アイリッシュテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

アイリッシュテリアってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード3選!

日本ではあまり見かけることのないアイリッシュテリア。どんな外見をしているんでしょうか。また歴史は?かかりやすい病気は?どんなドッグフードがおすすめ?では説明していきますね。

アイリッシュテリアって?

Portrait of a happy young Irish Terrier closeup

テリアの中でも最も古いとされているアイリッシュテリアは一体どんな歴史があるのでしょうか。

多くの犬種にも影響を与えたとされるエピソードも含めて紹介していきますね。

アイリッシュテリアの歴史

アイリッシュテリアはもともとの起源がどこから来ているのかはっきりしないほど、テリアの中でも古い種類の犬種となっているので、文字通り原産国アイルランドを象徴する犬といっていいでしょう。

この犬種の働きは狩猟としての役割を十分に果たせるほど発達している点に挙げられ、また泳ぎがとても得意であるのでカワウソの猟で活躍していたようです。

そしてとくにこのテリアが秀でているのは大胆な行動をとることができる性格をもっていることで、それが顕著に表れたのは第一次世界大戦のさなか、戦場の激しい場所での伝令役として活躍したことです。

大きな音を立てて砲弾が炸裂する、人間でも果たしたくはない役目でも、果敢に飛び交い並外れた働きをしたためその無謀ともいえる行動力はアイリッシュテリアの代名詞になっているといっても過言ではないでしょう。

歴史の古いアイリッシュテリアですが、現代におけるこの犬種の存在は1875年のドッグショーで「キルニー」と「エリン」がチャンピオンとなって公認犬種になったときから始まったといって良いでしょう。

なぜならこのオスメスのアイリッシュテリアはチャンピオンとなったため、優れた犬種としてその後の子孫の繁栄に恵まれることとなり、アイリッシュテリアの父と母として知られるようになったからです。

そしてアイリッシュテリアが世界に知られるようになったのは1889年のドッグショーの際に定められるようになった断耳の禁止に一役買ったことです。

それまでアイリッシュテリアは垂れた耳を断耳することが流行っていたため、見た目を意識しているために早々に耳を失うという今では考えられないことが起きていたのですが、このときのドッグショーで明確に禁止されました。

その後の断耳の歴史に幕を下ろさせるに足りる働きをしたのです。

現在はその知性の高さと勇敢な性格、また環境への順応力が認められて、護衛犬や狩猟犬としてまた家庭のペットとして、さらにはドッグショーなど競技大会での活躍の場などありとあらゆるところで用いられている犬種になっています。

アイリッシュテリアの特徴

The Irish Terrier lays on the ground and looks up

アイルランド原産のアイリッシュテリアの特徴はおじいさんのような顔立ちにみえる髭と垂れて可愛い耳でしょう。

中型犬ですが運動量は豊富で活発な犬種ですのでしつけには注意を払いますが、愛情を持って飼育すれば飼い主への忠誠心を示してくれる犬でもあります。

これからいくつかの特徴を説明していきます。

細身の顔に口ひげと垂れた耳が特徴のアイリッシュテリア

筋肉質な体つきに似つかわしくない印象的な部位が顔なんです。

中型犬ながらもしっかりした骨格と肉付きに小さな顔がちょこんと付いているような印象を与えるアイリッシュテリアはその愛らしい顔つきで人気があります。

その中でもとくにアイリッシュテリアらしい特徴はなんといっても垂れた耳と口ひげでしょう。

耳は上半分ほどの部分が前側に倒れ込んでいて耳の通り道は見えないので、前面から見るとひょこんと垂れ下がった耳がチャームポイントになっているのが良く分かります。

さらにアイリッシュテリアを印象付けている髭は口のまわり前面に生えていて鼻の上まで伸びていて目の上にまで達しています。

そのためおじいさんのような長い眉毛のように見えてしまうため、まるでおじいさん犬のようです。

この髭はカットすることもできるので世界に一つだけの髭にトリミングすることもでき、可愛らしいペットのアイテムとしても活用することができます。

アイリッシュテリアの運動量

狩猟犬としての働きはとても有能で、しかも水にも強いことからカワウソなどの捕獲に向いており、運動量は豊富といえるでしょう。

しかも闘争本能もかなりのものがあるため、狙った獲物は見逃さず、一度食らいついたら決して離さないほどの本能を持ち合わせています。

そのため、体は強く足も細いのですが筋肉はしっかりついていますし、力強さを見えるほどの歩き方や走り方をします。

こうした一面を見ても体力は十分に持ち合わせていることをうかがい知ることができますね。

アイリッシュテリアの寿命

約13年から15年ほどの寿命とされているため、中型犬としては平均的な年数といえるかもしれませんね。

しかも頑丈な体を持っていますので病気にも強い犬種であることから、寿命を全うするまで比較的元気に生活することのできる犬種といえるでしょう。

とはいえ全く病気とは無縁の犬種というわけにはいきませんので、日頃の健康へのケアは欠かせませんし、食事や運動もしっかり管理してあげる必要があるのは間違いないことでしょう。

