アイスランドシープドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

アイスランドシープドッグってどんな犬?基礎知識とおすすめドッグフード2選!

極寒の地アイスランドで逞しく生きているアイスランドシープドッグは、極寒の地でも元気に動き回れる秘密がありました!日本ではまだ見かけることができないアイスランドシープドッグですが、日本犬と似ている見た目なのでなんだか親近感がわきそうです。アイスランドシープドッグの持つ天然の寒さ対策や性格、飼育のポイントや元気に過ごしてもらうためにおすすめなドッグまで、この記事でまとめてご紹介していきます。

アイスランドシープドッグって?

アイスランドシープドッグ

寒さ厳しいアイスランドで牧羊犬として働くアイスランドシープドッグは、1種類しかいないアイスランド原産の犬種です。

「フリーアードッグ」「アイスランディクドッグ」などの別名でも呼ばれることがありますが、すべてこの犬種のことを指しています。

犬は寒さに強い動物だといっても、アイスランドの冬はずば抜けて寒いので、牧羊犬として屋外で働くことができる犬種はアイスランドシープドッグ以外にいないことでしょう。

アイスランドシープドッグがアイスランドで元気に働けるのにはいくつか理由があり、寒さに取り分け強い被毛や凍った道でも滑らないスパイクのような爪を持っていたり、他の牧羊犬にはない特別な装備があるからです。

羊や馬の群れの世話だけではなく、群れからはぐれた羊やポニーの捜索や、敷地に入ってきた羊泥棒や侵入者を発見し、飼い主に知らせたりする警備の仕事もおこない、幅広い仕事内容をオールマイティーにカバーしてきた有能さでアイスランドで愛され続けてきました。

見た目は華やかさ重視というよりも「機能重視派」のアイスランドシープドッグは、シンプルな犬らしい外見をしていますが、15世紀には華やかな愛玩犬とは真逆のシンプルさがうけたのか、イギリスの上流階級で人気の犬種となったこともありました。

またアイスランドシープドッグは、有名なシェイクスピアの作品中の「ヘンリー八世」という戯曲に登場しているそうで、シェイクスピア作品に抜擢されたのも実直なアイスランドシープドッグのキャラクターが注目されたからかもしれませんね。

今でもアイスランドで根強い人気を誇っており、アイスランドシープドッグの絶滅を救ってくれた人を記念した「アイスランドシープドッグ・デイ」が制定されているほどです。

またアイスランドシープドッグがモデルになっているオシャレな切手のデザインがいくつもあったり、アイスランドシープドッグが「アイスランドの文化遺産」になっていたり。

唯一のアイスランド原産の犬・アイスランドシープドッグは、アイスランドの人々から愛され、今も大切にされています。

まだ日本には輸入されていない犬種なので国内で見ることはできないですが、ヨーロッパを中心に安定した人気がある人懐っこいアイスランドシープドッグの人気の理由をさらに探ってみましょう!

アイスランドシープドッグの歴史

アイスランドシープドッグ

アイスランドシープドッグのルーツは「北極犬」やノルウェー出身の牧羊犬「ノルウェイジアン・ブーフント」などが関わっていると思われます。

アイスランドシープドッグは800年代にバイキングたちと海を渡り、彼らの故郷に連れてこられたようです。

いろんな仕事を器用にこなすアイスランドシープドッグは、寒さに強くて人懐っこく愛嬌満点なので、バイキングたちもつい連れて帰りたくなったのかもしれませんね。

アイスランドに連れてこられたアイスランドシープドッグは、雪深い時期にも家畜の警備や番犬として働けるよう、寒さに強くなるように繁殖されました。

その時生まれたアイスランドシープドッグと同じ姿を現在でも保っているそうで、1000年以上見た目を変えていない犬種としても貴重だといえるでしょう。

しかしアイスランドシープドッグにも絶滅の危機が訪れたことがありました。 1800年代後半にアイスランドにペストやジステンパーが大流行し、その原因が輸入された動物が原因だったため動物の持ち込みが禁止されました。

