イングリッシュグレイハウンドってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

イングリッシュグレイハウンドってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

スラっとした立ち姿が印象的な大型犬のイングリッシュグレイハウンドは日本ではあまり見かけることがない珍しい犬種ですが、世界では最も有名なサイトハウンドとして人気があります。ドッグレースで一世風靡したイングリッシュグレイハウンドは、走らせると時速はなんと60㎞を超える犬界ナンバーワンの実力を持っているんです。それでも家の中ではゆっくりしていることが大好きで「世界で最も足の速いカウチポテト」と言われちゃうお茶目な一面もあります。そんなイングリッシュグレイハウンドの歴史や特徴などを今回はまとめますね。またかかりやすい病気やおすすめのドッグフードの紹介も含めますので、ぜひ参考にしてください!

イングリッシュグレイハウンドって?

Greyhound

イングリッシュグレイハウンドはイギリス産のサイトハウンドで、大型犬に属する世界でも有名な犬種です。

日本では小型のイタリアングレーハウンドがイタグレと呼ばれて馴染みがありますが、実はイングリッシュグレイハウンドのほうが世界では有名なため、単にグレイハウンドといえばイングリッシュグレイハウンドのことを指します。

大型犬なのと、もともとは狩猟犬として活躍した犬種なので、日本では少し飼育するのが難しいと考えられてしまうため、あまり知名度が高くないのかもしれませんね。

それでもイングリッシュグレイハウンドの魅力に取りつかれて愛着を持つオーナーも少なくはないようです。

そんなイングリッシュハウンドの歴史を紹介しますね。

イングリッシュグレイハウンドの歴史

イングリッシュグレイハウンドの歴史は非常に古くて、紀元前5000年以前から存在していたエジプト産の古代サイトハウンド犬種である「チズム」が祖先であるともいわれています。

古代エジプトの壁画やツタンカーメンの墓から発見された遺物にもイングリッシュグレイハウンドのような犬が描かれていることからもその歴史の古さがよくわかります。

またエジプトの王ファラオをはじめ王族や貴族に寵愛されてきた犬種で、一時は上流貴族のみが飼育を許されていた時代もあったほどです。

大型で立ち姿が美しいこの犬種は、やがて商人たちに連れられてイギリスに渡ることとなります。

イギリスに渡った後、現在みられるような流線型の美しい体つきと足の速い犬に改良され、5世紀にはウサギ狩りなどで活躍するようになります。

その美しい姿はドッグショーでも注目を浴び、上流貴族から愛され親しまれる犬種ともなりました。

11世紀ごろには貴族だけが飼育することを許される高貴な犬種としても知られるようになり、優秀な飼い犬はご褒美として主人と食卓を共にして豪華で贅沢な食事をしたという記録も残っているそうです。

イギリスで高い評価を得ていたイングリッシュグレイハウンドはやがてアメリカに渡るようになり、ドッグレースの花形として活躍するようになりました。

現在は動物愛護の観点でドッグレースを廃止する地域が増えていますが、時速60㎞以上を出すイングリッシュグレイハウンドの迫力ある走りに魅了された人はたくさんいたようです。

残念なことに第一次・第二次世界大戦や革命運動により虐待などの圧力を受けてしまったイングリッシュグレイハウンドは、人気犬種であったにもかかわらず一時は絶滅寸前までに追いやられたことがありました。

しかし外国に疎開した犬や愛好家たちの尽力により復活し、再びウサギ狩りやショードッグとして、またその温厚な性格ゆえに家庭犬としても世界で人気のある犬種の一つとなりました。