きちんと管理してあげれば15年以上生きることができる犬種ですので、飼育するときには大切に育ててあげたいものですね。

アイリッシュテリアの性格

Irish terrier dog near a river. Spring time

アイリッシュテリアは気性の荒いことで知られているため、飼い主になる場合は飼い主本人と愛犬との相性だけでなく共に生活している家族や他の動物との相性もよく考慮してあげないといけないでしょう。

とはいえ気性が荒くとも飼い主には従順であるという面も持ち合わせていますから飼い主のしつけがしっかりなされてさえいればそれほど心配するほどの性格ではありません。

ただ闘争本能は強い犬種ですのでちょっとしたきっかけで相手に立ち向かっていってしまう恐れも持っていますから、攻撃的な犬種であることを忘れないように普段からしつけは意識しておきましょう。

さらに、第一次世界大戦では砲弾が飛びかう危険な地帯でも伝令として走り回っていたという逸話が残っているほどの怖いもの知らずな性格ですので、攻撃を目的としていたり興味がわいたものに対する執着心はかなりのものがあるでしょう。

もし散歩中に出くわした犬に対して気に障ることがあったとしたら、喧嘩を吹っかけていってしまうことがあるかもしれませんので、十分に配慮しながら散歩することが求められます。

全く知らない人や犬や猫に遭遇するなどした時には警戒心をあらわにして攻撃的になる可能性がありますので、こうした面からも散歩するときやドッグランに行くときなどはリードは決して離さないなどの注意が必要です。

その反面子供への優しさを示すところもあったりして人間との良い関係を作ることのできる犬種ですのでペットとして飼うことも可能な犬です。

好奇心旺盛ですから室内だけで飼育するというよりも刺激的な外の世界で十分遊べる機会をたくさん与えてあげて楽しく過ごせるようにしてあげましょう。

また有能で賢い性格でもあるので、しっかりしつけないと暴れ犬になってしまいますが、しっかり命令を記憶させてあげれば言うことに従順をしめしてくれますので安心できる犬種です。

ドッグ大会にも多く出場することの多い犬種ですし、賢さには定評がありますので飼育する楽しみのある犬種といえるかもしれませんね。

アイリッシュテリアのかかりやすい病気

Purebred dog Irish Terrier on white background looking into lens

比較的丈夫といわれるアイリッシュテリアでもかかりやすい病気がありますのでしっかり把握して予防を心がけるようにしたいものです。

それらの病気には進行性網膜委縮症、股関節形成不全、巨大食道症といったものがありますので、一つ一つ原因と症状や対応策について説明していきますので、愛犬がこうした症状を起こしていないかどうかを確かめていただければと思います。

もし怪しいと思われる場合には早めの診察を行ったほうが安心できるでしょう。

進行性網膜委縮症

目の中にある網膜の働きは視覚に大きな影響を与えている部位で、特にこの部分を失うことは失明と直結するほどのものといえるでしょう。

これが進行性になると網膜に異常な症状を引き起こし、視力がだんだん失われていくことになります。

多くの犬種にこういった病気が見られていますが、アイリッシュテリアも例外ではなく生じうる可能性の高い病気の一つといえるでしょう。

この進行性網膜委縮症は遺伝的要素が強く、遺伝子レベルでの異常がみられるときに病状が発生するようです。

そのため愛犬の親がこの網膜症を発症させている場合、高い確率でその変異遺伝子が受け継がれてしまうので子もまた網膜症になりやすいとされています。

愛犬が毎日の生活の中でよく壁にぶつかったりふらふら歩いているといった症状がみられる場合は目の異常を考えてみる必要があります。

とくに瞳孔が開いているような感じに見えるようであれば要注意で、そのままの状態にしてしまうと病状が進行していき失明に至るほどの危険な状態ですのですぐに治療を受けられるように病院にいくようにしましょう。

といっても現在は有効的な治療法はないとされており、実際的な治療を受けられるわけではないため、目薬や飲み薬、またレーザーによって治療する等いろいろと試されています。

どの方法でも確実な治療とは言いがたく、今後の医療の発展に期待したいところです。

そのため予防法もない状態で、一度この病気として診断されてしまうと一生向き合っていかないといけなくなり、最終的には失明に至ってしまうのが現状でしょう。

しかし遺伝子レベルでの病気ということは、親に異常がなければ子も異常をきたさない可能性が高いため、交配の段階でよく調べておくなら病気を避けていくこともできるかも知れませんね。