また多くのアイスランドシープドッグもジステンパーにかかり、この時期にアイスランドシープドッグのうち75%が亡くなったといわれています。

健康なアイスランドシープドッグが激減したため作業犬として大きな働きをしていた アイスランドシープドッグの価値は大きく上がり、手に入れるには馬1頭と羊2頭と交換しなければならないほどだったそうです。

アイスランドシープドッグの絶滅の危機を救うため、アイスランドとイギリスの愛犬家たちが頭数を増やすために尽力し、まずジステンパーの流行前にノルウェーやスウェーデン、フィンランドに輸出されていたアイスランドシープドッグを逆輸入しようという計画を立てました。

しかし動物の持ち込みが禁止されているため実現できず、一時的に「ヤッキ・ドッグ」と交配させて頭数を増やした後、純粋なアイスランドシープドッグに戻るように交配することにしました。

1969年には、アイスランドシープドッグの犬種保存のための「アイスランディック・ドッグ・ブリーダー協会(HRFI)」が設立され、アイスランドシープドッグは無事に数を増やし、絶滅の危機を乗り越えることができました。

アイスランドシープドッグを絶滅から救うため尽力したイギリス人のマーク・ワトソンの誕生日は「アイスランドシープドッグ・デイ」として、毎年7月18日はアイスランドシープドッグが救われたことが思い起こされる日となっているそうです。

アイスランドシープドッグの血統は現在でもブリーダーによってしっかり守られ、アイスランドではメジャーな犬種として、また牧羊犬として活躍しています。

2010年にはアメリカンケネルクラブ(AKC)にも認定された犬種となり、世界的に知名度が上がっていきました。

現在ジャパンケネルクラブには登録されていない犬種のため、アイスランドシープドッグに日本で会うことはできませんが、近いうちに登録されれば寒さに強い働き者として話題になるかもしれませんね。

アイスランドシープドッグの特徴

Iceland hound running

スピッツタイプのアイスランドシープドッグは、同じくスピッツタイプの日本犬と大変似た外見を持っています。

「無駄な装飾のない犬らしい犬」と表現したらいいでしょうか。

賢そうなダークカラーの瞳と三角の立ち耳、細めのマズルでキツネのような顔つきをしています。

くるりと上がった巻き尾も日本犬に似ていますよ。

中型犬サイズのアイスランドシープドッグは、体高40~48センチほど、体重は10キロ前後のコンパクトな体型です。

それでも分厚い被毛があるので、実際の体格よりもガッチリして見えるでしょう。

実際雪の中を走り回れるスタミナを維持するために適度な筋肉と皮下脂肪があり、特に冬毛の時期は特にムチムチして見えますよ。

アイスランドシープドッグが凍った雪道でも素早い走りができるのは、強度の強い爪がスパイクの役割を果たし、ツルツル滑らないように地面をしっかりとらえることができるそうです。

寒い中動き回れる疲れ知らずなアイスランドシープドッグはとても丈夫でスタミナ満点、遺伝的などもほとんどない超健康的な犬種です。

賢いのでしつけもしやすくとても飼いやすい犬種ですが、日本で飼う時に一番ネックになのは「暑さ」でしょう…。

寒さに非常に強い分、暑さにはめっぽう弱く、アイスランドでは夏でも日本ほど気温が上がることはありませんから、初めての暑さを体験することになりそうです。

「そろそろ暖かくなってきたかな?」という時期には、アイスランドシープドッグにとってはすでにかなり暑さを感じているかもしれません。

早めに湿度や暑さ対策をしっかりおこなってあげないと、わたしたちがそこまで暑いと感じない時期でも熱中症を起こすかもしれません。

日本で飼えるようになったら、暑さ対策に特に力を入れてあげてくださいね!

