「ソジョーズグレインフリー」ドッグフードって?評判や口コミまとめ!

自然に育った野菜とハーブ、そして穀物を10種類以上も用いて作られたソジョーズ。いつものフードにトッピングしたりして味のバリエーションを増やしながら、飽きさせることなく、まんべんなく栄養を取ることが出来る一風変わったドッグフードとなっています。今回はソジョーズの特徴や評判についてまとめました!

健康ヘルシーフード

ソジョーズグレインフリー

今は便利な世の中になったので、人間の食べ物も種類やメニューも豊富になりました。それと同じようにドッグフードも変化してきたといえます。無添加の素材にこだわったものや、カロリーに気を配ったドッグフードなど様々です。

健康的で長生きできる犬の身体づくりのために栄養バランスのとれたドッグフードは欠かせませんが、そのなかでも特にヘルシーフードという点に重きを置いて製造され販売されているドッグフードがあります。それは「ソジョーズ(sojos)」というドッグフードです。

ソジョーズのドッグフードはどんなもの?

ソジョーズは1985年にソジョナー・ファームズという会社によってつくられたドッグフードです。米国のミネソタ州でヨーロッパのハーブ愛好会とホリスティックケアを推奨している獣医師の知識をもとに作られました。自然に育った野菜とハーブ、そして穀物を10種類以上も用いて作られたもので、ドライフードにトッピングして用いることもできます。

良い食材といわれているものでも、同じものを食べ続けると栄養は偏ってしまうことに注目した結果、沢山の食材を取ることによって栄養バランスを保つことができるという秘訣をあみだしました。沢山の食材を用いて、まんべんなくとることによって一つ一つの食材のもつ栄養を存分に吸収して犬の身体によい効果を発揮します。通常食べているドッグフードにソジョーズを加えることによって味のバリエーションを広げるだけでなく、沢山の栄養を摂ることができるのです。

手間をあまりかけさせないという点もこのソジョーズのこだわりかもしれません。水で戻すだけといういたって簡単な作業によって、この栄養素を得ることができるのです。

沢山の食材を買う必要もなく、手作りの食事を作るほど食材を切ったり、焼いたり、煮たりするという手間もそんなにかかりません。そして高額な費用も掛かりません。ソジョーズは食材を非加熱して乾燥させているだけのものです。ですから水で戻すだけで、食材の栄養素と消化酵素を充分に摂取することのできる商品となっています。

人間も食べることのできるヒューマングレードとなっていて、添加物や着色料、保存料が使われていない安心できるドッグフードとなっています。今無添加のドッグフードが沢山売られている理由として、ほとんどの飼い主さんたちが犬に害を与えるような添加物をドッグフードを通して与えたくないとしているので、余計なものが含まれていないこのドッグフードは安心できる食事となります。

水でふやかしたソジョーズにそれまで使っていたドライフードだったり、ウェットフードを加えて与えることにより、より一層栄養を得ることもできるでしょう。それだけでなく、冷蔵庫や冷凍庫にある新鮮な食材を混ぜることによって日ごろとは違った食事を犬が楽しむことができます。

好きな食材や食べ物だけを与えていると飽きたり、バランスが悪くなってしまいますが、このソジョーズを加えることで、安定した栄養素を定期的に摂取することができるのです。飼い主さんが忙しく生活している中でも、犬の食事に気を使って与えることが可能となる商品でしょう。 ###ソジョーズの使い方 ソジョーズは上記に書いたように水に戻すだけで犬に与えることができます。他の食材を加える際にも同じくまず水で戻す必要があります。ソジョーズを容器に入れて水を加え、一晩ほどおく必要があります。すぐに食べれる状態にはなりませんので、何食分かまとめて水でふやかすと時間も短縮になります。