このようにまだまだ未解決の病気であるため心配になってしまいますが徐々に進行していく特徴を持っていますので、早い段階で診断が下されれば、その後のバリアフリー対策などしておくことで愛犬も安心して生活できる環境を作ってあげるのが大切かもしれません。

股関節形成不全

大型犬によく見られる股関節不全ですが、アイリッシュテリアにもみられることがあります。

とくに成長段階での骨の発達時に股関節の形成がうまくいかず、歩くのが困難をきたすことが多いようです。

関節部分の痛みであるため、歩くときの痛みだけでなく座るなどの動作時にも痛みは生じますから、常に何をするにも痛みが生じている状態といえるでしょう。

ですから愛犬にとっても決して居心地の良い状態ではなく、常に違和感を感じている状態ですから、早めの治療に当たってあげるのが飼い主としてのできることといえるでしょう。

股関節は後ろ足の付け根に生じる病気で遺伝的な要素が多いとされながらも、食事の偏りや運動の不足やし過ぎといった事柄においても生じ得る症状とされています。

そのため原因をしっかり追究しておくなら軽度の段階で予防策を講じていくことも可能です。

その場合は、成長段階で栄養を偏らせすぎないように注意してバランスの用意食事を与えること、太りすぎによっても関節に負担はかかりますので、体重の管理をしっかり怠らないこと、激しい運動は極力避けて適度な運動量で体重管理することといった対策を講じていくことができるでしょう。

治療法としては、軽度の場合であれば鎮痛剤を投与することによって痛みを和らげてあげる方法があり、内科的治療を行うことで現状を維持していくことは可能です。

しかしそれ以上にひどい痛みが生じていることが明らかになっているようであれば、外科的な処置を施すことによって痛みを取り去る方法が取られることもあります。

この外科処置の場合は股関節を人工のものに切り替える手術や、関節部分の当たるところを取り去ってしまう手術、大腿骨の一部切除といった大掛かりな手術も行われることがあります。

しかし手術を行うことには術後の愛犬の健康状態にも影響を与えることがあるため慎重に判断することが必要で、飼い主側の大きな決断になるともいえます。

もちろん獣医は最善の方法を選択して解決方法を探ることができますので、自分で判断するのではなくよく相談して決定していくのがよいでしょう。

巨大食道症

文字通り食道が拡張してしまう病気のことで、この病気にかかると食べ物が胃の方へ行かなくなってしまうため十分に栄養を体内に取り入れることができなくなってしまい、極端に体重を落としてしまったり、食道の炎症を起こしてしまったりします。

とくにこの病気になってしまうと食べたものをすぐに吐いてしまうという症状が出るため、このような状態にある愛犬であれば食道の異常を考慮してみましょう。

この病気も何らかの異常を初めから持っていたために食道が働かなくなることがあるようで、食道のなかにある神経に異常がみられることもあるようです。

さらに、神経の疾患が生じたり圧迫などによって食道に炎症を生じさせ、拡張していく場合もあるようです。

こうなってしまうと水分であれ固形物であれ、食道を通るすべてのものは胃に届くまえにうまく胃に運ばれずに口の方へ戻っていってしまい、吐き出されてしまうようになります。

食べても吐き出してしまいますから、食欲は落ちていってしまいますし栄養不足にもなりますので、決してほおっておいて良い状態ではありません。

せめて固形物ではなく流動食のような柔らかい食事に変えて、食道の力を借りずにそのまま胃の方へ流し込めるようにしてあげるのがよいでしょう。

そうすれば栄養は体内に吸収されるようになりますので、体重が極端に落ちてしまうのを防ぐことができます。

場合によっては外科的治療として、神経の治療に当たることによって解決を探ることもありますし、筋に疾患があるならその対処に当たることもあるようです。

とはいえ症状が悪化してからでは遅いため、早めに対処するべく動物病院で診察してもらうのが最善といえるでしょう。

アイリッシュテリアのおすすめドッグフード3選!

Portrait of a red dog close-up. Young Irish Terrier.

栄養バランスを考えた食事を与えたいと考えている飼い主の方には必見のドッグフードをこちらで紹介していきます。

とくにおススメはカナガンドッグフードですが、ほかにもアーテミスアガリクスイミューンサポートI/S(小粒)やロイヤルカナンといった商品もアイリッシュテリアにお勧めですので紹介したいと思います。

