アレルギー対策ならこれ!おすすめドッグフードランキング

アレルギー対策ならこれ!おすすめドッグフードランキング

食物に対してアレルギーを起こす犬は少なくありません。特に毎日食べるドッグフードは、アレルギーの原因になりやすいため、愛犬の体質に考慮したフードを選ぶことが特に大切といえます。今回はアレルギー対策の施された良質なドッグフードをご紹介します。

犬の体に起こるアレルギー

アレルギーとドッグフード

犬を飼い始めたばかりの人にとっては、犬にもアレルギーが起こることを知って驚く人もいるかもしれません。

意外にもアレルギーをもつ犬は多く、ドッグフード選びに頭を悩ませる飼い主さんは珍しくありません。アレルギーの症状や原因となる食物は様々です。あなたのお家の愛犬は大丈夫でしょうか?アレルギー反応を起こしている犬は、どのようなしぐさや症状が現れるのか、チェックしてみましょう。

もしかしてアレルギー?愛犬のしぐさや症状をチェック

犬がアレルギーを発症するとどのようなしぐさや症状を見せることがあるのでしょうか。

まず代表的な症状として挙げられるのが皮膚疾患です。初期症状のうちはかゆみが現れるほか、部分的な脱毛や発疹が出ることもあります。体がアレルギー反応を起こすと、犬はかゆみに耐え切れず慢性的に体を掻いたり、噛んだりするようになるため、皮膚がただれたり次第に黒ずんでしまうこともあります。犬が執拗に体を掻いたり舐めたりするようなしぐさを見せる場合には、注意しましょう。

また、そのその他の症状として嘔吐や下痢といった症状が出ることもあります。食事をした後に吐いたり、一向に下痢が良くならないといった場合には、与えているフードが体に合わず、アレルギー反応を起こしている可能性も疑ってみましょう。

そのほかにも皮膚が赤く炎症を起こすような症状が観察される場合もあります。犬がアレルギーを起こした場合、目の周りや口の周り、耳や足の裏などは症状が特に出やすい場所だといわれています。そのような部位が赤くなり、犬がかゆがっているようなしぐさを見せる場合、アレルギー反応が起きている可能性も考えられます。

何がアレルギーの原因になるか

では、犬がアレルギーになる原因にはどのようなものが関係していているのでしょうか?

一般的に多く見られるのは、やはり食物アレルギーです。アレルギーの約4割は食物が関係しているといわれています。特に犬がアレルギーを起こしやすい食材として挙げられるのが、小麦やとうもころしといった穀物類です。他にも大豆や乳製品が原因となってアレルギーを引き起こす犬もいます。また、意外にも牛肉や鶏肉といったドッグフードによく使用されることの多い肉類が、アレルギーの原因となってしまうケースもあるようです。

また、ドッグフードの品質を維持するために用いられている酸化防止剤や、見栄えを浴するために加えられている着色剤といった添加物が原因となって、アレルギーを発症してしまう犬もいるようです。

その他にも、犬の生活環境が原因となってアレルギーを引き起こしている場合もあります。ハウスダストやカビ、ストレスの多い環境によって免疫力が下がってしまい、結果としてアレルギーが起こってしまうのです。

さらに、生まれ持った遺伝ゆえにアレルギーを起こしやすい犬種もいます。今回の記事では、食物が原因でアレルギーを起こしてしまう体質の犬向けに、対策として役立つドッグフードの選び方やおすすめのブランドについてご紹介していきます。

アレルギー対応ドッグフードの選び方

食物アレルギー対策としてドッグフードを選ぶとき、どんな点に注意しながらフードを決めると良いのでしょうか?

主に3つのポイントに注目してドッグフードを選ぶなら、愛犬の健康に配慮した良いフードを選ぶことができるでしょう。

主原料の肉は何が使われているか

まず、初めのポイントとして主原料に使われている肉の種類は何かをチェックしてみましょう。

先にも述べたように、牛肉や鶏肉といった肉類がアレルギーの原因であることが分かっている場合には、そのほかの肉が主原料として使われているドッグフードを選ぶようにします。アレルギーに配慮されているドッグフードの中には、バイソン肉や七面鳥肉、サーモンやニシンといった低アレルギーの食材を使用しているものも多くあります。

なかでも魚はアレルギーの原因となりにくく、たんぱく質も豊富に含まれていますので、畜類の肉すべてにアレルギーが出てしまうという場合には、魚をメインに使用したフードに絞って選んでみるのも良いでしょう。

グレインフリー(穀物不使用)かどうか

犬が食物アレルギーになってしまう原因として、穀物が関係している場合が少なくないようです。中でも、小麦やとうもろこしは犬がアレルギーを起こしやすい食材として知られています。穀物はアレルギーの原因となってしまうばかりか、犬にとって消化しづらい食材でもあります。それは犬が本来肉食の動物だからです。