耐寒に特化した毛質

フサフサの分厚い被毛を持つアイスランドシープドッグですが、実はもう1タイプ被毛の種類があり、スムースコートの滑らかな短毛のアイスランドシープドッグもいるそうです。

短毛でも長毛でも寒い時期に体の熱を逃がさないように毛量はみっちりと多く、二重構造の生え方をしているので、寒い時期もアイスランドシープドッグたちは凍えたりせず、極暖な状態で仕事ができるそうですよ。

下側の被毛は保温効果を高めるために特に密集したやわらかい被毛で、上側の被毛はやや硬くて風を通しにくいので体温を逃がさず、防水性もあるので雪が降っていても下側の被毛まで濡れないような効果があります。

特に毛量が多い首周りはぐるぐるにマフラーを巻いているように被毛が厚くなっていて、体が冷えていかないよう首の太い血管を冷やさないようになっているようです。

被毛はカラーバリエーションに富んでいて、どの毛色も認められています。

赤みのあるブラウン、顔周りだけ黒いブラックマスクになることもあるグレー、ブラック、フォーン、ブラックにホワイトのまだら模様が入ったり、いろんなカラーのアイスランドシープドッグがいるそうです。

人懐っこく運動好きな中型犬

フレンドリーな性格なので子供の遊び相手や多頭飼いにも向いていて、普段から犬同士で思いっきり遊びまわっていると散歩の時間が少し減らせるかもしれませんね。

人間と一緒に何かをすることが大好きなので、遊ぶ時以外にも何かと構ってほしいタイプで、「遊んでくれるの?それともなでる?」とかわいい顔で見上げておねだりしてくるでしょう。

忙しくてもかわいさに負けて、きっとかまってあげたくなっちゃうでしょう。

しかしアイスランドシープドッグを遊んであげるには、本腰を入れて運動する必要があるので飼い主さんにかなりの体力が求められます。

広大なアイスランドで羊を世話し、迷子のポニーを探し、不審者を追い出し、とにかくは走りまわって仕事をこなしていたアイスランドシープドッグは、無尽蔵の体力を持っているのでバテることがほぼありません。

雪深い厳しい季節も問題なく働けるタフな体力を持つので、作業犬として飼育する場合は自然に運動になるので問題ないですが、家庭で飼う際は運動量をカバーするのに1日2回に分けても4時間ほどは運動させることが必須になります。

歩くだけではとても運動量が足りないので、アイスランドシープドッグを全力疾走させたり、ボールのキャッチ&リリースなどで体力を消費させてあげないといけません。

穴掘りも好きで熱中しておこないますし、高いところに上るのも得意で、起伏のある山道のハイキングなども楽々こなすので、変化に富む場所で運動させてあげられると良いようです。

これは雪が降る日や天候の悪い日もアイスランドシープドッグにとっては問題ないので、安全に気を付けながらも飼い主さんは頑張って付き合ってあげないといけません。

同じ牧羊犬の中でも特に体力があるタイプなので、広い場所でいつでも走れるような環境で飼育できるのが一番向いているのかもしれませんね。

アイスランドシープドッグの寿命

アイスランドシープドッグの平均寿命は12歳から15歳ほどで、中型犬サイズの犬の中でも一般的でしょう。

それでもアイスランドシープドッグは丈夫な犬種で、シニア期にも病気にかかることが少ないそうで、生涯ずっと元気に過ごす傾向があるそうですよ。

なかには20歳まで生きた長寿なアイスランドシープドッグもいるとのことなので、健康的な体づくりができていれば平均寿命を軽く超えて長生きしてくれそうですね!

アイスランドシープドッグの性格

Shepherd dog is very tired of playing the ball

忠実さも持っていますが、それよりも人懐っこさが際立つアイスランドシープドッグは、家族や仲間に対してはとてもやさしく愛情深く接してくれます。

アイスランドシープドッグは特に自分の仲間と一緒にいることを好み、チームの一員として働くことに幸せを感じるので、他の犬や動物とも仲良くできる協調性と社交性があり、優しく接してくれますよ。

家族と一緒にいる時は大人しく静かに過ごすので、室内でも飼いやすいでしょう。

好奇心旺盛なので、いろんなおもしろいものを発見しては飼い主さんたちに得意げに教えてくれるでしょう。

アイスランドシープドッグが迷子の羊や馬を発見できるのは、知能の高さに加えて、たくさん数がいる家畜の群れを一頭一頭を匂いで記憶していて、個々を識別できるからだろうといわれています。