もちろん愛犬の特性に合わせてお好みのタイプを探してみることができるでしょう。

安心な原材料の「カナガンドッグフード」

カナガン ドッグフードチキン

ドッグフードの中で、人気と売上の両方がNO.1と言っても良い商品ですね。

容量/価格 2kg/¥4,968(税込)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

カナガンドッグフードは市販されていないにもかかわらずネット通販だけで人気を博し、食材にこだわる飼い主に選ばれているドッグフードの一つです。

やはり評価が高い理由はグレインフリーであることと、チキンをふんだんに用いている肉中心のドッグフードになっていることにあるのでしょう。

評価のコメントを見てもこの点は必ず上がってきます。

そしてアイリッシュテリアにもこの食材は必要かつバランスのよいフードになっており、ぜひお薦めしたいドッグフードといえるでしょう。

アイリッシュテリアがかかりやすい病気には、食事に関して特に注意すべき股関節形成不全がありますが、カナガンは栄養価がとても高いため与えすぎは禁物です。

通常の量と同じだけ与えてしまうと肥満の原因となってしまい逆効果となりますので注意が必要です。

少しの量で充分な栄養を取ることができますので他のドッグフードに混ぜて与えることのできるフードです。

いずれにしても、良質なたんぱく質をしっかり取れる点では運動量も豊富なアイリッシュテリアにはうってつけといえるでしょう。

カナガンドッグフードってどうなの?実際のとこ評判と口コミをチェック!

カナガンドッグフードは知名度抜群のドッグフードです。子犬からシニア犬までどの年齢層にも対応した総合栄養食です。どこに特徴があるドッグフードなのかを詳しく調べてみましょう。口コミや評価も含めて紹介します。

https://dogfood.fun/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%93%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81

「アーテミス アガリクス イミューンサポートI/S(小粒)」

アーテミス アガリクスイミューンサポート 小粒 3kg(Artemis)

栄養の宝庫といえるアガリスクと乳酸菌の最高品質を配合したブレミアムフードです。

商品名になっているアガリクスとはキノコの事で、ブラジルの一部の地域のみに生息しているため希少価値が高く、しかも癌予防やコレトロールを下げるといった有能な働きをしてくれる食材の事です。

しかも免疫を高める効果も期待できるため病気に強い身体作りに一役買ってくれるためアイリッシュテリアにも最適な食材といえるでしょう。

さらに安定剤や着色料も不使用で天然素材にこだわっているため安心して愛犬に与えることのできるドッグフードですから当然アイリッシュテリアにも与えたくなるのではないでしょうか。

もちろん天然ですので開封後早めに食べきる必要があり、カタログでは開封後一か月以内の完食が薦められています。

それだけ食材に自信のある証拠ともいえますので食材にこだわる飼い主さんにはぜひ一度試してみていただきたいフードです。

脂肪率も低めですし、穀物が入っているとはいえ玄米などのグルテンが少ない穀類ですので、よほどのアレルギーを持っている愛犬でなければ与えても大丈夫でしょう。

主な原料となっているチキンも良質な食材が使用されているのでアイリッシュテリアの筋肉作りにも体力作りにも役立つに違いないドッグフードといえます。

アーテミスアガリスクってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!

アーテミスは世界の25もの国々で愛されるドッグフードです。原産国のアメリカでは、犬の有名専門誌「ホールドッグジャーナル」から最高級品質フードと評価されています。今回はアーテミスのアガリスクを使った商品アーテミスアガリスクの原材料やその特徴と評判をまとめました!

https://dogfood.fun/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%92%E6%96%AC%E3%82%8B%EF%BC%81

栄養バランスの取れた「ロイヤルカナン」

ロイヤルカナン 食事療法食 犬用 消化器サポート 低脂肪 缶 200g

消化吸収不良による下痢や高脂血症の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です

何十種類もラインナップしているロイヤルカナンですので、アイリッシュテリアにも最適な商品を探すことができる点でメリットの大きいドッグフードといえます。

そのため動物病院でもおススメされることの多いドッグフードで、減量が必要な時や、食欲が細くなってしまったときの備え、また関節などの痛みに対応する必要があるときなど、多くの場面で活躍するフードです。

とくに股関節形成不全が生じる可能性のあるアイリッシュテリアの場合は、関節サポートもお勧めです。

低カロリーで計算されたドッグフードで肥満になるのを防いでくれますし、関節の働きに良い影響を与えるコラーゲンやウコンエキスといった成分も配合されていますので、一度試してみるのも良いかもしれませんね。

ドッグフード「ロイヤルカナン」ってどう?原材料や評判のまとめ!

「すべては犬と猫のために」というキーワードの元に開発されているロイヤルカナンの商品。有名なドッグフードですが、実際のところはどうなのでしょうか?今回はロイヤルカナンの原材料やその特徴、みんなの評判についてまとめてみました!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8C%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

まとめ

Portrait of irish terrier dog holding a flower in its mouth

股関節形成不全といった親から引き継ぐことの多い遺伝性の病気を持っていることがあるため、子犬で引き取ったり購入したりする段階からよく調べたり情報を得たりして愛犬選びをすると良いでしょう。

もちろん運動量や食事療法で十分に対応していくことができますので、愛情を注ぎながら大切に育てていってくださいね。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