イングリッシュグレイハウンドの特徴

whippet dog runs on the grass on the field on trees background

とにかく足の速さは犬界でナンバーワンのトップアスリートであるイングリッシュグレイハウンド、その速さの秘密は流線型のボディにあるんです。

イングリッシュグレイハウンドの体形などの特徴や平均寿命、そして気になる性格についてもまとめますね。

走ることに特化した流線型のボディ

イングリッシュグレイハウンドは大型犬に属していて、平均的なオスの体高が71㎝~73㎝、メスの体高が68㎝~71㎝ほどです。

そして平均的な体重はオスが29㎏~34㎏でメスが27㎏~30㎏とされています。

マズルが細くて足も細い流線型のボディが特徴的ですが、これは速く走るために生み出されたボディだということがいうことができます。

細身ではありますが全体的に筋肉質で、胸の部分は非常に発達していて大きな肺活量を誇っています。

まさに大きな胸をエンジン部分だとすると、それ以外は軽量化されていてスピードを出すために生まれてきた犬種だということができるでしょう。

イングリッシュグレイハウンドの走る速さは時速が60㎞を超えると言われていて、中には70㎞を出した個体もいるとされています。

そして長くて細い足を生かした走りをしていてその歩幅はなんと5.4mにもなるんです。

すべての犬種の中でスピードはナンバーワンであることは疑いようがありませんが、動物界全体を見てもイングリッシュグレイハウンドのスピードはずば抜けており、それを上回るのはチーターのみだと言われています。

まさに走ることに特化した流線型のボディを持つ特徴的な見た目の犬種だと言えるでしょう。

日本では登録数の少ない珍しい犬種

Girl and Greyhound

グレイハウンドといえばイングリッシュグレイハウンドのことだというほど世界的に有名な犬種ではありますが、日本で見かけることはほとんどありません。

ジャパンケネルクラブ(JKC)犬種別登録頭数では2016年で1頭、2017年で0頭となっており、イングリッシュグレイハウンドが欲しいという場合は海外から輸入することを考えなければならないほどです。

日本で飼っている人はいないのかと調べてみたところ、「ルカ」という名のイングリッシュグレイハウンドのブログが見つかりました。

アイルランドでドッグレース従事者によって交配されて生まれたそうですが、レースが得意でなかったため早々に引退させられ、レスキュー団体に引き取られたそうです。

ドッグレース引退後の犬たちは殺処分されたりするなど扱いが悪いことでも知られているようで、このように保護団体に引き取られるのはラッキーなことだそうです。

足が速いためドッグレースのレーサーとして有名ですが、家庭犬としての魅力ももっと伝わるようになるといいですね。

イングリッシュグレイハウンドの寿命

アメリカンケネルクラブ(AKC)によるとイングリッシュグレイハウンドの平均寿命は10~13歳となっています。

大型犬としては平均的だと言えますね。

遺伝病などもまれで、比較的丈夫な犬種だとされています。

どの犬種にもいえますが、飼育環境は寿命に影響を与えるので飼い主としては気を付けたいポイントになります。

筋肉質で丈夫なイングリッシュグレイハウンドにも苦手なものがあり、その一つは寒さです。

大型犬だからといって屋外飼育をすると、冬の寒い日などは調子を崩してしまいます。

室内飼育だとそれなりのスペースが必要となってしまうので悩めるところですね。

そしてもう一つの苦手なものはストレスです。

狩猟犬、そしてドッグレーサーとして走るのを得意とする犬種なのでそれなりの運動量が必要となりますが、十分な運動量を確保できないとストレスを貯めてしまいます。

また家ではのんびりすることが大好きで「世界で最も足の速いカウチポテト」とも呼ばれるほどですから、これを許してあげないとストレスが溜まってしまうでしょう。

ストレスは健康に悪いだけでなく、病気になったりして寿命を縮めてしまう原因にもなるので注意が必要です。

丈夫そうな大型犬ですが、寒さやストレスに気を付けながら快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

イングリッシュグレイハウンドの性格

greyhound on the sofa

狩猟犬として活躍したこともある大型犬で、しかも見た目も気品があって近寄りがたい雰囲気を醸し出しているため、扱いにくいのではないかと考える人もいるかもしれませんね。

しかし見た目とは裏腹に、イングリッシュグレイハウンドは「世界で最も足の速いカウチポテト」と呼ばれるだけあって穏やかでのんびりとした性格を持っています。

穏やかで飼い主にも従順なことから、狩猟犬としても家庭犬としても人気を集めた犬種です。

イングリッシュグレイハウンドは飼い主には従順で愛情深いところがありますが、知らない人には警戒心を抱きやや強気なところもあるようです。

しかし攻撃的になったりほかの犬と争うことを好むことはありません。

少し臆病で神経質なところもあるようですが、無駄吠えなどはすることがありません。

これらの性格から穏やかで手がかからない優秀な家庭犬にもなるということがわかります。

イングリッシュグレイハウンドのかかりやすい病気

veterinarian and assistant in vet clinic at work.