使わない分は冷凍しておくこともできるようです。冷凍庫では3日間保存することができますので、その日付も計算してまとめてふやかすことがでます。一晩たってふやかしたソジョーズにドライフードを混ぜることでダイエット中の犬や便秘がちの犬にも良いとされています。ドライフードを一緒に混ぜるとある程度ドライフードもふやけるので、あげていたドッグフードだけでは治ることが難しかった便秘症も解消されたとコメントしている飼い主さんもいます。

いつもあげている手作りご飯に足りない栄養素を加える感覚でふやかしたソジョーズを加えることもできます。給与量が決まっているので、それを守ることによって栄養素の計算もする必要がありません。

4.5kgまでの成犬にふやかす前のソジョーズ25gを120mlの水でふやかし、魚や肉を大さじ2混ぜてあげることができます。これは一食分です。幼犬の場合は4.5kgまでの幼犬にソジョーズ50gを180mlの水でふやかし、魚や肉を25g混ぜて与えることができます。

5kgから9kg、9.5kgから18.1kg、18.6kgから27.2kg、27.7kgから36.3kg、36.7kg45.4kgと体重によって、また幼犬か成犬かによって給与量が決まっていますので、よく分量を読んで決まった量を与えることができます。個体差によっても変わってくることがあると思います。犬の体調、体質等も考慮に入れて与えることもできます。

加える魚や肉は新鮮な生の方がより一層良いとされているので、できれば新鮮な生をあたえるようにしましょう。混ぜる際には前もって混ぜるのではなく、食べる直前に混ぜることができます。食材を混ぜて保存することもないようにしましょう。混ぜた食材が傷んでしまうからです。

食事を変更する際にはいきなり犬の食事をソジョーズに変えるのではなく、徐々に変えることによって犬も慣れていくことができます。胃腸が弱い犬にとって食事を変えることは負担が大きいといえますので、ティースプーン一杯ぐらいから始めることができます。慣れるまでは注意が必要かもしれません。2週間から6週間ほどかかるようですので、気長に待ちましょう。

ソジョーズの原料と成分

ソジョーズの中にはソジョーズオリジナルとソジョーズグルテンフリーの2種類あります。そのほかにも混ぜるタイプではなくおやつとして、ドッグトリーツチキンポットパイ、ピーナッツバター&ジェリー、アップルダンプリング、ブルーベリーパイの4種類あります。

では、ソジョーズグルテンフリーの原材料と成分を見てみましょう。

素材:さつまいも、にんじん、ブロッコリー、セロリ、りんご、全卵、クランベリー、第三リン酸カルシウム、粉末亜麻仁、パセリの葉、粉末キャロブ、乾燥ケルプ、アルファルファ、しょうが根、にんにく、ひまわり油、ビタミンD3 成分値:粗タンパク質 10.0%以上、粗脂肪 4.7%以上、粗繊維 6.9%以下、水分 10%以下カロリー:292.5kcal/100g

一番多く含まれている「サツマイモ」は食物繊維が豊富に含まれていていますし、ビタミンCも豊富に摂取することができます。「ニンジン」には野菜の中でも一番ビタミンAのβカロチンが豊富に含まれています。

「ブロッコリー」にはビタミンAだけでなく、ビタミンB1、B2、そしてビタミンCと沢山のビタミンを含んでいます。「セロリ」と「パセリの葉」はビタミンB1とビタミンCのビタミン類に加え、鉄分と食物繊維、カリウムもとることができます。「リンゴ」はリンゴ酸とクエン酸を多く含んでいるので、疲れを取ることができますし、カリウムも多く含まれています。

「全卵」からは素材で唯一とることのできるタンパク質を取ることができます。「粉末亜麻仁」はビタミンA、Eだけでなく、オメガ3脂肪酸を摂取することができます。「第三リン酸カルシウム」からは犬の身体に必要なカルシウムを取ることができ、骨を丈夫に保つことができます。

イナゴ豆の別名とも言われる「粉末キャロプ」には、鉄分とビタミン、カリウムを多く含んでいます。「粉末ケルプ」は褐藻類のことですが、そこからは海のミネラルとフコイダンを摂取することができます。

