険だ、というイメージが定着してしまいました。

確かに、ウルフドッグは適切な飼育とトレーニングができていないなら危険な犬種です。

それで、ウルフドッグが悪者のように扱われることがないように、飼育者にはそれなりの知識に基づいた飼育管理をする大きな責任が求めれます。

イヌを飼育することになれているという方であってお、ウルフドッグの力の強さは並外れていることもあり、普通の犬とは違った仕方で牙をつかって意思表示をすることもあるようです。

それで、飼育に関する知識と経験が豊富な上級者向きの犬種といえるでしょう。

そして、運動量はかなり多く、長時間の散歩に加えて、飼育には一頭あたり30㎡の敷地が必要であるとされています。

ですから、都市部では飼育は難しいでしょう。

食事量も相当に多いので、経済的にも敷地的にも、そして飼育に関する適切な知識と経験が必要であることからしても、なかなかハードルの高い犬種なんですね。

そして飼育には、自治体によっては許可が必要になることがありますから、飼育する前に、必ず各自治体や動物愛護団体に飼育に必要なことを確認をしてみましょう。

とはいえ、魅力がたっぷりなウルフドッグ、いつかは一緒の暮らしを夢見ている方もいることでしょう。

では、ウルフドッグにはどんな歴史があり、性格的な特徴があるのでしょうか?

ウルフドッグの歴史

ウルフドッグは、オオカミとイヌをかけ合わせた犬種、またはその交配をもとにしているイヌのことを言いますが、日本で犬種として認められているのは、サーロース・ウルフホンドとチェコスロバキアン・ウルフドッグです。

この2種はFCIの公認犬種です。

オランダ原産のサーロース・ウルフホンド(ダッチ・ウルフホンド)と呼ばれるウルフドッグは、1920年から、オランダのサーロースさんにおって作出された犬種です。

現在、世界でも一番人気のウルフドッグとなっています。

サーロースさんは、古代犬種の能力を犬に取り戻させるために、オオカミとジャーマンシェパードドッグをかけ合わせました。

その後、生まれたオオカミとイヌのハーフの個体を、さらにジャーマンシェパードドッグと交配させることにより、オオカミの血を1/4持つイヌを作り、それをもとに交配が進められていきました。

その結果、とてもスタミナがあり、学習能力の高い犬種が生まれました。

しかしながら、用心深さや訓練の難しさなども持ち合わせ、使役犬としては向いていないということが明らかになりました。

そして、遠吠え以外ではあまり吠えないということで番犬としてもあまり向いていないということになりました。

かなり高い運動能力と学習能力ゆえに警察犬や盲導犬になることもできますが、訓練にはかなり腕のあるトレーナーが必要なために実用化は難しいと判断されたようです。

しかし、その容姿の美しさ、カッコよさ、そして運動能力の高さゆえに世界中で人気をもち、現在でもショードッグ、ドッグスポーツ、そしてペットとして活躍しています。

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、旧チェコスロバキア原産で、1950年台から作出が始まりました。