この抜群の記憶力と全体を把握する能力は、アイスランドシープドッグが牧羊犬として、番犬として群れを守るときに役立ってきました。

アイルランドは羊が迷子になりやすい複雑な地形をしているそうで、羊や馬が迷子になりやすいんだそうです。

無防備な羊や馬が迷子になると即危険が生じるので、アイスランドシープドッグがすぐに気が付き、迷子を探し出して群れに連れ戻してくれるというのは、羊飼いにとっても羊たちにとっても心強いでしょう。

これも命令がなくても状況によって自分で判断し、動くことができるという、優秀な牧羊犬としての自己判断能力のおかげです。

番犬としても働くアイスランドシープドッグは見知らぬ人には強い警戒心を示すので、激しく吠え立てて飼い主へ知らせてくれます。

快活で飼い主に対しては人懐っこく、仕事モードになれば複数の仕事をこなす器用さと、油断なく群れをガードする仕事熱心さなど、様々な魅力がぎっしり詰まっているのでアイスランドシープドッグは多くの国で愛され続けているのでしょう!

アイスランドシープドッグのかかりやすい病気

Icelandic Sheepdog Typical Home Pet Walking Around Daytime Stroll Park Happy Tongue Cute Pretty Animal

丈夫で健康的なアイスランドシープドッグには、遺伝的にかかりやすい病気がほぼなく、「犬界の健康優良児」です!

そのため珍しく気を付けたい病気がない犬種なのですが、唯一気を付けるとすれば寒さ対策に特化しているゆえに蒸れやすい被毛の管理でしょう。

ボリュームある被毛を持つアイスランドシープドッグは、どんなことを気を付けたケアをおこなったらよいかご紹介しますね!

皮膚疾患

毛量が多いアイスランドシープドッグは特に換毛期に抜け毛が大量に出ますが、抜けるはずの毛がいつまでも皮膚にくっついたままだったり、抜けた毛やフケなどが残ってしまって汚れが溜まったまま…などが原因となって、皮膚トラブルを起こしてしまうことがあります。

また外で飼育している場合はダニやノミなどにも気を付けたいですね。

皮膚病になりやすいのは、目の周りや口の周り、背中や手足の先など、割と狭い範囲にピンポイントに出ることが多いので、普段から傷や赤く腫れている箇所はないかチェックしてあげるといいでしょう。

皮膚疾患は原因が特定されにくいものが多く、悪化すればするほど完治に時間がかかるので、愛犬が頻繁に体を掻いたり、脱毛箇所があったり、手足を噛んでいるなどの様子を見せたら動物病院で診てもらいましょう。

軽い場合は薬用シャンプーや塗り薬、飲み薬などで治療できるので、通院日数も通院費もそれほどかからないので早めにしっかり治していきましょう。

皮膚トラブルを予防には、皮膚と被毛を清潔に保つことが重要です。

定期的なシャンプーと週に3回くらいのブラッシングをおこなうことで、皮膚の血行を促し、抜け毛をしっかり取り除けるので皮膚の蒸れを防ぐことができますよ。

特に換毛期のアイスランドシープドッグは驚くほど大量の抜け毛が出るので、毎日ブラッシングをおこなっても間に合わないほどですが、皮膚に毛が残らないようしっかりブラッシングしてあげましょう。

一度シャンプーをおこなって抜け毛と抜けそうな毛をごっそり取り除いてしまうと、その後のお手入れが楽になりますよ。

シャンプー後の皮膚はやわらかくデリケートなので、しっかりドライヤーで乾かして湿り気が残らないようにしてくださいね。

アイスランドシープドッグのおすすめドッグフード2選!

Shepherd dog is very tired of playing the ball

アイスランドシープドッグは食いしん坊な子が多いそうなので、食べたがっても肥満にならないようにあげ過ぎに注意してくださいね。

犬の中では珍しく魚が大好物のアイスランドシープドッグには、魚をたっぷり使っている風味の良いドッグフードを食べさせてあげると喜んでくれそうですね!