「アルファルファ」にはビタミン類とミネラルが含まれています。「ショウガの根」は微量にビタミン類が含まれています。「ニンニク」にはビタミンB1とリン、カリウムが含まれています。このように見てみると、多くのビタミンを摂取できることが分かります。

ビタミンは犬の身体の生理機能を整えることができる栄養素となっています。ビタミンが不足してしまうと食欲がなくなってしまったり、筋肉量が低下してしまったり、被毛も劣化してしまいます。このようにバランスの取れたビタミンを取ることによって、きれいな被毛を保ったり、皮膚を健康に保つこともできるのです。

またソジョーズからカルシウムやリン、カリウムなどのミネラル類もしっかりとることができます。これらは筋肉や神経、細胞などの身体の組織に大きく影響する栄養素となっていますので、しっかりとる必要があります。

バランスの取れた栄養素に加えて、脂肪もとることができます。脂肪は摂りすぎると肥満になってしまいますが、4.7%以上となっていて混ぜる食材を考えても適度な脂肪を取ることができるでしょう。

グルテンフリーと書かれている通り、穀物類は全く含まれていません。アレルギーを持っている犬にとって安心できるドッグフードともなっています。

気になる食材や成分

食材も考えられており、沢山の栄養素が含まれていることが分かりました。グルテンフリーはアレルギーのことも考えられているので、穀物類も含まれておらず気になる食材は含まれていないように感じます。

合えていうなら「ニンニク」という刺激物かもしれません。犬にとって刺激物は良くないとされています。胃腸に負担がかかってしまうので、弱い犬などは特に心配でしょう。犬にとって必要とされる栄養素もとることができますが、どれほどこのソジョーズの中にニンニクが含まれているか書かれていませんので、その点は気になるといえるでしょう。

このソジョーズの素材自体に気になる食材があるというよりは、プラスしていく食材などに注意が必要といえるかもしれません。ソジョーズのグルテンフリーをふやかして、それに好みの食材を混ぜて愛犬にあげることができます。

このソジョーズの自体には、タンパク質が10%以上と少ないといえます。AAFCO米国飼料検査官協会が出している栄養基準は成犬でたんぱく質を最小必要量18%としています。子犬は最小必要量22%としています。最低必要量までには足りてないといえますので、ソジョーズをふやかしたものに新鮮な肉や魚などをくわえてタンパク質の必要量に達すること必要です。

ソジョーズは全年齢対象となっていますので、飼い主側で調整する必要があるということです。十分にたんぱく質が足りてない場合、少しの期間はいいかもしれませんが、成長不良になったり、体重が減ったり、脱毛症が見られてきます。健康に成長していくためにはたんぱく質がどうしても必要なのです。

脂質についても、ソジョーズ自体は4.7%以上となっていますが、ふやかした後に肉や魚を追加すると脂質は変わってきます。AAFCOの脂質の栄養基準は5%としていますが、気を付けていないと多く摂取してしまい、肥満になってしまうので気を付けましょう。肥満だけでなく、高脂血症という病気にもなる可能性もありますので十分ご注意ください。

ソジョーズはなんといっても、追加する材料によって、よくも悪くもなってしまうと思います。何が必要か、何を取り過ぎると犬にとって良くないのか飼い主がよく理解しておく必要があるでしょう。

ソジョーズの価格

ソジョーズの価格はどれほどでしょうか。ソジョーズオリジナルの150gで600円となっています。量が多くなって1.13kgで2400円、1.13kgの4袋入りは8160円です。

ソジョーズグルテンフリーの110gは1036円となっています。ほかにも、907gは4665円、907gの4袋入りは15863円となっています。大量に買うと安くなるのは嬉しいです。