比較的丈夫で大型犬としても標準的な寿命のイングリッシュグレイハウンドですが、ほかの大型犬と同じようにかかりやすい病気があるので気を付ける必要があります。

イングリッシュグレイハウンドのかかりやすい病気として、「胃捻転」、「股関節形成不全」、「眼疾患」を挙げることができます。

遺伝的な病気もありますが後天性のものもあり、しっかりと予防することによって防ぐことができる病気もあります。

それぞれの病気の特徴などをよく調べて予防策を取るようにしたり、病気と上手に付き合いながら生活を続けていることができるでしょう。

胃捻転

大型犬に多い病気の一つに「胃捻転」を挙げることができます。

これは何らかの原因によって胃がねじれてしまう急性の病気で、急に胃が拡張することが多いので、「胃拡張」や「捻転症候群」などと呼ばれることもあります。

胃捻転を起こすと食後1~4時間以内で胃の中にガスや胃液が充満してしまい落ち着きがなくなり、吐きそうで吐けない状態が続いたりおなかが大きく膨らむ症状が見られるようになります。

放っておくとふらついて歩けなくなったり呼吸が速くなり、ショック状態に陥って死に至る非常に恐ろしい病気なんです。

緊急性が高い病気なので、胃捻転の疑いがある場合はすぐに動物病院に連れて行って治療することが必要になります。

胃捻転の原因として、一気に食事をとったり一気に水を飲むことや、食後の激しい運動などが挙げられます。

もちろんほかにも原因はありますが、食事や食後の運動については飼い主でも注意して予防することができそうですね。

食事は一気に与えるのではなく少しづつ分けて与えるようにしたり、食後の散歩は控えてしばらく落ち着いて過ごせるようにしてあげることが大切です。

股関節形成不全

大型犬に多いとされているのが「股関節形成不全」ですが、犬が発育する過程で股関節の形成に異常が起こり、慢性的に関節部分に痛みを伴う厄介な病気です。

股関節に痛みを感じて動きが制限されると歩き方に異常が現れ、後ろ足を同時に動かしてウサギのようにぴょんぴょん跳ねるように歩いたり、後ろ足を折りたたむことができなくなります。

さらに歩行の際は腰がふらふらと左右に揺れて安定しなくなるという症状も起こすようになります。

もちろん階段の上り下りを嫌がるようになったり、今まで大好きだった散歩などの運動も嫌がるようになってしまいます。

股関節形成不全の正確な原因など詳しいことはわかっていませんが、遺伝に関係している場合が多いとされています。

それで、大型犬を購入する際は血統書を確認するなどして、股関節形成不全の恐れがないかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

股関節形成不全は生後60日の間の生育環境も大きく関係していると言われていて、この時期に体重が急激に増えて股関節に負荷がかかってしまうために発症するともいわれています。

成長の度合いが大きい大型犬のイングリッシュグレイハウンドも気を付けなければならない病気なので、生後60日間は特に肥満にならないように食事量に気を付けたり、激しい運動を控えるようにしましょう。

眼疾患

すべての犬種につきもので、イングリッシュグレイハウンドも気を付けたいのが「眼疾患」です。

涙やけや目の炎症など比較的軽い症状のものから、白内障、緑内障、角膜炎、結膜炎など眼疾患には様々なものがあります。

普段から愛犬の目の周りを観察して、異常がないかを確認するようにしましょう。

また涙やけ対策や目やにの除去、そして点眼などを習慣化させることによって眼疾患の予防をすることができます。

眼疾患は命にかかわる病気ではないものの、放っておくと進行して手術が必要になったり失明に至ることもあるので注意したいところです。

特にイングリッシュグレイハウンドのような大型犬が失明してしまうと、飼育を続けるのに飼い主に大きな負担がかかってしまいますし、大好きな運動も上手にできなくなってしまうのでかわいそうですよね。

イングリッシュグレイハウンドのおすすめドッグフード3選!