栄養バランスが良く、魚で作られているアイスランドシープドッグ好みなドッグフードを見つけたので、いくつかご紹介していきますね。

オリジンドッグフード 6フィッシュ

肉を使う代わりに6種類の魚で作ったドッグフードで、赤身から白身までさまざまな魚が使用されているので、魚好きなアイスランドシープドッグも満足してくれそうです。

食材の85%も魚を使用しているので、筋肉や骨を健康な状態に維持してくれる動物性のたんぱく質もしっかり摂取できますね。

腸内環境を整えて免疫力向上をしてくれる乳酸菌やオメガ3・オメガ6も入っているので、唯一心配な皮膚病の予防もできてしまいます。

また適度な脂質も摂取できる低カロリー過ぎないドッグフードなので、スタミナが必要なアイスランドシープドッグ向きです。

ふんだんに魚が使用されている分、ちょっとお値段がお高めですが、魚好きなアイスランドシープドッグにぜひ食べてほしい逸品です。

オリジンドッグフードってどう?原材料とみんなの評判まとめ!

数々の賞を受賞した世界が認めるオリジンドッグフード、ますますの成長を続け愛犬に、より安全で安心な食事を生産しています。今回はそんな『オリジンドッグフード』を公式サイトや販売サイトから情報を得て、解析し成分と原材料を分析、そして口コミをまとめてみました。

https://dogfood.fun/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E5%8E%9F%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%81

アカナ パシフィックピルチャード

アカナ

高品質なナチュラルフードとして人気の高いドッグフードです!

容量/価格 340g / ¥1,188(税込)
原産国 カナダ
メイン食材 鶏肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

材料のうち半分はイワシなので使用されていて、北欧でよく食べられる代表的な魚なのでアイスランドシープドッグが昔から食べてきた馴染み深い魚かもしれません。

イワシからタンパク質とDHA ・EPAをたっぷり摂取できるので、アレルギー予防効果もありますし、良質なフィッシュオイルは健康的な皮膚や被毛作りをサポートします。

タフなアイスランドシープドッグが元気に走り回るためには、いくつになっても丈夫な骨を維持しておきたいですが、配合されているグルコサミン・コンドロイチンが骨や関節のメンテナンスを行ってくれますよ。

新鮮な緑黄色野菜やハーブも入っているので抗酸化作用が高く、デトックス効果や老化防止効果があるので、アイスランドシープドッグが一層若々しく、元気に長生きしてくれそうですね。

人気のドッグフードアカナを紹介!愛犬にぴったりのフードを選ぼう!

愛犬の健康管理のためにも、慎重に選びたいドッグフード。今回は人気のドッグフードの一つである、「アカナ」を紹介したいと思います。アカナが選ばれている人気の秘密や、アカナのこだわりについても調べてみました。

https://dogfood.fun/%EF%BB%BF%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%92%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%81%E6%84%9B%E7%8A%AC%E3%81%AB%E3%81%B4%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E9%81%B8%E3%81%BC%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

Sheep, herding in Iceland

超元気印なアイスランドシープドッグは寒い地方で逞しく働き、いつの時代もアイスランド国民に愛されているワーキングドッグでした。

日本犬によく似ている働き者のアイスランドシープドッグには、なんだか親近感がわきますね。

愛され過ぎて記念日ができたり、オシャレな切手がデザインされるほどって、国を代表する偉人レベルに大切にされていますね!

アイスランドを原産国とする唯一の犬・アイスランドシープドッグは、今も極寒の地で生き生きと走り回って自分の仕事を熱心におこなっていることでしょう。

おすすめドッグフードランキング2018【選び方と考え方のすべて】

ドッグフードを選ぶときの考え方は愛犬のライフステージや健康状態で変わっていきます。何を与えるかは飼い主さんの責任です。大事な家族と長く一緒にいるためにどういう食事をどうやって与えるかを一緒に考えていきましょう!

https://dogfood.fun/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事
人気のタグ