カルパティアオオカミと、ジャーマンシェパードドッグを交配させています。

カルパティアオオカミは身体能力が高いのですが、大人しい性質をもっています。

他にも、フィンランド、イタリア、アメリカなどが原産のウルフドッグがいます。

日本で飼育されているウルフドッグは、カナダなどから輸入された交雑種なので、正式に犬種としては認められていないそうです。

日本で販売されているウルフドッグは、オオカミの血が少しだけ入っているハイブリッドウルフドッグと呼ばれているものです。

ウルフドッグの特徴

Life with wolfdogs

ウルフドッグは、その見た目はオオカミにとてもよく似ています。

オオカミは、社会性が強く、そして独立心や警戒心も強いです。

大きさは種類によって違いますが、体高が60cm以上にもなり、体長も100~160cmほどにもなります。

ハイパーセントウルフドッグの中には、体高が90cmほどにもなる個体もいます。

イヌ科の中では最大です。

さらに体重は80kgを超す個体も捕獲されています。

特徴としては、群れを形成して縄張りをもち生活しています。

そして群れの中では順位が決められています。

そんなオオカミとイヌを交配させたわけです。

それで、性格面ではやはりオオカミがもつ独特の特徴を持っています。

特に、オオカミの割り合いが高くなればなるほど、見た目もオオカミに近くなりますので、人気なのですが、それだけ飼育は難しくなります。

独立心が強かったり、信頼関係を築くまでにとても長い時間がかかったりと、飼育には普通の犬種以上の時間と努力、そして技術が必要となります。

そして、とても運動神経が良いです。

とはいえ、リーダーと認め信頼した飼い主に対する忠実さや愛情深さも持ち合わせています。

そして、嗅覚や聴力もひときわ優れているそうです。

力強い大型犬!

ウルフドッグは大型犬です。

ウルフドッグにもいろいろな掛け合わせがますので、その見た目の特徴は掛け合わされた犬種によっても違いがありますが、体高は65cm以上になり、体重も50kg以上になることがあります。

二本足で立ったときには、人間の大人の身長を超すほどの大きさになるウルフドッグもいます。

それほどの大きさだと思うと、迫力や持つ力の強さはかなりのものだと想像することができるでしょう。

サーロス・ウルフホンドは、体高が60~75cmほどになるといわれています。

体重は36~41kgです。

カルパティアオオカミは体高が60~65cmで、体重は20~26kgになります。

身体的特徴には個体差がある、というわけですね。

しかし、大型犬で運動神経が非常に良い、ということですので、飼育にはかなり広いスペースと、毎日3時間ほどの運動が必要になります。

3メートルほどの柵を作っても、それを簡単に飛び越えることもあります。

脱走する能力はひときわ高いです。

それで、飼育には、一頭あたり30㎡の面積が必要ということですし、安全に飼育するための頑丈な柵なども必要になります。

そして、この大きさからもよく分かるように、とにかく食事量が多いです。

それで、経済的余裕と、一日に3時間ほどの運動に付き合う事のできる体力と時間のある人でなければ飼育は難しいです。

立ち耳で垂れ尾

サーロス・ウルフホンドは、立ち耳で垂れ尾です。

尻尾にはふわふわした被毛があるので、太く見えます。

ショートコートで、ハスキーとよく似た被毛を持ちます。

チェコスロバキアン・ウルフドッグも、立ち耳に垂れ尾をもっています。

ただし、被毛が少し長めです。

夏毛と冬毛があり、その被毛の量はかなり差があります。

それで、冬はわりとふっくら体型なのに、夏になると急にスリムな体型になったように見えます。

毛色はオオカミ系のものだけが認められています。

ウルフドッグの寿命

ウルフドッグの寿命は約10年といわれています。

大型犬ですので、寿命はそれほど長くはないんですね。

しかし、オオカミの血が濃いと長生きすることが多いようです。

ウルフドッグの性格

The Saarloos wolfdog

ウルフドッグは、掛け合わされた種類やオオカミの割合がどのくらいか、ということで身体的な特徴が違ってきますが、性格面ではとくに個体差が大きいと言われています。

一般に、オオカミの血が入っているということで、注意深さや警戒心の強さは普通のイヌよりも高いです。

ただ、完全なオオカミではなくイヌの血も入っているので、従順な一面も持ち合わせています。

そして、自分が仲間と認識した相手との絆はとても深く、助け合って生きていこうとする傾向があります。

ただし、仲間として信頼してもらうためには、普通以上の時間と努力が求められます。

しかし、本当似リーダーとして認めてもらえると、その信頼関係はとても強く、そして喜びもひとしおだそうです。

信頼している飼い主さんの前では、まるで子どものように無邪気で甘えん坊な姿も見せるようです。

知能はひときわ高いです。

サーロス・ウルフホンドは、ウルフドッグの中でもかなりしつけが難しいと言われています。

用心深くて、内向的で、警戒心が強く、臆病な性格をしているからです。

環境の変化にも敏感だそうです。

しかし、リーダーと認めた飼い主に対する充実さはものすごく強く、飼い主の家族に対してもものすごく愛情深く接します。

遠吠え以外にはあまり吠えないので、番犬にはならないそうです。

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、外見がオオカミにとてもにているのですが、イヌの性質が強いとされています。