Whippet puppy in the chefs cap

食生活は愛犬の健康と直接関係していますし、愛犬は飼い主が与えたものしか口にすることができないので、ドッグフード選びは慎重に行いたいですよね。

それに栄養バランスをしっかりと考えることによって病気の予防や肥満の予防などもすることができます。

美しい流線型のすらっとしたスタイルを保ち、さらに運動能力を最大に発揮できるように栄養価の高い安全で高品質のドッグフードを与えるようにしましょう。

それではイングリッシュグレイハウンドにおすすめのドッグフードを3つ紹介しますね。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

「モグワン」はドッグフードの人気ランキングで必ず上位に登場する無添加のプレミアムドッグフードです。

発売しているのは日本の会社(株式会社レティシアン)ですが、製造はイングランド西北部にあるペットフード専門工場で行われています。

国際規格SAI GLOBALのランクAを取得している工場で、最初から最後までイギリスで製造されている純イギリス産のドッグフードです。

健康と食いつきにこだわって作られたモグワンは、無添加で安心して与えることのできるドッグフードですが新鮮なチキンとサーモンに独自のハーブをブレンドして犬が好んで食べることのできる工夫がなされています。

成分にはグルコサミンやコンドロイチンなどが配合されているので、運動量の多いイングリッシュグレイハウンドの関節をケアすることができます。

またカモミール配合で神経質でストレスに弱いイングリッシュグレイハウンドのストレス軽減にも効果を期待することができます。

カナガン

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

「カナガン」もモグワンと同じイギリスの工場で製造されているイギリス産のプレミアムドッグフードです。

厳選された原材料を使用し、人間でも食べられるほどの高品質でフレッシュな食材が使用されているので安心して愛犬に与えることができます。

また穀物完全不使用のレシピにより、愛犬が栄養を摂取できるものだけが使用されています。

グルコサミンやコンドロイチンといった関節の健康的な動きを維持する成分やオメガ3脂肪酸といった痛みを抑える成分も含まれているので、間接ケアをしたイングリッシュグレイハウンドにピッタリです。

またリフレッシュ効果でストレス軽減を期待することのできるカモミールも含まれています。

高タンパクのチキンがメインに使用されているので運動が大好きな愛犬にピッタリです。

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード(ラム)

肉類に低カロリーな「生ラム肉」を使用している肥満解消に役立つドッグフード!

容量/価格 2kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 生ラム肉
対応年齢 全犬種、7ヶ月~

「アランズナチュラルドッグフード」もイギリス産の無添加プレミアムドッグフードです。

無添加にこだわっており、非常にシンプルな原材料を使用しているので原材料表は他のドッグフードに比べると断トツの短さです。

原材料は「ラム肉(イギリス産)55%、玄米、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母」となっています。

アレルギーを引き起こすような材料は一切使用していないので、涙やけなどの予防にも最適です。

毎日食べるものだからこそシンプルで体にいいものだけが使用されています。

生ラム肉が使用されていますが、低カロリーなので肥満解消にも役立ちます。

肥満は足腰の関節に負担をかける原因になるので、大型犬のイングリッシュグレイハウンドも気を付けたいですよね。

また消化吸収率がとてもよく、栄養もたっぷり含まれているので与える量が通常2分の1でいいというのも特徴です。

腹持ちもよく、少ない量でもおなかをしっかりと満たしてくれるので、ドカ食いをするなどして胃捻転になってしまうことを予防することができそうですね。

愛犬のおなかにやさしいですし、飼い主としてはお財布にやさしいというのがうれしいポイントになりますね。

動物愛護の先進国イギリスで自然給餌(ナチュラルフィーディング)の理論に基づいて作られた安心して与えることのできるおすすめのドッグフードです。

まとめ

A dog of the whippet breed in a park on nature against a trees background in a summer sunny day. Portrait, close-up

イングリッシュグレイハウンドの基礎知識、そしておすすめドッグフードを3つ紹介しましたがいかがでしたか?

犬界ナンバーワンのスピードを誇るイングリッシュグレイハウンド、ドッグランで本気で走っている姿をぜひ見てみたいですね。

きっと大型で走ることに特化した流線型の筋肉質で美しいボディで迫力満点の走りを見せてくれるでしょう。

それでいながら家にいるときはのんびりと過ごすことが大好きだという意外な一面も。

オンとオフがはっきりしているとても賢い犬だということもわかりましたね。

日本ではイタリアングレイハウンドのほうが知られていますが、十分な飼育スペースが確保できるようでしたら世界でも有名なイングリッシュグレイハウンドを飼うこともできるでしょう。

おすすめドッグフードも、チキンやサーモンそしてラム肉といったバラエティに富んだ3つを選ぶことができましたので、愛犬の好みによって選んであげるのもいいでしょう。

いずれもヒューマングレードのプレミアムドッグフードなので、安心して与えることができますよ!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