しかしドッグフードの中には、生産コストを下げるために穀物を混ぜる比率をあげているものも少なくありません。たんぱく質は犬の健康を保つために欠かせない食材です。アレルギーの有る無しに関わりなく、可能であれば穀物不使用(グレインフリーと呼ばれています)のドッグフードを選んであげたいですね。

100%無添加であるか

最後に挙げる点として、100%無添加であるかを確認することは大切です。

ドッグフードの成分表を見てみると、時折見慣れない成分表記に気づくことがあるでしょう。例えば「BHA」や「BHT」、「エトキシキン」など。これらはいずれも酸化防止剤の一種なのですが、研究の結果発ガン性が確認されているものや、アレルギー反応の原因となりやすいものばかりです。

なかでもエトキシキンは、とても強力な抗酸化作用があり、なおかつ安価とのことで海外から輸入されているドッグフードに含まれている場合もあります。

着色料も注意して見たい添加物の一つです。着色料には見栄えを良くする効果がありますが、体にとっては害になりかねないものばかりです。

例えば、よく見かけることの多い「赤色3号」という着色料。この着色料は石油から作られているタール色素です。国内でもかまぼこや福神漬けといった食材に使用されていることもある着色料ですが、ラットによる実験では赤色3号により甲状腺の異常が引き起こされたことが確認されています。

その他にも「赤色40号」、「赤色102号」、「青色2号」といったいずれの合成着色料も、発がん性やアレルギーの危険性があることが分かっていて、中には海外での使用が禁止されている着色剤もあるほどです。

さらに注意したい添加物は、甘味料です。

食いつきをよくするために甘味料が使用されている場合が少なくありませんが、甘味料の中には、なのか、犬にとって必要の無いものばかりか、体に悪影響を及ぼすことが分かっているものも数多くあります。例えば「コーンシロップ」は粘り気や弾力をドッグフードに加えるための甘味料で、食い付きを良くするために使用されることがあります。

しかし、この甘味料は犬の副腎やすい臓に悪い影響を及ぼすことが分かっていて、ひどい場合には糖尿病のきっかけとなってしまう恐れのある添加物です。

さらに、ドッグフードのかさましとして使用されていることの多い「ビートバルブ」。

ビートバルブとは、甜菜の搾りかすのことで、かすにも甘みが残っているためド食いつきをよくするためにドッグフードに使用されることがあります。

しかし搾りかすなので、ビートバルブ自体にはほとんど栄養が含まれていません。それどころが摂取しすぎが原因で便秘を引き起こすきっかけとなってしまうことがあります。安価なドッグフードだと、特にかさましの目的でビートバルブが使用されていることがありますので注意が必要です。

添加物の多くは、どれも「百害あって一利なし」と言わざるを得ないものばかりです。愛犬が添加物に対してアレルギーを抱えていないとしても、将来の健康のことを考えるなら、100%無添加のドッグフードを選びたいと思うのではないでしょうか。

アレルギー対応のおすすめドッグフード

アレルギー対策のフードを選ぶには、「主原料の肉を確認」、「グレインフリー」、「100%無添加」を選ぶことがポイントであることが分かりました。では最後に、アレルギー対策フードとしておすすめしたいドッグフードをご紹介します。どのフードもそれぞれ特徴がありますので、比較しながら愛犬に合ったフードを選ぶと良いでしょう。

カナガン

グレインフリーのドッグフードの中でも、人気が高いドッグフードブランド「カナガン」。

メインの肉には、生のチキンが使用されています。人口添加物はもちろん入っておらず、天然由来の酸化防止剤を使用することで品質を保っています。また、グルコサミンやコンドロイチンといった愛犬の健康的な体づくりに役立つ成分も含まれています。

原産国はイギリスのドッグフードですが、原材料は農薬などの有害物質が含まれていないか2度のチェックが行なわれるなど、徹底した品質管理が行なわれています。グレインフリーのドッグフードは数多く出ていますが、その中でもカナガンは比較的手ごろな価格で販売されているフードです。また定期購入による割引もあるため、よりお得な値段で買い求めることができます。

カナガンを愛用するようになって、アレルギー症状が改善された、毛艶が良くなったという口コミは少なくありません。新鮮な鶏肉が使用されているので、食いつきもばっちりです。鶏肉アレルギーを持っていない愛犬であればぜひ試してみてはいかがでしょうか。

アランズナチュラルドッグフード

次にご紹介する「アランズナチュラルドッグフード」も、イギリスを原産とするドッグフードです。特徴はなんと言っても原材料のシンプルさでしょう。使用されている原材料は、なんと11種類のみ。犬にとっては余計な原材料は一切含まれていません。成分の半分以上には生のラム肉が使用されています。

ただ、原材料に穀物が使用されていることに引っ掛かりを感じる人もいることでしょう。確かに犬は本来肉食であるため、穀物は消化不良の原因となることもあります。しかしアレルギーという観点からすれば、使用されている全粒大麦や玄米、 全粒オーツ麦はアレルギーの原因となりにくい穀物です。全粒タイプの穀物にはミネラルや食物繊維、質の良いビタミンも含まれています。