内向的で大人しく、子どもたちにも優しいと言われています。

そして、素直で忠実といった愛らしい性格をしています。

そして明るくて活動的だそうです。

ちゃんと訓練すれば、他のイヌや動物とも仲良くできるほどです。

しかしもちろん、力はかなり強く、そして訓練をしっかりと行わなければ、主従関係が逆転してとても危険なこともあります。

警戒心が強いので牙をむくことがあるかもしれません。

ウルフドッグがご主人より自分のほうが上だと判断し、攻撃的になったときには、大人の力であっても、その行動を押さえつけることは難しいでしょう。

それで、リーダーとして認識させしっかりとした訓練を施すこと、これが幸せにともに生きるためには不可欠なのです。

リーダーとして認識したあとには、とても優しく、愛情深く、従順です。

このように、一般的な性格をご紹介していますが、ウルフドッグの性格というのはかなり個体差が大きく、交配している犬種やオオカミの血がどれほど入っているかで、別の犬種のように性格が違ってきます。

それで、一概には言えないのがウルフドッグなんですね。

ウルフドッグのかかりやすい病気

Black wolfdog portrait - Yamnuska Wolfdog Sanctuary - Cochrane, Alberta, Canada

ウルフドッグが気をつけたい病気の中に、関節疾患があります。

とくに大型犬に多い病気ですね。

さらに、眼疾患や脊椎症にも気をつけたほうが良いようです。

では、詳しくどんな病気で、どのような予防法や治療法があるのか見てみましょう。

関節疾患

ウルフドッグを飼育するうえで気をつけたい病気の一つが関節疾患です。

特に股関節形成不全に注意する必要があるようです。

股関節形成不全とは、股関節の発育異常により股関節が不安定になってしまう病気です。

大型犬に多い病気です。

例えば、階段を上り下りしにくいとか、ジャンプできない、うさぎ跳びのように歩く、腰を左右に振って歩くといった症状が見られます。

生後4~12ヶ月ごろに発症する事が多いようですが、2~3歳になってから現れることもあります。

治療としては、鎮痛剤やレーザー療法で痛みを緩和させたり、運動制限をしたり、体重管理をして、症状を緩和させる内的治療と、手術による外科的治療があります。

いずれも発症すると治療やケアは大変です。

予防としては、成長期に過剰に栄養をあたえないことや、肥満を防ぐということが大事です。

幼齢期に栄養を与えすぎると、関節や筋肉が成長においつかないままどんどん大きくなってしまい、結果股関節形成不全が起こるといわれています。

また肥満などによって負担がかかることによって症状が進行してしまうことがあります。

それで、常に体重管理を行い、さらにフローリングなどの滑りやすい床などには滑り止め対策をしたり、過度な運動をさせないとうことを意識する必要があります。

眼疾患

イヌがなる眼疾患にもいろいろありますが、サーロス・ウルフホンドの気をつけたい病気の中に網膜萎縮症がありました。

網膜萎縮症とは、網膜が変性して視力が徐々に落ちて、失明至る遺伝性疾患のことです。

進行するにつれて、視力が低下し、動きが鈍くなったり、暗いところでものにぶつかるなどの症状が見られます。

治療は内服薬や点眼薬などを使用することがあるようですが、治す治療法はありません。

予防としては、遺伝性疾患などで、変異遺伝子を持っている個体の発症を予防することは難しく、遺伝子検査によって、遺伝子変異をもっていないかどうかを確認して選択的に繁殖させるということになります。