お試しセットというものもあり、オリジナル150gとグルテンフリー110gのセットで1028円となっています。まだ試したことのない方はこちらは利用してみることができるでしょう。おやつシリーズはアップルダンプリング、チキンポットパイ、ブルーベリーパイ、ピーナッツバター&ジェリーのすべて100gで780円となっています。

ネット販売されているお店で送料込みや定期便にすると安くなったり、キャンペーンで安くなったりするので、金額を比較してみることをおすすめします。

ソジョーズ利用者の口コミと評価

ソジョーズ利用者の評価はほとんど高評価となっていました。「我が家が常備している商品です。そのままでもいいのですが、我が家ではレンジで軽くチンしてあげています。そうすると、とてもいい香りがして我が家のコーギー嬢の食欲に火がついて、おいしそうに食べてくれます。」という口コミや「手作りごはんの素材として使ってます。しっかりふやかせば消化も問題なさそうです。お肉もオイルも飼い主が選べるのがいいですね。これからの季節お肌の管理が大事なので、上手に使っていきたいです!」という口コミがあります。

外出する際にも便利とあって「何度もリピートしています。水で戻すだけなので本当に簡単。我が家では、忙しい時の朝ごはんや旅先での食事に活用しています。外出先で使う時には、フードプロセッサーを使って家で細かくしてから持って行ってます。そうすると消化も良くなるようですよ。」とあって、一手間加えて持って行くことで外出先でも犬の体調が変わらないと安心できます。

「こちらを切らしてしまい、市販のドライフードで間に合わせていたところ、以前から気配のあったアトピーが再発。しかもかなりひどくなってしまい、掻き傷や脱毛など大変なことになってしまいました。食事の大切さ、自然の食材のパワーを実感したできごとでした。水で戻してお肉かお魚、何もなければ卵を混ぜるだけでいいのだから、がんばって続けてあげなくちゃ、と反省してます。愛犬は出されたものを素直に食べてくれるいい子なので、飼い主が気を遣ってあげるべきですね。」とアトピーを予防するのに役立っているようです。

アレルギーを持っている犬にも、「愛犬は穀物にアレルギーがありますので、食事には気を遣っていました。ソジョーズ・グレインフリーは初めからよく食べてくれ、皮膚や便などにトラブルも出ません。冷蔵庫の中にある肉や魚を使って簡単に調理できて本当に便利です。」とありアレルギーの影響もなく、身体の皮膚や毛並みにも良い影響を与えていることが分かります。

「戻すだけで、簡単にたくさんの野菜から栄養が摂れるすぐれもの。これだけでもハーブのイイ香りがしますが、鶏がらスープに入れると本当においしそうです。ソジョーズをきっかけに、メニューの幅が広がり食事作りも楽しくなりました。」と調理することも楽しくなったとコメントがありました。

アメリカの商品なので、アメリカでも有名で英語でのコメントも多くありました。是非そちらもご覧になって下さい。

まとめ

このソジョーズを使ってちょっと手間をかけることで、愛犬のために良いものをあたえているという飼い主の愛情も犬に伝わるかもしれません。

栄養についてよく考えられている商品で、他のドッグフードより作る楽しみもあるドッグフードとなっています。色々なバリエーションを付けることができるこのソジョーズを利用してみるのはいかがでしょうか。

あなたにオススメ

モグワンドッグフードってどうなの?実際のところ評判やら口コミを見てみよう!
1 Comments

うちのワンコはモグワンで少し太りました。ちょっと食わせすぎたかもしれませんww

オリジンアダルトってどうなの?ドッグフードの評判と口コミを斬る!
1 Comments

オリジン以外に色々試していました。みる限り原材料はプレミアムドッグフードに値する内容です。健康なうんちも出ています。 小型犬はすこし粒が大きいので、食べさせ方に工夫が必要ですよ。

犬に与えていいもの・食べさせていいもの大辞典!
2 Comments

気にしないでワンコに色々食べさせている飼い主はよくないと思います。