「アランズナチュラルドッグフード」は、犬が本来野生下で食べていたであろう食事、自然給餌にできるだけ近づけたフード作りがコンセプトになっています。犬は野生で暮らしていたとき、草食動物を仕留めて食べていました。そのため、草食動物が食べていた穀物類の栄養素も一緒に取り込んでいたであろうという考えに基づいて、厳選された穀物が使用されているのです。シンプルな原材料だと安心して与えることができますね。

モグワン

次にご紹介する「モグワン」は、アレルギー対応のフードの中では販売開始が2016年と、比較的最近発売されたばかりのドッグフードです。長年輸入ペットフードを扱ってきた日本の会社が、愛犬家のための健康的なフードを作りたいという思いからレシピを考案し、イギリスで生産を行なっているフードです。

愛情のこもった愛犬のための手作り食からヒントを得たレシピは、犬にとって必要なたんぱく質だけでなく、野菜や果物もふんだんに使用されているので、ビタミンやミネラルもバランスよく摂取することができます。メインのタンパク源には、鶏肉とサーモンが使用され、穀物は不使用です。人口添加物はもちろん無添加。また、一般的なグレインフリーのドッグフードより脂質が少なくカロリーが少なめのフードなので、カロリー消費のすくない小型犬や肥満気味の犬にもぴったりのフードといえるでしょう。

また毛艶を良くする働きを助ける「サーモンオイル」や、関節の健康をサポートする「コンドロイチン」。「グルコサミン」も入っていますので、シニア期の愛犬にも嬉しいフードですね。

オリジン

質の高いペットフードに与えられる国際的な賞「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」。この栄誉ある賞を受賞したことで広く知られるドッグフード、オリジン。

オリジンのドッグフードには、パピー・パピーラージ・アダルト・6フィッシュ・レジオナルレッド・シニアの5種類の商品が用意されています。そのどれもタンパク質を80%以上含んだ高タンパク食に仕上げられています。オリジンでは生物学的に適正であるかどうかを原則としてフード作りが行われており、犬の本来の食性を軸に考えられています。

タンパク源として採用されているのは、アンガスビーフやイノシシ肉、バイソン肉、ラム肉、マトン肉、豚肉、ヤギ肉などの赤肉を始め、チキン、ダック、ターキー、ウズラ、サバ、アンコウ、スケトウダラ、ニシン、カレイなど豊富な顔ぶれ。バラエティに富む原材料を使用することで、犬本来の食生活に近づける努力が払われています。

オリジンのドッグフードは、肉類:フルーツや野菜:穀物の比率が8:2:0になっており、生物学的に適正な比率を再現したレシピとなっています。商品のレビューでも、アレルギー症状の改善が見られたという投稿もみることができます。

アーテミスオソピュア

アメリカで影響力のある犬専門の雑誌The Whole Dog Journal(ホールドッグジャーナル)で高い評価を受けたドッグフード、アーテミスオソピュア。

ガルバンゾー豆(ひよこ豆)を配合していますが、ガルバンゾー豆はタンパク源としてだけでなく、ビタミンB1、カルシウム、カリウムを豊富に含む食材として知られています。主原料として使用されているのは、鴨肉やバイソン肉、サーモンなどです。

アーテミスオソピュアでは、食物アレルギーの原因になりやすい白米や小麦、トウモロコシだけでなく、米・麦類の穀物を全く使用しないグレインフリー。購入者の口コミを見ても、小麦アレルギーに悩まされていた愛犬の症状が改善されたとのレビューも寄せられています。

ピナクル

英語で「頂点」という意味を持つドッグフード、ピナクル。その名前には品質の頂点によって、より多くの犬たちを救いたいという願いが込められています。

「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の三つの要素で形作られるドッグフード。ピナクルはそのうちの二つ、「タンパク質」と「炭水化物」にこだわったスペシャルフードです。アレルギーの原因になるグルテンを限りなく含まない炭水化物を選び抜いて使用しています。炭水化物源として採用されているのは、カラス麦やキノア(キヌア)。カラス麦はグルテンの含有量が少ない食材ですし、キノアもアレルギーが出にくい食材として注目を集めています。

また、肉アレルギーにも配慮し、チキンやマス、ダック、サーモン、ターキーの5種類を採用して、愛犬の状況に合わせて購入できるようにしています。これらのタンパク源はすべて、人間用の食材としてアメリカ農務省の基準をクリアしている新鮮な生肉を使用しているので安心です。

まとめ

愛犬がアレルギーに苦しむ姿を見るのは、飼い主としてとても心が痛いですよね。アレルギーと一口に言っても、どんな食材に反応するかは犬によって違いがありますが、アレルゲンになりやすい食材を避けたり、品質の高いフードを与えたりすることによって、症状が改善することも少なくありません。商品レビューなども参考にしながら、愛犬に合ったドッグフードを選んでくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事