変形脊椎症

変形脊椎症は、脊椎の骨が変形してしまう病気です。

年齢とともに深刻になることが多く、胴が長い犬種や、背骨に負担をかけるような運動をしているイヌは特になりやすいといわれています。

また、肥満が原因で若くして発症することもあります。

症状としては、腰やお尻をさわると痛がったり、しっぽを振らないといったことがあります。

負担から段差を上り下りしていることが多かったり、太っていると危険です。

痛みも伴う病気ですので、早めに発見し対策を講じてあげたいとおもいます。

治療としては痛み止めを使ったり、若く元気な場合には外科的治療をすることがあります。

でも、まずできるのは、予防として体重管理です。

肥満はイヌにとって大きな負担となります。

そして、ソファやベッドにのばらないようにする、といったことも大事です。

見た目、簡単そうに見えても、自分の目の位置よりも高いところに上り下りすることは、背骨にとても大きな負担をかけます。

それを何回も繰り返す事によって、背骨を痛めて脊椎症が発症することが多いので、スロープなどをつけてあげるといった対策もできるでしょう。

ウルフドッグのおすすめドッグフード2選!

Healthy dog food on wooden background

とにかく運動神経がよく、そして運動量も多いウルフドッグは、食事量もかなり多いです。

それで、フード代だけでもかなりの費用が必要になります。

とはいえ、健康な身体をつくり、維持するために大切なのは食事です。

そして美しさを保つためにも、良質なフードは大事になります。

では良質で、ウルフドッグの健康を促進するフードのおすすめをご紹介します!

ファインペッツ極

原材料の中でお肉が全体の90%も占め、本来肉食であるイヌに適したフードとなっています。

そして、消化吸収率も87%ということで高いので、消化器官が少ない大型犬に向いています。

高たんぱくで、高脂質ですので、肥満には気をつけましょう。

少し値段が高いのですが、無添加で安心して与えることができるフードです。

アランズナチュラルドッグフード ラム

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

アランズナチュラルドッグフードは、100%無添加で、小麦、大豆、とうもろこし、乳製品、牛、豚の肉を使っていません。

栄養価が高く、消化吸収率もいいので与える量が少なくて済みます。

そして、人間も食べられる高品質のラム肉を55%も使っているところもうれしいポイントです。

#忘れてはならない現実 ウルフドッグはとても魅力的です。

そのカッコよさだけでなく、家族に対する愛情深さや飼い主への忠実さはとても惹きつけられます。

しかし、 ウルフドッグはアメリカの多くの州では、法律で特別な許可がないと飼育できないほど、一般家庭での飼育は難しく、適さない場合が多いとされています。

例えば、飼い主以外への人間にまったくなつかなかったり、イヌ仲間を求める気持ちが非常に強かったり、その力の強さや身体能力の高さゆえに脱走したり、あまりの飼育の難しさに飼育放棄をされて、結局保健所で安楽死させられる個体もいるのです。

日本でも、飼育はとても難しいです。

それで、生半可な気持ちや覚悟で飼育することはできません。

飼育するための場所を用意すること、ウルフドッグの性質をよく勉強し理解すること、そして厳しい訓練を一貫して行う技術や経験がないのに飼育するなら、結局、ウルフドッグも人間も幸せになれません。

それで、TV番組などで紹介されるとつい可愛くて、「飼ってみたい!」と思いますが、実際のところは飼育が非常に難しいこと、さらに訓練ができないと命の危険性までもあることをしっかりと考慮しましょう。

ただ「飼ってみたい」という気持ちだけで購入して、その後飼育ができずに手放し、保健所送りにするといったことが絶対にないようにしましょう!

まとめ

Young sleeping wolfdog - Yamnuska Wolfdog Sanctuary - Cochrane, Alberta, Canada

テレビ番組などでウルフドッグが特集されると、そのカッコよさとオオカミのようなワイルドさ、そして信頼している相手にだけ見せる甘えたりする姿に多くの人が惹きつけられているようです。

オオカミの血が入ったイヌなんて、とても魅力的ですよね!

しかし、オオカミの血が入っているゆえに普通のイヌを飼育するのとは違ったトレーニングスキル、覚悟、そして飼育環境が必要となります。

人とイヌがともに幸せに暮らせるように、しっかりとした知識のもと飼育されていくことを願っています。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